宮本茂がPSPで『マリオ』をプレイしたときのエピソードが掲載中


 マリオの生みの親・宮本茂(敬称略)についての奇妙なエピソードをジャーナリストChris Kohler(敬称略)が語ってくれました。海外ゲームサイトKOTAKUの記事によると、それは2004年の出来事――

 Chrisは著書「Power-Up: How Japanese Video Games Gave the World an Extra Life(パワーアップ:日本のビデオゲームが世界を1UPさせた方法)」のために、世界最大のコンピューターゲーム見本市「E3」を訪れていた。目的は任天堂への取材だった。


Power-Up: How Japanese Video Games Gave the World an Extra LifePower-Up: How Japanese Video Games Gave the World an Extra Life
Chris Kohler Shuhei Yoshida

Dover Publications 2016-10-21
売り上げランキング : 116706

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 さっそくChrisは会議室にて任天堂幹部Perrin Kaplan(敬称略)にインタビューをとった。

 そのとき、彼はリリースされたばかりのPSPを所持していた。しかもそれはゲームボー イのソフトが動くようにハックされていたのだった。当時、このようなエミュレータはまったく新しいものだったので、彼は座興とばかりに「最高にクレイジーなものをお見せしましょう」と言って、それを彼女に披露したという。するとPerrin は部屋を出て行ってしまった……

 しかしPerrinはすぐに戻って来て「宮本がそれを見たいと言っている」と告げた。

miyamotohakkupsp.jpg
 ※That Time Miyamoto Played Mario On My Hacked PSP (kotaku)

 Chrisはさっそく別のインタビューを終えたばかりの宮本のもとへかけつけ、彼にハックされたPSPを渡した。宮本は『スーパーマリオランド』を遊んでこう訊ねたという。

「クリス、これはあなたが作ったのですか?」
「いえいえ、わたしじゃありません……」

 そう言ってChrisは、それがハッカーたちの仕業だということ、そしてE3の前日にインターネットで入手したことを説明した。するとそこへもう一人の任天堂ハードウェアデザイナーがやってきて、ChrisはハックされたPSPのデモンストレーションを行うことになったという。

 
 その後――
 任天堂は自社ハードにエミュレータがインストールされないよう、独自の堅牢なシステムを開発するようになったそうです。 



 SOUCE:That Time Miyamoto Played Mario On My Hacked PSP (kotaku)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/06/09 09:15 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR