・「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」発売記念インタビュー 第1回「ドンキーコング篇」 他


<ニュース>
小型ファミコン、人気沸騰 品薄見越し競売で高値 (中日新聞)
 上品な見出し。当ブログの記事と大違いだ。


<インタビュー>
「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」発売記念インタビュー 第1回「ドンキーコング篇」(任天堂)
 たしかに最初の一歩がアメリカ向けだったということが、任天堂のその後のゲーム関連商品、とくにファミコンに与えた影響は大きかったかもしれませんね。
 技術的に日本語表記が難しかったということもあるかもしれませんが、あらためて考えてみると初期のファミコンソフトはタイトル(画面の表記)もテキストも全部英語でした。当時小学生だった僕たちは当然、読みとか意味とかわからなかったんだけど、そこは雰囲気で押し切ってましたね。日本製なのに漂う舶来感はあったものの、「ゲーム=英語表記」にとくに違和感はありませんでした。
 このファーストコンタクトがファミコン世代のゲーム観にどう影響したのか分析してみても面白いかも。こんな感じのインタビューをあと29本分やってくれるなら嬉しいなあ。


「namcoアーケードゲームマシンコレクション」開発者インタビュー(GameWatch)
 こだわりが伝わってきます


<コラム>
フロッピー自販機「TAKERU」が描いた夢―ファミコン取り込み、2,000億円市場へ (インターネットコム)
 ファミコンを取り込んでたらどうなっていたのだろうか。


<アイテム>
海外版ファミコン「NES」のコントローラー風手帳がクール!海外通販サイトにて登場 (インサイド)
 これは純粋な疑問なんだけど、こういう記事っていうのは、このすししという記者の趣味なのかな。海外通販サイト「ThinkGeek」で売っているということだが、リンクも貼ってないし、そもそも任天堂の公式グッツなのか、無許可品なのか、このサイトが日本へ発送に対応しているのかもわからない。そんな感じなので広告記事でもなさそうですね。
 でも、そんなぺらぺらな内容でもインサイドの記事だからYahooニュースとか巨大な媒体に流れるわけですよね。インサイドさんにはしっかりとした掲載基準とかないのかな。チェック体制が機能してないのだろうか。なんて、こんなことを思わせるくらい僕の中でインサイドさんは、カリギュラ騒動以来、印象が変わってしまった。

関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
インサイドは本当にろくでもない記事ばかりですね…。
大きなサイトなのに、これでお金貰ってるのかと思ったら悲しくなります。

個人的にこのすししさんという人の記事はいつもクソだと思ってたので、ここで同じことを思っていた方がいて嬉しかったのでコメントさせていただきました。
失礼いたしました。
3855. [ 2016/10/16 11:59 ] [ 編集 ]
そんなに言う程の酷い記事なのか?
何も事態に精通した濃いマニアだけがゲーム関係の記事を書く訳でもないだろうに
これだからオタクは…と思いつつ、どれどれと記事を見たら本当に酷くてワロタw
個人のメモかよw
なんだこのやる気無さすぎの記者?
楽な仕事でお金貰えて羨ましい
3857. [ 2016/10/17 00:17 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS