一見なんの変哲もない出品物の中に光り輝くファミコンカセットが!?


 ヤフオクにて「ファミコン ゲームボーイ カセット」という出品物を発見。いつもなら見過ごしてしまいそうな、何のひねりもないタイトル(むしろサッパリしすぎ)のように思えるが……

 ファミコン ゲームボーイ カセット

famikasettogemami01.jpg
 サムネイル画像:ヤフオク!

 けっこうな値段がついてるではないか。

 1枚目の写真はファミコンカセット数本を持ち運べるマリオのキャリングケースである。このケース自体は当時物ではあるものの、それほど珍しいものではない。いったい何が数万円もするのだろうか……

 注目すべきはその中身だったのである。


 こちら↓
 
famikasettogemami02.jpg

 これは3枚目の写真である。左下に強烈なオーラを感じないだろうか!?

 一番左下から2番目のゴールドカセット。実はこれ正式名を『ドラゴンボールZII 激神フリーザ!! '91 JUMP VICTORY FESTIVAL MEMORIAL VERSION』(やたら長いな!)というお宝ソフトだったのだ。

 通称『ドラゴンボールZ2 ゴールドバージョン』だ。

famikasettogemami03.jpg
 ※参考画像資料より

 上の画像と見比べてみてほしい。ほら、同じでしょ?

 このソフトは長い間その存在が謎とされてきたプレミアソフトの1つで、その出自は当初、「少年ジャンプ」の懸賞品じゃないかとか、バンダイの関係者へ配られた記念品じゃないかとか、いろいろ言われて来たが、現在は1991年に開催された「Vジャンプフェスティバル」の抽選会で配布された物だという説に落ち着いている。


 で、どれくらいお宝ソフトなのかっていうと、こちら↓

 doraogkgorudo01.jpg

 下手したら100万円やないかいっ!

 これは今年4月に記録した過去最高額である。当ブログ調べによると相場は、まだその存在があまり詳しく知られてなかった2000年代くらいは5~10万円、2010年代に入り比較的知れ渡るようになってからは30~50万円、ここ最近ではさらに異常なまでの高騰を見せている。

 しかし、高額になるのにもちゃんと理由があって、過去には裸ソフトでもeBayで50万円くらい付いたこともあるが、現在では多くの偽物が横行しており、箱(金色のシール付)や説明書はもとより、さらに本物を裏付けるような品(たとえばバッヂなど)がついていることが重要な評価ポイントとなってくる。

 今回の出品物の真贋は定かではないが。もし本物だったとしたら非常に良い買い物でしたね!



ドラゴンボール全話(153話)収録 + ドラゴンボールZ(10話)収録「DVD BOX」「輸入版」ドラゴンボール全話(153話)収録 + ドラゴンボールZ(10話)収録「DVD BOX」「輸入版」

2011-04-01
売り上げランキング : 2759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS