たった一人のファミコン少年タイトルGIF

『超兄貴』のサントラCDは現在も流通販売されていることが判明


 『超兄貴』(メサイヤ/1992)はPCエンジンSUPER CD-ROM²用シューティングゲームソフト。独特の濃いキャラクタやBGMで知られ、根強い人気がある作品だ。

 そんな『超兄貴』のサントラCDは、現在でも流通販売されているという。



 まあ、それはそれとして気になる書き込みがありました。
 


 レトロゲーマーはレトロゲームを毎日のようにやってるから懐かしくない。

 よく言われることなんですけど、やっぱ懐かしいものは懐かしいです。とくに雑誌とか、テレビCMとか、1枚フィルターを通して見ると、毎日見てるものでも、なぜか懐かしいんですね。たぶん、空気感とか、時代性とか、そういうものが伝わってくるからなんでしょうけども、懐かしいって感覚は僕たちが思っている以上に、複雑なものなのかもしれません。

 関連リンク:“懐かしい”とは何か? 全ての懐古主義者へ贈るたった1つの答え



愛・超兄貴 【PCエンジン】愛・超兄貴 【PCエンジン】

メサイヤ 1995-02-24
売り上げランキング : 20671

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


超兄貴 【PCエンジン】超兄貴 【PCエンジン】

メサイヤ 1993-02-19
売り上げランキング : 25405

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2015/04/05 11:23 ] レトロゲーム | コメント(6)
 ブログパーツ
CDは再販制度があるからかな。ゲームはないけど。

東京中古ショップでレアなゲームが買いあさられると嘆くより、売れるならカートリッジとして、再生産、再販売を働きかけた方がいいかもしれない。ハナクソチップでもカセットが再生産されたらそれはそれで嬉しいんだけどな
2888. [ 2015/04/05 11:50 ] [ 編集 ]
ゲームは配信があるから再販は無いよ
CDはカードリッジと違って現役だからね
2893. [ 2015/04/05 18:55 ] [ 編集 ]
音楽も配信ありますよ、配信音楽は再販制度ではないはず
カセットも互換機あるので、一応現役ですよ
2894. [ 2015/04/05 19:09 ] [ 編集 ]
互換機で遊べるから現役っていうのはただのファン心理であって
メーカーとは何にも関係無いからなあ
2895. [ 2015/04/05 21:06 ] [ 編集 ]
ハードメーカーからちゃんと版権を受けた新作ソフトが出る内は現役と言える
新作ソフトが出なければ現役では無い
PS2くらいまではもう現役では無い

2897. [ 2015/04/06 11:08 ] [ 編集 ]
わたし、N64世代ですので見慣れないファミコンソフトが並ぶ光景を見かけると「あたらしい」に近い感情を持っていました(今は慣れましたが)。特に色!店に並ぶカラフルカセットが新鮮でした。
ただキャラの絵には時代感じました・・・(サッカーやアーバンチャンピオンのキャラなど)。
逆に初期任天堂の「√」系や「MOTHER」等、シンプル系は古く感じません(フリップルなんかは最近のものにすら見えます・・・)。

しかしいざテレビから流れる8bitな絵と音を見聞かせられたら趣味でレトロゲームやってても、世代でなくとも、「懐かしい」と言いたくなります。ただ、現在進行形でファミコンやっている人間として口にはしません。(言ったら負けだ)という考えが脳裏によぎる・・・。
2898. [ 2015/04/08 18:45 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR