任天堂は「テレビゲーム」で40周年を迎えました!!


 任天堂は2017年7月をもって40周年を迎えたそうですよ。おめでとうございます!!

 え、なんのこっちゃって?
 あれですよ。今から40年前といえば、1977年7月にリリースされたヒット商品。そうそう、任天堂初のテレビゲーム機『テレビゲーム6』と『テレビゲーム15』じゃないですか。

 つまり、任天堂は2017年7月をもって……
 テレビゲーム業界進出40周年ってことになるわけだ。

 フランスの任天堂本「L'Histoire de NINTENDO」には6月って書いてあったけど、公式が7月って言ってるんだから7月だよね(笑)

L' histoire de Nintendo t.1

 この『テレビゲーム6』と『15』は当時主流だったハードソフト一体型のゲーム機でした。あわせて80万台を売り上げる異例の大ヒットを記録したエピソードは、こちらの記事で紹介させてもらっています。

kara-terebige-mu6.jpgkara-terebige-mu15.jpg
『カラーテレビゲーム』を成功させた任天堂の奇策とは!?



 ちなみに、この記事にも7月って書いてあるわ。自分でも忘れていた(笑)

 まあ、いいや。で、勢いに乗った任天堂はその後、1978年に『レーシング112』、1979年に『ブロック崩し』をリリース。

historianintendo01.jpg
 「L'Histoire de NINTENDO」より


 順調なペースでテレビゲーム機を投入していきますが、1980年に投入したゲーム機が例のアレだったのです。

 そう、あの伝説のワースト機『コンピューターTVゲーム』ですよ。このハードがまったく売れなかったため、任天堂は、しばらくテレビゲーム業界から“いったん撤退”を余儀なくされたと言うから尋常じゃないよね。

 さっきから手前味噌で申し訳ないですが、そのあたりのエピソードについてはこちらの記事をご覧下さい。

nintendo-tbge-mumisyou.jpg
伝説の任天堂ワーストゲーム機、24万円で落札される!!



 しかしそこは任天堂さん。「ゲーム&ウオッチ」の大ヒットで借金を返済どころか、たんまり儲かったので、満を持してテレビゲーム業界へ復帰ですよ。ファミリーコンピュータという怪物をひっさげてね……

 まあ、ここからは皆さん、よくご存知のとおりです。ということで、ほとんどのひとは何のこっちゃわからないと思いますが、我がブログは言わせて頂きますよ。

 40周年おめでとう!



orotima-ku1.png周年イベントとかやらないのかな(笑)



SOUCE:Nintendo Has Now Been Making Video Games For 40 Years(kotaku)
関連記事

[ 2017/07/07 00:36 ] 任天堂 | コメント(1)
 ブログパーツ
記念にテレビゲーム21とも言える ミニ スーパーファミコン が出るわけか
4661. [ 2017/07/08 01:44 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR