「SEGAは第2のATARIか」元CEOが20年前の過ちを嘆きつつ任天堂を語る


 米SEGAの元最高経営責任者(CEO)、Tom Kalinske氏がSEGAの歩んできた20年を振り返り、意思決定が間違っていたことを嘆きつつ、任天堂のスマホ事業について思慮した。

 Is Sega the next Atari? (gamesindustry.biz)
segaatari0123.jpg

 Tom Kalinske氏は1990年代初頭、任天堂のSNES(スーパーファミコン)にSEGAのGENESIS(メガドライブ)が肩を並べ、熾烈な争いをしていたころ、その栄光の日々に会社の監督をしていたが、1996年、Tom Kalinske氏が退社してからのSEGAは、セガサターンで健闘したものの、ドリームキャストでハードウェアメーカーとしての終止符を打った。

 先日、米SEGAが、(大幅な人員削減を伴う)本拠地であったサンフランシスコからの移転を発表したのを受け、Tom Kalinske氏はインタビューで「それは20年前に戻って、正しい判断ができていれば避けられた」と語った。

 1990年代、Sonyと協力して1つのプラットフォームをつくろうとする機会があった。もしそれが実現していたら、SonySegaと呼ばれていたのか、SegaSonyと呼ばれていたかわからないが、我々はそれを拒否した。当時、SegaはSonyより優良なソフトウェアを抱えていると自負していたのだ。しかしそれはビジネスの歴史において、もっとも愚かな決定であった。
 ただしブランドとしてのSEGAにはまだ希望を持っている。第2のATARIにならないことを願う。と彼は語った。

 
 その上で彼は任天堂について「ハードウェアメーカーから撤退する必要を感じない」とし、私は任天堂にこれまでスマホ部門がなかったことに驚いています。私のような世代の人間でもiPadで任天堂のゲームをいくつかプレイしてみたいと思う。しかしブランド維持の観点でいえば任天堂がハードウェアメーカーをあきらめるべきとは思わない。現に彼ら自身があきらめていないからだと語っています。



セガアーケードクラシックス Vol.1: セガゲーに魅せられた米国人ゲーマーによる渾身の一冊セガアーケードクラシックス Vol.1: セガゲーに魅せられた米国人ゲーマーによる渾身の一冊
カート カラタ ジョナサン “ペルソナ" キム

ろーからいず屋さん 2014-09-06
売り上げランキング : 80424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2015/02/25 21:21 ] SEGA系 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR