ワンダースワンカラー(難あり)が25万円で売れる事案が発生


 ワンダースワンはバンダイが1999年に発売した携帯ゲーム機。任天堂を退社していた横井軍平さんがアドバイザーとして制作に協力したことで知られている。モノクロ画面で定価4800円、単三電池1本で30時間も遊べたが、時代の波には抗えず翌年にはワンダースワンカラーを発売。しかしこれも画面が暗いなど評判が悪く、2002年には液晶画面の質を上げたスワンクリスタルを発売した。

 当時、任天堂と確執があったとされるスクウェアの参入により、一定の売り上げを記録したが、ゲームボーイの牙城を崩すことはできず、2003年に事実上、撤退した。

 ワンダースワン本体はハードオフのジャンクコーナーで数百円で売ってるのをよく見かけた。カラーやクリスタルもせいぜい数千円といった状況である。


 しかし、今回のオークションに出品されたのは、本体は本体でも、おもちゃ屋さんやゲーム屋さんの店頭に置かれていたという、試遊台から取り出したものだったのだ!

 こちら↓

超レア メーカー試供台 テレビに接続できる本体 一部難あり

wandasuwan01.jpg
 サムネイル画像:ヤフオク!

 説明文によると「コントローラがおかしい」とのことです。だから「難あり」なんですね。それでも、この落札値にはびっくりです!




携帯型ゲーム機コンプリートガイド―あの日子供だった、すべてのゲームボーイ(少年)たちへ。携帯型ゲーム機コンプリートガイド―あの日子供だった、すべてのゲームボーイ(少年)たちへ。
レトロゲーム愛好会

主婦の友社 2013-07-20
売り上げランキング : 42390

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
マジレスすると。テレビ接続できるから
2958. [ 2015/05/20 10:27 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR