たった一人のファミコン少年タイトルGIF

3月14日は「マリオブラザーズ」がゲームに初登場した日 兄弟が下積み時代にやっていた意外なアルバイトとは?


 赤いマリオと緑のルイージ。2人合わせてマリオブラザーズ。

marioborsgamewatch01.jpg

 マリオが初登場したゲームは、1981年7月9日にリリースされたアーケード版『ドンキーコング』だというのは有名ですが、では“マリオブラザーズ”がゲームに初登場したのはいつなのかご存知でしょうか。

 あまり知られてませんが、それは32年前の今日、3月14日なんですね。作品は当然『マリオブラザーズ』です。でもアーケード版ではありません。

 じつはゲーム&ウオッチが一番最初だったのです。

marioborsgamewatch04.jpg
 サムネイル画像:youtube


 しかも内容はアーケード版やファミコン版と大きく異なります。なんと兄弟はビン詰工場で働いてるんですよ。兄弟は力を合わせ、荷物をうまくベルトコンベアに流し、トラックに乗せて出荷するというアルバイトをしてるんです。

 今ではスーパースターのような存在の彼らにも、こういう下積み時代があったんですね。荷物を落して割ってしまうと、上司にこっぴどく叱られるという、今では考えられない姿も見せてくれます。

marioborsgamewatch05.jpg
 サムネイル画像:youtube


 そもそも人の手を介さなければうまく荷物が流れないようなベルトコンベアなんて、問題ありまくりなんじゃないかと思うのですが、そんな理屈は通用しません。兄弟は今でいうブラック企業で働いてたんですね。

 それがトラウマになったのかどうかは知りませんが、彼らはその後、職を転々とすることになります……

 


 この上司「あいつらは俺が育てた」とか言って飲みの席で自慢してそうですね(笑)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2015/03/14 00:00 ] ファミコントリビア | コメント(0)
 ブログパーツ
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR