バンダイ社内に伝わる任天堂・山内元社長との知られざるエピソード「0円小切手事件」とは?


 ファミコン30周年だった2013年9月20日(金) 朝日新聞に掲載されていた、任天堂とバンダイに関するエピソードがツイッターで話題となっています。



 任天堂が知らずにバンダイの権利を侵害したときの事 任天堂の山内が「こっちが悪い」と金額なしの小切手渡すと、バンダイは0円と書いてそれを返した。 



 記事によると、このエピソードは「商売とは人と人との信頼関係で成り立っている」という教訓として、バンダイ社内に伝わっている話だということです。



任天堂商法の秘密―いかにして任天堂商法の秘密―いかにして"子ども心"を掴んだか (ノン・ブック)
高橋 健二

祥伝社 1986-05
売り上げランキング : 879616

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
[ 2015/06/09 06:46 ] 任天堂 | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
少なくとも一つ前の記事の某会社では絶対に有り得ない紳士的な対応ですね。
2982. [ 2015/06/09 06:56 ] [ 編集 ]
これが美談になっていることがわからない。
本当に山内が謝罪する気があったなら、金を用意するはず。
これ威圧だろうどう考えても。
立場が上の人間がやるとこれ以上無い脅しになる典型例。
2990. [ 2015/06/11 01:23 ] [ 編集 ]
その金を用意する為に小切手渡してんだろアホか
3268. [ 2015/12/08 19:44 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR