捨てられていた初代アップルコンピュータに2500万円の値がつく


Woman tosses $200,000 Apple 1 computer into recycling (cnet)
appuru1.jpg

 こちらの記事によると、アメリカはシリコンバレーにあるリサイクル施設が、とある女性を血眼になって探しているとのこと。その理由はどうしてもその女性に10万ドルを渡したいからだという。

 リサイクル施設の従業員が、廃品の中から初代アップルコンピュータを発見し、個人コレクターに20万ドル(日本円にして約2500万円)で売却した。それは1か月ほど前に、とある女性が「亡くなった夫のガレージを掃除した」と言って持ってきた廃棄品の中の1つだったことが判明。そこで、会社の方針で彼女に10万ドルを渡すことが決定したのだ。

 ただし、彼女は連絡先を残していなかった……




 初代アップルコンピュータ「Apple 1」は1976年、スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏がつくったデスクトップパソコンで、製造台数は200台。そのうち現存するものは数十台ほどで、まともに動くものはほとんどないと思われます。

 2年前に同じものがオークションに出たときは、およそ38万ドル(4700万円)の値がついたそうです。



できる Apple Watch スタート→活用 完全ガイドできる Apple Watch スタート→活用 完全ガイド
法林 岳之 石川 温 白根 雅彦 できるシリーズ編集部

インプレス 2015-05-22
売り上げランキング : 3896

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR