元PCエンジン担当者が語る「PCエンジンの種類が多い理由」


 かつてNECホームエレクトロニクスでPCエンジンの企画に携わった人物のインタビュー記事が掲載中。

PCエンジンにまつわる当事者の想いを保存する(ゲーム保存協会)

PCエンジン 本体(白ボディ) 【PCエンジン】

 NEC側から見たPCエンジンの話。
 
 記事によると1985年頃からNEC内部でゲーム機を売り出そうという動きがあったそうです。おりしもその年は『スーパーマリオブラザーズ』が発売された日本中が空前のファミコンブームに沸いていた時期でした。インタビューを受ける人物はNEC内のゲーム機事業参入を検討するチームの一員だったという。
 確かに、この時点でCD-ROMを使うことが決まっていたという話は興味深いですね。ちなみにPCエンジンの発売はそれから2年後の1987年となります。

 そしてPCエンジンといえば、やたら種類が多いことも有名ですが、記事によるとその理由は以下引用。

 バリエーションを用意したのは、ただ単にグレードを松竹梅で用意しようというNECらしい発想(以下省略) 



 とのことです。詳しくはリンク先の記事をチェックだ!

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2016/03/02 16:27 ] レトロゲーム | コメント(0)
 ブログパーツ
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR