SEGAスマホゲームCMにて歴代ハードの自虐ネタを披露


 セガがスマホゲーム「チェンクロ」のウェブCMを公開した。
 内容は全部で8種類。それぞれ歴代ハードの自虐ネタとなっている模様。

セガの歴代ハードが『チェインクロニクル ~絆の新大陸~』を語る!? 8種の新WebCMを公開  (セガネット)

 さっそく順番に見てみましょう↓(解説部分は同サイトより引用)


 SG-1000篇 「今日日のゲームは終わりがないからイカン」

 セガ初の家庭用ゲーム専用ハード。性能は同時期の他社ハードに比べて非力だったが、想定を上回る販売台数を叩き出し、セガコンシューマーの歴史が始まった。


 セガ・マークⅢ篇 (感動で泣いてる)

 独自開発のグラフィックチップを搭載し、当時4色が主流だった同時発色を16色に引き上げた。初期の説明書にはアソビン教授というウサギのアドバイザーが登場した。


 マスターシステム篇 「ゴメンナサイ。ワカリマセン」

 海外生まれのマークⅢ改良版。FMサラウンドシステムと連射装置を標準搭載して日本で販売した。3-Dグラスも専用アダプタなしで接続可能。


 メガドライブ篇 「昔、俺にも仲間がいたんだよ」

 「スピードショック! ビジュアルショック! サウンドショック!」のキャッチコピーで登場した国内初の16ビットCPU搭載ゲーム機。様々な拡張機器とサード・パーティ参入により、セガハードで最も長い歴史を持つ。


 ゲームギア編 「エンディングまで見れるかなあ。ゴホッゴホッ」(電池切れ)

 国産初のカラー液晶を搭載したセガ初の携帯ゲーム機。TVチューナーパックを外付するとテレビも見られるが、連続稼働は単三電池6本で約3時間。後年はキッズギアという名前で販売された。


 セガサターン編 「あの頃、チェンクロがあればなあ。勝てたかもしれん……」

 国内で最も販売されたセガハード。CDドライブと2つの32ビットCPUを搭載し、ポリゴンによる3DCGゲームや高解像度の2Dゲームを実現。当時ブームとなった3D格闘ゲームやさまざまなアーケードゲームが移植された。


 ドリームキャスト篇 「最後とか終わるとか言うなあ~!」

 家庭用で初めてインターネット通信用アナログモデムを標準搭載。ウェブサイト閲覧やオンラインゲームが楽しめる家庭用ゲーム機としてポジションを確立するも、2001年1月に製造中止と、セガの家庭用ハード事業撤退が決定。


 まあ、たしかにセガハードの歴史はドリキャスで終わったかもしれんが、新作ソフト(非公式だけど)はいまだに続々と制作されているんだぜ……


 <最近の主な新作ソフト>

 『Redux Ver1.1戻ってきた:のダークマター』  2015年10月
 『GhostBlade』   2015年9月 
 『Elansar & Philia』 2015年8月
 『アリスの母親の救出』 2015年3月 
 『NEOXYX』  2014年2月
 『Redux: Dark Matters』 2014年1月 



 がんばれ、湯川専務!



ドリームキャスト本体( MILCD対応 )
Sega
売り上げランキング: 3,888
関連記事

解説文と貼ってる動画が違ってますよ・・(汗)
3750. [ 2016/09/15 19:54 ] [ 編集 ]
ピコピコ団さん、ありがとうございます。助かりました。びっくりするくらい違ってましたね(笑) 以後、気を付けます!
3751. [ 2016/09/15 20:49 ] [ 編集 ]
「この頃のゲームもおわりとかねえよな」ってスマホの前に突っ込んじゃいましたw
3756. [ 2016/09/17 11:15 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR