たった一人のファミコン少年タイトルGIF

主要ハード・ソフトから見た任天堂株価 2011-2017


 この6年間で任天堂株価が順調に上がってきている。
 いつものように主要ハードとソフトから株価の推移を見てみよう。グレーの文字は主な出来事です。

nintendokabuka11-17.png

 ニンテンドー3DSが発売されたのは2011年2月26日。リリース当初は動きがにぶく6ヵ月後に値下げを敢行した。ゲーム機の値下げはよくあることだが早くも「失敗作」などと言われたものだ。ところがどっこい、そこからは人気シリーズ「モンハン」の獲得などで順調に売れ始めたのだった。

 しかしながら株価はどんどん降下していき、とうとう2012年5月には1万円台を下回ってしまう。「Wii U」の投入で多少は回復するが、正直言って苦戦しまくりで、そこから2年くらい12000~15000円台をフラフラすることになる。

 転機が訪れたのは2015年に入ってから。このころ、表には書いてないがDNAと提携を発表。また、CMを減らすなどコストの削減などを行っている。そして大ヒットゲーム『スプラトゥーン』の登場だ。任天堂は「まだまだ新規IPつくれまっせ」と世界に知らしめたタイトルだった。ただし一気に上がると反動があるものだ。

 2015年6月の小さなピークにはちょうど世界最大のゲーム見本市「E3 2015」が開催されていた。その後、急降下しているところから、投資家らの見通しは厳しかったようだ。

 しかしながらここで「ポケモンGO」ですよ。もう1年も前なのかあ。公園や駅前でうろうろしてたひとたちは今、どこへ……


nintendokabuka11-17.png
 ※上の表と同じです。

 だが任天堂は何を思ったか「ポケモンGOではあまり儲かりまへん」と、異例の声明を発表。狂ったように上昇していた株価に、自ら水を差した。

 されどここからが任天堂さんの真骨頂。9月の「スーパーマリオラン」リリースで株価は一気に20%回復し、10月には新ハード・スイッチを発表(発売じゃないよ)、11月にはUSJに「スーパーニンテンドーワールド」をオープンさせると発表(※1)。12月にミニファミコン発売と、立て続けにトピックを連発。

 ※1 表には「USJと提携」とあるが、提携すること事態はすでに2015年に発表している


 あれよあれよと株価が上昇。満を持しての「スイッチ」の発売でもうどうにも止まらない。そして過日のミニスーファミの発表で4万円台を突破するかと思いきや、なぜか反動で暴落ですよ(笑)

 2017年7月1日現在は3万7000円台となっている。

 まあ、なんにせよ今のところ順調に予想通りですが(何ならピークの前の小さい山説も当たってる)、ここからどうなるのかは正直言ってサッパリわかりません!


orotima-ku1.pngひとまず『スプラトゥーン2』かな……
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/07/01 01:58 ] 任天堂 | コメント(0)
 ブログパーツ
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR