奄美古書センター編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 今回はとびっきりローカルでレアなやつです。


◆ショップシール類◆



 レア度:★★★★ 

 色を抑えた3ヶ月保証スタイルのシンプルデザイン。エレメントが一部重なった極太の丸ゴシック体で適度に主張する店舗名。素晴らしいのひとこと。また、伏せられてしまって見えないが(自分でやったんだけど)、電話番号の下4桁だけなぜか全角文字になってしまっているところも味がある。

 なにより奄美大島にもショップシール存在した、という事実だけでもファミコン考古学史上の大発見だ。このシールからは心なしか南国の匂いさえ漂ってきそうではないか。もはや浪漫しか感じない一品である。

 ちなみに♯1110というシールはこの店舗のものかどうかは不明。




 レア度:★★★☆ 

 なんと、奄美大島のファミコンショップシールがもうひとつ存在した。その名も「MEDIA MIX」という店舗である。ただしさっきの奄美古書センターと同じ住所であることから、同じ店の別部門のようだ。詳細は後述しよう。

 どさくさにまぎれて3ヶ月保証はやめてしまった模様(笑)



 ※画像提供:天道ブイ

 レア度:★★★☆ 

 さらに、MEDIA MIXのミニバージョンが存在することが判明した。スーファミカセットの裏に貼ってあるが、純正ラベルとサイズがぜんぜん違うため、ファミコンや他のゲームと併用していたかもしれない。ご提供、ありがとうございます!


◆制覇MAP◆

 お待ちかね。制覇MAPである。

amamikosho6.jpg
 ※沖縄-奄美大島-鹿児島の距離感(Googleマップ)

 奄美大島ってなんとなく南のほうの島だったよな、というイメージしかなかったが、調べてみたら鹿児島よりも、むしろ沖縄のほうが近い海に浮かんでいた。日本では佐渡島につづき、5番目に大きな島だそうである。

 15世紀~17世紀始めまでは琉球王国の一部だったらしいが、現在の所属は鹿児島県だ。

seiha_map10.png

 ということで鹿児島県を制覇!
 祝・初九州は以外にも本島ではなく離島でした(笑)


◆基本データ◆
名称:ニュー&リサイクル 奄美古書センター MEDIA MIX
所在:鹿児島県奄美大島名瀬市(現・奄美市)
開業:1989年


◆ホームページ◆
amamikosho3.jpg
URL:http://www.synapse.ne.jp/amamian/index.html

 なんと、この「奄美古書センター」は、現在でもホームページを確認することができた。奇跡!(更新は止まっている)


◆沿革◆
 1989年(平成元年)に「奄美古書センター」としてスタート。1992年よりゲーム・CD・コミック部門「メディアミックス」と、古本・郷土誌部門「本処あまみ庵」の2店舗体制で営業。1997年夏に「メディア利再来ル・あまみ庵」として再統合。2010年9月にゲーム・CD部門から撤退。2012年8月に閉店した。


◆チラシ等◆
amamikosho7.jpg
 ※2010年3月頃のチラシ

amamikosho8.jpg
 ※同じく2010年3月頃の地元新聞

 これらの広告は2010年9月にゲーム・CD部門から撤退した際のものである。


◆みんなの情報コーナー!!◆

 奄美大島のみんな、奄美古書センターの思い出を是非、語ってくれい!

 当時の店舗が映った写真なども大募集。ご提供はこちらの窓口、あるいはツイッターで受け付けております。どうぞよろしくお願いします!!



orotima-ku1.png目次ページへ

関連記事

 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。