【訃報】任天堂岩田社長が死去 


 突然の訃報が舞い込んできた。

huhuouintieiwa01.jpg

 今朝、任天堂のホームページに「代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報)」というニュースリリースが更新された。内容は、11日に岩田聡社長(55)が胆管腫瘍のため死去したというものだった。


 岩田聡さんはもともとHAL研究所のプログラマー。任天堂の『バルーンファイト』を担当するなどその才能を発揮。その出来の良さは、のちに『スーパーマリオブラザーズ』の水中ステージの手本となった。その後も両社の協力関係はつづいたが、バブル期にHAL研が不動産投資に失敗して倒産。そのとき助けたのは任天堂だった。

 そして、当時の山内社長の指示で、岩田さんがHAL研の社長に就任。見事スマブラシリーズ、カービィシリーズなどをヒットさせる。開発が難航していた『MOTHER2』の制作にプログラマー兼プロデューサーとして参加し、2年以上かかるといわれていた現場を1年で終わらせたエピソードは有名。

 その後、その経営手腕を買われ任天堂に入社。そしてその2年後には山内社長の任命をうけ社長に就任する。入社2年目での社長就任は異例中の異例だった。


 岩田さんは、プログラマーとしても経営者としても一流の人物でした。ご冥福をお祈りいたします
関連記事
[ 2015/07/13 10:37 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR