「お金じゃない」落札者ご本人が語る『MOTHER2』青チラシ案件への思い


 先月、ヤフオクに出品された『MOTHER2』のチラシが歴史的な結果となった案件について、落札者のYouTuber/MOTHERグッズコレクター・コアラ氏が、自らの動画でその真相をアツく語っている。


 ※転載の許可を得ています


 まずはおさらい――

 レトロゲーム界に激震が走ったたのは先月の20日のことだった。その謎の青チラシは、私オロチが知る限り、国内取引におけるゲームチラシ史上最高額を叩き出し、大きな話題になったのだ。

maza-2tirasi01.jpg


 そもそも、このチラシはどういったものなのだろうか?

 コアラ氏によると、一般に出回ることのなかった業務用チラシであり、発売前に関係者のみに配られたものだという。まず通常版との違いは何と言ってもその色。通常版のイメージカラーが赤なのに対して、これは青なのが最大の特徴だ……

aotoakamaza-.jpg
 ※キャプチャ画面より←が青版。→が通常版(赤)


 上部に記載されたキャッチコピーは、通常版(赤)だと「大人も子供も、おねーさんも」という有名なフレーズなのに対して、青版では「発売前から、忘れられない」という、独自のものとなっている。詳しくは動画を見てね。

 続いて、コアラ氏がオークションで争ったときの心境を語ったところによると、実際の話、このチラシに42万円の価値があるか、と言われたら「ないと思う」と激白。最初は10万円もいかないと腹積もっていたが、自分の他にもうひとり、熱狂的なコレクターがいたため「札束での殴り合いになってしまった」(本人談)というのが真相のようだ。




 ただし、コアラ氏はことあるごとに何度も何度も「お金じゃない」という言葉を口にしていた。その心の内を以下のように述べている。

 手に入らないと、気持ち的に、色んな部分でやる気が起こらなくなってしまうんです。たぶん次に出てくるときは5万円くらいで終わるでしょうけど、それでもいい。手に入ったという事実が良かったんです。


 そうなんだよなあ。
 私オロチは今回の件ですごく勇気をもらったんだよね。

 それは、どういうことかというと、周りにどう思われようが、自分の信じた道を進めばいいんだってことをコアラさんから改めて教えられたというか。僕はもともと相場を気にするタイプじゃなくて、その場の出会いみたいなものを重視する人間ではあるんだけど、たとえばレトロゲームショップ巡りで、ずっと探していたものを見つけて、それが思ったよりずいぶん高かったとき、やっぱり少し躊躇してしまうんだよね。それって別にそれほど欲しくなかったってことなのかなって……

 逆にそこまで欲しくなかったものが思ったより安かったので、魔が差して買っちゃうことってあるよね。僕なんか、最近そのパターンでNEOGEO買っちゃったよ(笑)

fhd01.jpg
 ※NEOGEOはコレクションというより純粋にプレイするためのお気に入りアイテム

 でも、本当に欲しくて、最初から手放す気がまったくないものなら、値段なんていくらだって関係ないわけで、あとは「自分がどれだけ欲しいのか」という胸の内と真摯に向き合えばいいだけの話。もちろん、そのために仕事や家族や生活を犠牲にしていたら元も子もないので、それは簡単なようで、実はものすごい難しいことなんだけどね(笑)



orotima-ku1.pngなにはともあれ
おめでとう!

関連記事

まあ別に額はどうでもいいけど、興味的にはないし

ただYouTuberとか有名ブロガーだったとなると、どうなってもネタになってしまうのは見透けてしまう
滅茶苦茶安く買えた、滅茶苦茶掛かった、結構頑張ったけど落札できなかったとか
ネタになるってのはわかってしまうかな
6017. [ 2018/04/15 10:17 ] [ 編集 ]
興味はないとか言いつつ、他人のやる事にいちゃもんをつけないと気が済まない人種ってどこにでも湧いてくるよね
6018. [ 2018/04/15 11:50 ] [ 編集 ]
これは僕の場合ですけど、読者の皆さんには「利用しまくってやる」ぐらいの感じでブログへ来てもらえばいいと思っています。ファミコンのネタ!!を使い倒してもらえばいい。それでwinwinなら別に問題ないかなって思いますよ。
6019. [ 2018/04/15 11:54 ] [ 編集 ]
いちゃもんと言われても…感じだけど

職業柄、生活自体を生実況してるようなものだろうと思うので、普通のコレクターが落札するのと、職業的な人が落札するのは何か微妙に違う気がする感じがするってことだけど。別に「お金じゃない、金額じゃない」ってのはわかるけど、職業として…というのが付くのが、感想。

市井の人の事例が見たいけど、ツイとかであるか。
6020. [ 2018/04/15 12:50 ] [ 編集 ]
コアラは言うほどの芸人でもユーチューバーじゃないし(失礼)
検討外れ過ぎるわ
6021. [ 2018/04/15 13:49 ] [ 編集 ]
ああ 普通の方 でしたか。それなら失礼しました。こちらの勉強不足でした。一般の方なら別にいいですね。
6022. [ 2018/04/15 21:19 ] [ 編集 ]
YouTuberがネタのために買ったのね
一気に詰まらん展開になったわ
6023. [ 2018/04/15 21:37 ] [ 編集 ]
お金じゃないと言いつつ結局金額がネタになってる
6024. [ 2018/04/15 22:58 ] [ 編集 ]
まぁ、グラディウスの基板買った私も気持ちは充分に分ります。
さすがに動画にはできないですが・・・
6025. [ 2018/04/15 23:03 ] [ 編集 ]
しょーけんさん
あの案件は本当にエポックメイキングな出来事でしたよ。震えました!
6026. [ 2018/04/15 23:51 ] [ 編集 ]
6017さん(他の皆さんでもかまいません)

仰ってることは理解できますよ。そうなってくると興味深いのは、たとえば、ゲーム業界人、ゲームショップ関係者、ゲームセンター関係者、ゲーム雑誌編集者、ライター、研究者、評論家、プロゲーマー、ゲームアイドル、芸人、ブロガー、Youtuberなど、ゲームコレクターさんの中にもいろんな職業のひとがいると思いますが、その「微妙な感じ」のボーダーラインがどこなのか、考えてもらえるとおもしろそうですね。それをネタに記事が書けそうです(笑)
6027. [ 2018/04/16 00:08 ] [ 編集 ]
ちなみに僕はそういうのはあまり気にしないタイプですね。むしろ、その方から自分が吸収できることをバンバン吸収していきたいです。実際、今回の記事のために、コアラさんとやりとりさせてもらいましたが、彼のMOTHERに対する熱量や知識はすごいですよ。その姿勢から学べることがたくさんあると思います。
6028. [ 2018/04/16 00:20 ] [ 編集 ]
最近メルカリで訪問買い取り詐欺みたいなやり口で
レトロゲーム買いあさった挙句
売ってもらった相手を価値の知らないバカ呼ばわりする
信じられないユーチューバーもいますからね
YouTubeが関わる時点で一切信用できなくなってきた自分がいる。
6029. [ 2018/04/16 10:23 ] [ 編集 ]
自分の広告宣伝費としても、40万円は凄いよね。
6032. [ 2018/04/16 22:39 ] [ 編集 ]
件の方は普通の人、普通のコレクターであると、ご教授いただいたので、この方には別に何もないです。立派なコレクターだと思います。気分を害された方がいらっしゃったら、申し訳ありません。

ということで、今回とは関係ない別のプロの方が買ったという例を考えると、その手のは何か微妙な感じになってしまってます。何というか「○○買ってみた、面白かったからチャンネル登録してください」的なあらゆるものが動画ネタ化してしまう感じに共通するイメージですね。○○は高額商品でも、コンビニのパンでも自販機のジュースでもなんてもいいです。そこって何でもいいんじゃないのと穿った見方をしてますね。コレクターだと、お金はいくら掛かってもいいだろうし、これでないといけないという拘りがあると思うんですが、何というかプロとなると、それは取材費とか投資っぽく感じてしまう。微妙な気持ちになってしまう感じですかね。

逆に振り切っておられる方もいると思います。プロとして○○買って、ネタにしていく、文句あるかという感じですね。これはこれで逆に潔さがあって、これぞプロという感じがして、それはそれでいいです。線引きの考察は面白いかと思います。ネットだけとか形のないもの、経年性がないとかだと、度合的に増してくる気もしますねぇ。

まあ個人的にはyoutubeを見ていて、変な動画に引っ掛かったと思ったら、登録してくれとか、酷い動画ばっかが出て来るんで、その手のに嫌気がさして来てるだけかもしれませんが。
6033. [ 2018/04/16 22:40 ] [ 編集 ]
お答えありがとうございます!
まあ、細かいこと言うと、コアラさんはまぎれもなくyoutuberであり、17年来のMOTHERグッズコレクターでもありますけどね。何はともあれ誤解が解けたようで何よりです。

あくまでも一般論として、前述したようなプロの方が経費でゲームを集めるのと、素人がおこずかいで集めるのでは、明らかに体力差があるのは事実であり、皆さんは、そこを「微妙」と感じるんでしょうね。これは僕が個人的の意見ですが、重要なのは「アウトプットの仕方」なんじゃないかと思うわけです。むしろプロと名の付くような方々はアウトプットしてナンボですよね。
ただ、そんなアウトプットの中でもシラけるのは、どう見てもコレクションを商売の道具にしか扱ってないひと。本当にレトロゲームが好きなのか?と疑ってしまうようなひとたちなんじゃないでしょうか。(そういうひとたちはやがてボロが出てて、消えていってますが)まあ、この「商売の道具」って表現も微妙なんですけどね、ゲーム業界人やゲームショップ関係者にとっては、それこそ商売の道具ですし、このへん、もっといい言い方ないかな。ひとまず保留。

ともかく、このひとは本当に好きだな。本物だな。ってひとはわかりますよ。ちゃんと見れば……

でも最近、世の中の動きがあまりにも早いもんだから、ついていけないっていう余裕の無さ、あるいは、そもそもついていく気が無いという面倒臭さで、色んなこと、なかなか、受け入れられないっていう気持ちも正直わかります(笑)
まあ、そのへんの正直な気持ちは、弊ブログのコメント欄でよければバンバン書き込んでもらってぜんぜんかまいません。どうぞよろしくお願いします。
6034. [ 2018/04/17 00:09 ] [ 編集 ]
自分は宣伝でもなんでもいいんじゃないの?と思いますよ。
そもそもこのコアラさんはこれがほしいと思ったんでしょうし
マザーグッズコレクターという肩書きでユーチューバーをやっていて
これを逃すことはできないという思いと
コレクターとしてほしいという思い両方あったと思いますが
自腹切って40万出す訳ですから。
宣伝の先行投資でもあり、手に入れて感慨深いものがあって大満足なら
本当にいいと思います。

ただ、ファンでもないけどファン騙ってるから買っておくか
だったら許されませんけど、そうじゃないそうですし。

ただ心配なのはこれに大金がつくと気がついた悪い人たちが
偽造して売り出したりしないか、それだけが心配です。
6035. [ 2018/04/17 00:33 ] [ 編集 ]
チラシなんか、いっぱい偽造できそう。

でも、原本の入手が大変かな。
あ、ヤフオクの画像使えばいいのか。
6036. [ 2018/04/17 04:32 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
6040. [ 2018/04/17 21:54 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR