13歳の少年がつくった「ファミコンゲームキャビネット」の完成度が高過ぎて任天堂もビックリ!? って話


 去年、海外掲示板RedditGamingでも話題になっていたこちらの写真。

 

 目の覚めるようなダサい半ズボンだなあ……

 って、そっちじゃなくて、NES(海外ファミコン)ゲームキャビネットのほうである。この写真の元ネタは、willyliliana.comというサイトであり、そこに詳しい話が載っていたのだ。

 適当に要約してみよう。


 悲しいことに、僕は今より13才のときのほうが有能だったんだ。7年生から8年生になるときに、こいつを作った。設計図は、いまだに屋根裏部屋に残ってるんじゃないかな。
 正直、最初はアーケードゲームにハマってたんだけど、ベッドに寝っ転がってゲーム雑誌を見てたら、“NESアドバンテージ”っていうジョイスティックが載っててさ、居ても立っても居られなくなっちゃったんだよ。これがあれば、家でもアーケードゲームができるじゃんって。

 学校で木工の授業を習ってたのもあって、けっこう気合入れて設計したよ。全面パネルには、本体やNES MAX(パッド型コントローラ)がちょうど収まるようにしたり、ペイントにも凝ったんだ。細かいパーツも1つ1つ電ノコで切ったよ。まるでジグソーパズルだったね。

 NINTENDOのロゴはパパが描いて、キャラクターはママが描いたんだ。グランマはコントローラの間のクッションを作ってくれたよ。


gamenijijagibit01.jpg
 ※サムネイル画像:http://www.willyliliana.com/

 サイドには、プレイ中すぐに地図やパスワードを書けるようにメモ入れをつくったり、雑誌や説明書を入れるところもつくったよ。至れり尽くせりってやつさ。

 最後に僕は任天堂に手紙を送ったんだ。そしたら『ニンテンドー・パワー・マガジン』1989年7月8月号に載ったんだぜ。だいぶ内容はハショられてたけどさ、ともかく、ワイオミング州の子供にとっては大きな成果さ。

 コレクションは大学のとき、教科書を買うために売っちまったけど、任天堂は僕にとって、いつまでもクールな存在だぜ!


 という感じでしょうか。こんなものがあったら、ファミコンライフが何倍も楽しいでしょうね。そりゃあ、任天堂も雑誌に取り上げちゃいますよ。

 サイトでは、他の写真などを見ることができます。前時代的なホームページも合わせてご堪能ください。



アーケードゲーム筐体型 FC互換機アーケードゲーム筐体型 FC互換機

HAC
売り上げランキング : 46010

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR