新作特集わずか2本「ファミマガ」創刊号に驚きの高値が!


 ファミリーコンピュータMagazine、通称「ファミマガ」の歴史は1985年8月創刊号から始まります。当初は『テクノポリス』の増刊号として企画されておりましたが、徳間書店が既に出していた『ファミリーコンピュータ大図鑑』シリーズがけっこう売れていたので、月刊誌として出すことにしたという。

famimagasoukangou01.jpg
 ※写真はオロチ所有のファミマガ創刊号。

 結果的にファミマガは日本初のファミコン専門誌として華々しいデビューを飾りました。しかしながら創刊号の新作特集記事は『スパルタンX』と『スターフォース』のわずか2本だったのです。(ちなみに同誌の人気コーナー「超ウルトラ技」は創刊号から存在しました)

famimagasoukangou03.jpg
 ※創刊号の目次。本当に新作記事は2本だけだね(笑)

 それでも、いざ創刊号が書店に並ぶと、それらは一瞬で売れてしまいました。時代が欲していたということでありましょう。この現象は創刊2号、3号と続いたそうです。そこからファミマガの快進撃が始まったのは皆さんもご存知の通りです。


 さて、そんなファミマガの創刊号がヤフオク!に出品され、驚くべき高値で落札されていたので紹介しよう。

 こちら↓

famimagasoukangou02.jpg


 おおー、こりゃすごい……

 そして同じ出品者が出していた1985年9月号(つまり創刊2号)もこんな感じに。

famimagasoukangou04.jpg


 2冊で3万円かあ。えらいこっちゃ……

 ファミコン雑誌には86年の壁ってのが存在するんだけど、僕がそれを説明した2013年の記事には、こんなことが書いてあったよ。

 ファミマガで例えるなら「87年」物が1冊500~1000円だとすると、「86年」物は1000円~2000円。「85年」物になると3000円と跳ね上がる。逆に88年以降だと1冊500円以下になってしまうのだ。

 ※引用:こんな雑誌あったんだ!! 「ファミコン雑誌」の歴史と相場 2013


 3年前と比べて全体の相場がちょっと上がってる気がしますね。創刊号は別扱いというのは、当たり前なんですが、それにしてもこの高値には驚きです。


 参照URL:【ファミマガ】月刊ファミコンマガジン1985年8月号【創刊号】 (ヤフオク!)
 参照URL:□【ファミマガ】月刊ファミコンマガジン 1985年9月号□ (ヤフオク!)



<参考文献>
超実録裏話 ファミマガ 創刊26年目に明かされる制作秘話集超実録裏話 ファミマガ 創刊26年目に明かされる制作秘話集
山本直人

徳間書店 2011-07-14
売り上げランキング : 88295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
関連記事
[ 2016/03/22 01:29 ] ファミコンニュース | コメント(2)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
脇役のハードほど価値があるような気がしますね
PCエンジンやセガ雑誌とかまとまってると結構高い。
バカ売れしたPS系やファミ通は全然駄目な印象
これも数十年経ったら分からないけどさ
3449. [ 2016/03/22 04:47 ] [ 編集 ]
古い雑誌にはプレミアがつくということは知っていても、今の雑誌を取っておく気になれないですよね。とくに情報過多社会と言われる現代において、紙媒体は衰退傾向にあるとはいえ、昔にくらべたら世の中に溢れかえっていることに違いありません。簡単に言えば、現在の「昔の雑誌」ほど、未来の「現在の雑誌」に価値が出ると思えないということですね!

3451. [ 2016/03/23 13:00 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS