ドリームキャスト屈指のレアハード「FISH LIFE」と専用ソフトについて


 セガマニアの中でも知る人ぞ知るレアハードがヤフオクに登場。13万円をこえる高額で落札されていました。

 ▼
 ▼
 ▼

sega_fishlife1.jpg
sega_fishlife0.jpg
 ※★希少品 中古品 税込 特価 SEGA FISH LIFE フィッシュ・ライフ 送料無料★(ヤフオク!)

 「FISH LIFE」は2000年にリリースされたインテリア機器です。ゲームではありません。いわゆる“バーチャル水槽”ってやつ。てっきり以前、このブログで紹介したと思っていたのですが、いくら探してもそんな記事ありませんでした。夢だったのかもしれません(笑)

 まあ、いいや。
 
 これ、一見すると、ただモニターの中を魚が泳いでいるだけのような代物ですが、当時にしては美麗なグラフィック、そして流麗な動きを実現しており、なによりも、専用モニターはタッチパネルになっていて、画面を触ると様々なリアクションを楽しむことができるという画期的なインテリア機器でした。

 こちらの記事によると、他にも以下のようなバラエティに富んだ機能があったようです。

■ 指でつつくと膨れる
■ ドレミファ・フィッシュモード
■ うるるんフィッシュモード
■ お絵かきフィッシュモード



 これ以外にはマイクで話しかける機能があったことが確認できます。(出典

 どことなくSFCの幻のソフトく『サウンドファンタジー』のような、メディアアート的なものを感じます。

 ファミコンでも有名な某メーカーの社長さんじゃないですけど「熱帯魚=金持ちの趣味」みたいなイメージってありますよね。実際に、このシステムは定価49万8000円もしたそうで、主に企業や病院の待合室などに展開されていました。

シーマン

 もしかしてこれ、のちの『シーマン』じゃね?と思ったんですけど、シーマンは1999年7月29日リリースだから、「FISH LIFE」のほうがあとでした(笑)


 さて、話を「FISH LIFE」へ戻しましょう。
 1年後、セガはこのシステムを予想だにしない方向へ展開することになります。

sega_fishlife3.jpg
 ※キャプチャ画像:当時のニュースリリースより

 2001年2月――
 くらコーポレーションと共同で「FISH LIFE」を応用した寿司注文システムを開発したのです。そして、実店舗へ試験導入しています。以下、当時のニュースリリースより引用。

「触って遊べる、学べる」というコンセプトのもと、アミューズメント機能を付加し、画面内を泳ぐ魚の映像から直接オーダーが可能であり、寿司ネタとなる魚の生態が学べる機能を備えています。



 また、当時のマイナビニュースは以下のように伝えました。

「Fish Life」では、2、3種類しか出てこなかった魚が、このシステムでは17種類の魚が同時に画面上に表れるため、かなりにぎやかな画面になっているとのこと。家族で楽しみながら寿司を注文するには、ぴったりだと言えるだろう。



 いや、これね、実際どうなったか知りませんが……
 私はなんだか、「ボクさかな、きのう海、きょうはかまぼこ」と同じタイプの哀愁を感じてしまうのよね。「さっき水槽、いま寿司」みたいな。まあ、それが「いただきます」ってことなのかな(適当)

sega_fishlife2.jpg
 ※面白画像界隈では有名なフレーズ(Goole画像検索より)


 最後に、この『FISH LIFE』本体(HKS-0300)と専用ソフトって、どれだけレアなのかって話です。私オロチの独自データによると、過去に数回ほどしか取引実績がありませんでした。

 そうとうレアであることは間違いありません。

タイトル:SEGA / Fish life HKS-0300 通電確認 ジャンク扱い
落札値:2,300
開始値:500
入札数:9
落札日時:2015年12月3日(木) 22分19分

タイトル:【未開封】FISH LIFE コントロールユニット専用ソフト5本セット
落札値:61,000
開始値:20,000
入札数:2
落札日時:2015年1月25日(日) 22分03分

タイトル:【未開封】FISH LIFEコントロールユニット用ソフト「アマゾン」
落札値:15,000
開始値:3,000
入札数:6
落札日時:2015年1月25日(日) 22分28分

タイトル:□■SEGA セガ HKS-0300 通信端末? 中古ジャンク扱い■□
落札値:2,200
開始値:-
入札数:2
落札日時:2006年9月



 しかも、今までハードとソフト、そして専用モニターがそろっている完品を見たことなかったので、今回の値段は納得ですね。

 付け加えると、この専用ソフトは、ドリームキャストで読み込む事が出来るため、実はDC屈指のレアソフトとも言われています。ただ、全部で何種類あるかはわかりません。

 また、「FISH LIFE」本体にはドリームキャストが組み込まれているとのこと。実はDC互換機になるのかもしれません……

 ※ドリキャスコレクター界の第一人者・DCカタログの中の人さんのツイートより
関連記事

[ 2017/07/09 15:53 ] SEGA系 | コメント(6)
 ブログパーツ
2000年でタッチパネル搭載なんてこの値段も納得できるな
やはりセガは先を行き過ぎたんだ…
4668. [ 2017/07/09 20:04 ] [ 編集 ]
先取り戦法で戦い成功したこともあったが失敗の方が
若干多くてハードから撤退したという事らしい。

ドリキャスもDVDの製造コストと高いからってコストが安い独自メディア
作って売ったけどDVDの普及スピード早すぎいきなりコスト減で
ドリキャス用メディアの製造コストの方が高くなってしまったそうな。
4669. [ 2017/07/09 20:20 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
4670. [ 2017/07/10 00:55 ] [ 編集 ]
子供の頃に小児科で魚に触れられるだけの
謎のモニターがあったな~と思ったらこれだったのか

長年の謎が解けました(笑)

ただ子供ながら水槽とゆうより
パソコンのスクリーンセーバーだと思っていましたが
機械も2年程で飽きられたのか壊れたのか撤去されてしまいました
4673. [ 2017/07/10 17:50 ] [ 編集 ]
4668さん
タイミングは重要ですね。
アイデア、技術、コスト、いろんなタイミングを見極める。
まさにギャンブルです。


ファミコン現役さん
ディスクシステムみたいな話ですね。
つまり任天堂も同じようにたくさん失敗してきたわけで。


YOIさん
それは良かったです。
しかし50万円で2年かあ。高いのか安いのか(笑)
4674. [ 2017/07/10 18:11 ] [ 編集 ]
任天堂の失敗は、何故か日本国内止まりが多いがセガは、世界規模展開で失敗が少し多かった模様。
それが今の存在を左右したのかと

日本では、N64よりセガサターンがよく売れたが、世界規模だとN64が圧倒的に売れていたそうですし。
4684. [ 2017/07/12 18:40 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR