たった一人のファミコン少年タイトルGIF

ゲーム史の教科書「それは『ポン』から始まった」が増刷開始


 アーケードゲーム業界誌「ゲームマシン」編集長として30年以上のキャリアがある著者が、これまで取材してきた内容をまとめた本格的なアーケードTVゲームの歴史書。そのボリュームたるや実に530ページに及び、まさに教科書と呼ぶにふさわしい充実した内容となっています。

 長らく絶版状態となっていたわけですが、2015年3月に3刷発行という運びになったようだ。

それは「ポン」から始まった-アーケードTVゲームの成り立ち

 販売価格は3,780円(定価3,500円+税)と少々お高い。
 
 しかしこの先、アーケードTVゲームの歴史をまとめた本が出たところで、たぶん、ほとんどが本書の引用になってしまうんではないか(収録してる時代は)と思うほど、業界内では決定的な位置づけにある資料だと思います。

 その証拠が、今回の増刷なのではないでしょうか。


 「それは『ポン』から始まった」公式サイト
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2015/03/17 13:40 ] ゲーム業界 | コメント(0)
 ブログパーツ
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR