たった一人のファミコン少年タイトルGIF

高橋名人が語る“ゲームの本質”に思うこと


takahasimeijin4.jpg

 週刊ポスト2015年4月3日号に高橋名人のインタビューが掲載中。


takhaisimeiin0213.jpg

 SOUCE;NEWSポストセブン


 以下、僕が気になった部分を引用。

 私はファミコンの最後にも関わっているんです。1994年に出した『高橋名人の冒険島IV』が、ファミコンの最後のソフトでした。今はハードも進化して、グラフィックや音楽は本当にすごくなっている。でもファミコン時代の子供たちがつまらないゲームでも必死に面白い遊び方を見つけていたように、ゲームの本質は「遊び方」という部分にあって、それはいつの時代も変わらないんだと思います。



 いわゆるクソゲー愛ってやつですね……

 ここからは僕の意見ですが、つまらないゲームっていうは、たぶん“今考えたら”つまらないゲームのことなんだと思います。当時僕も小学生でした。テレビゲームというものに初めて出会い、すべてが新鮮でした。でも当時、必死になってやっていたゲームを大人になった今やってみると、そうでもなかったってことあるでしょう。きっと当時は本当に面白くて、やっていたんじゃないかなあなんて思います。
 
 一方で、当時でもつまらないゲームはつまらなかった。子供って大人が思っているよりもずっとシビアですよね。うちの子なんか、嫁が一生懸命つくった料理を平気で「まずい」って言って残すし。僕がそんなことしたら思いっきり殴られますよ(笑)


 そう考えると、ゲームの本質は「遊び方」というのは、まさにおっしゃる通りで、たとえば『スーパーマリオブラザーズ』の中で、いかに自分を表現するか、どのルートを通り、どのタイミングでジャンプし、どこでコインを取るのか、すべてが自己表現なんですね。
 『火の鳥』だってそう。どこで鬼瓦を出し、どういう風にボスを倒すか。このゲームのボスって、近づいて適当に連打してれば、たいてい勝てるんですが、あえてそうしないっていうこだわり。

 そういうところにみんな、プライドを持ってやっていたんじゃないでしょうか……



週刊ポスト 2015年 4/3 号 [雑誌]週刊ポスト 2015年 4/3 号 [雑誌]

小学館 2015-03-23
売り上げランキング :

特集16ページカラー
「ファミコンの時代」
高橋名人・堀井雄二インタビュー他

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2015/03/27 02:00 ] 高橋名人 | コメント(4)
 ブログパーツ
一昔前ネット上で出しゃばってた懐古厨と呼ばれる人達も、高橋名人やら遠藤雅伸等の
古参のゲーム業界の著名人に自分たちの視野の狭く無知な思い込みをばっさり否定されて
近年は目が覚めたようで何より。
「昔のゲームは斬新なものばかりでハズレがなかった」「昔のRPGは見てる人も常に楽しかった」
などと本気で言ってる連中がいてファミコン直球世代ながら首をかしげたものだ。
2857. [ 2015/03/28 06:09 ] [ 編集 ]
遠藤雅伸さんは自分の子供に遠藤さんが関わったファミコンソフトやらせたらつまんないと言って
その子供の反応見た遠藤さんは今の子供にはファミコンのようなゲームはもう通用しないと思ったそうですね。
2863. [ 2015/03/29 01:20 ] [ 編集 ]
↑遠藤さんが関わったゲームやらせたのが間違いだなそれはw
2865. [ 2015/03/29 10:42 ] [ 編集 ]
初期の面白いゲーム=鬼太郎妖怪大魔境。

同つまらないゲーム=オバQワンワンパニック。

アニメとかはQ太郎のが好きなんだけどなぁ・・・・。
2870. [ 2015/03/30 08:38 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR