スーパーファミコン内蔵テレビの展示品が高額で落札される!!


 ファミコン内蔵テレビ「C1」はこのブログでも何度か取り上げているので、わりと知られていると思いますが、スーパーファミコンにも内蔵テレビ「SF1」ってのがありました。世代によっては、むしろこっちのほうが知ってるというひともいるかもしれませんね。

 市場価値的にはファミコンテレビC1ほどプレミアが付いてません。でも今回出品された「SF1」は24年間、とある電気屋さんに展示されていたという奇跡の未使用品であります。当然、箱や説明書もすべてそろっています。

 結果はいかに!?

 こちら↓

supakkfioitjihin01.jpg
supakkfioitjihin02.jpg
 スーパーファミコン内蔵テレビ 展示品 美品 (ヤフオク!)

 こりゃ、すごい!

 惚れ惚れするような逸品ですな。

 もちろん未使用品、完品ってところが魅力なんですが、僕は「24年間も電気屋さんに展示されていた」という物語(ストーリー)に最大の価値があるんじゃないかと思っています。


 参考記事:レトロゲームの価値を決める3つの要素について (ファミコンのネタ!!)

 マニアはレトロゲームを愛でる際、内容もさることながら、時代を感じさせるパッケージやデザインなど見た目も重視します。しかし一番、心に来るのはやはりストーリーなんじゃないかと思います。目に見えないものだからこそ、ダイレクトに心に染みるんですね。まさに日本の宝です。大切になすってください!



スーパーファミコン ジュニア【メーカー生産終了】スーパーファミコン ジュニア【メーカー生産終了】

任天堂 1998-03-27
売り上げランキング : 4273

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事

[ 2015/11/18 00:07 ] SFC・64 | コメント(1)
 ブログパーツ
当時の勤務先(パソコンショップ)では、こいつの21インチとテラドライブ(笑)を絶対に売れるからと取り扱ってもらいましたが、一台も売れませんでした
3220. [ 2015/11/19 10:48 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR