ファミコン「ABCシール」の謎を追え‼︎ (4) ふたつの大きな発見


 ファミコン「ABCシール」について、いくつかの新発見があったので報告したい。

nazonosi-ru4.jpg



<発見されたシール>

 現在、画像つきで発見されたABCシールは前回から12件増えて(半数は私オロチが愛知県内のレトロゲーム屋発見した)、35本となった。

bigA001.jpg
pinboruaA0.jpgbe-subo-ruA0.png
 ゴールドビッグA × 8本

nazonosi-goldb.jpgdebiruB0.jpg
 ゴールドB × 2本

maruA001.jpg
gegegeA0.jpggandamA0.jpg
 シルバーA(リーフ) × 8本

maruB002.jpg
rekkinguB0.jpg
 シルバーB × 4本

ri-huB001.jpg
4ninma-janB0.jpghontaiB0.jpgeu-rto16B0.png
 シルバーB(リーフ) × 8本

maruC001.jpg
maithibonC0.jpgbaru-n0C0.png
 シルバーC × 4本

 地味に2個目のゴールドBの発見は嬉しかった。




<Dとの遭遇!!>

 注目すべきは「D」の存在だ。

gyarakusianD.jpg

 先日、このシールの第一発見者であるガロウ氏がついに、当初、見間違いと思われていた「D」と遭遇したのである。これによってABCシールにはAからDまで存在することがわかった。これは真相への大きな一歩だと思う。

 なお、ファミコンソフト交換店のランク説で、存在が予想されている「S」や「E」はまだ発見されていない。




<タイトル&発売日との相関性>

 次に発見されたタイトルを発売日順に並べてみよう。

1.『ポパイ』(1983/7/15) ビッグA
2.『ドンキーコングJr』(1983/7/15) B
3.『五目並べ』(1983/8/27) ビッグA 
4.『マリオブラザーズ』(1983/9/9) ビッグA
5.『ベースボール』(1983/12/7) ビッグA
6.『テニス』(1984/1/14) ビッグA
7.『ピンボール』(1984/2/2) ビッグA
8.『ピンボール』(1984/2/2) ビッグA ※2本目
9.『ロードランナー(小箱)』(1984/7/31) ビッグA 
10.『デビルワールド』(1984/10/5) B
11.『4人打ち麻雀』(1984/11/2) B(リーフ)
12.『4人打ち麻雀』(1984/11/2) B(リーフ) ※2本目
13.『バルーンファイト』(1985/1/22) C
14.『忍者くん 魔城の冒険』(1985/5/10) B
15.『ディグダグ』(1985/6/4) B
16.『スパルタンX』(1985/6/21) A
17.『レッキングクルー』(1985/6/18) B
18.『レッキングクルー』(1985/6/18) B ※2本目
19.『スターフォース』(1985/6/20) B(リーフ)
20.『ドルアーガの塔』(1985/8/6) A
21.『アストロロボ・ササ』(1985/8/9) A
22.『ドルアーガの塔(再販)』(???) B(リーフ)
23.『ドルアーガの塔(バーコード有)』(?) A
24.『ハイパースポーツ』(1985/9/27) B(リーフ)
25.『ルート16ターボ』(1985/10/4) B(リーフ)
26.『キン肉マン』(1985/11/8) B(リーフ)
27.『ソンソン』(1986/2/8) 
28.『ソンソン』(1986/2/8) 
29.『ゲゲゲの鬼太郎』(1986/4/17) A 
30.『ゲゲゲの鬼太郎』(1986/4/17) A ※2本目
31.『マイティボンジャック』(1986/4/24) 
32.『B-WING』(1986/6/3) 
33.『スーパーチャイニーズ』(1986/6/20) A
34.『機動戦士ガンダム』(1986/8/28) A
 ※番号は便宜的にふってあるだけです。

 2本目が発見されたタイトルが4件(8,12,18,30)あったが、いずれも『ドルアーガの塔』のようにアルファベットとの相関性は破れていなかった。13.『バルーンファイト』が「C」でこの位置なのは地味に嫌な発見である。注目すべきは34.『ガンダム』で、この発見により、少なくともABCシールは1986年8月まで使用されていたことは間違いないだろう。

 さて、上の表を見て「何かおかしいな」と思わないだろうか?

 気付いたひとは鋭い。実は、さきほど私は「全部で35本になった」と述べたが、34本しか載せていないのだ。その理由は……
 



<ABCシール、カセットに限らなかった!!>

 この「リーフB」である。

hontaiB0.jpg

 発見したのは、先日、ダンボールの件でもお世話になった名古屋のレトロゲームショップMEIKOYAさんだ。ありがとうございます!

 シール自体は今までと変わらない「リーフB」だが、問題は貼ってあった場所なのだ。

 こちら↓

hontaiB.jpg

 本体の箱じゃないかっ!!!

 最初、見たときは驚きで、この灰色の物体が何なのかわからなかったぐらいである。この発見によって、我々が無条件で思い込んでいた「シールはカセットのパッケージに貼ってある」という前提が崩れることとなった。

 それと同時に、少なくともレーティング説の線は消えたと言えるかもしれない。

レーティング説
・問屋のマーク説
・パチンコ景品説
・ゲームショップのシール説
・交換店のランク説
 ※今まで唱えられている様々な説
 
 また、最有力だった交換店のランク説についても怪しくなってきたようだ。なぜなら、当時のファミコン本体のレートはだいたいソフト数本分であり、ただのBランクだったなんて考えにくいのだ。だって、ファミコン本体と『4人打ち麻雀』が交換できるなんて明らかにおかしいじゃないか。いったいどう解釈すればいいのやら……




<ABCシールに関する情報募集!!>

 ということで、今回はここまで。
 闇は深まるばかりであるが、だからこそ皆さんの力が必要です。

 この謎のシールについて、見たことある方、何かご存知の方、むしろそのシールを印刷してたのうちの会社だよって方、是非「こちらの窓口」、あるいはコメント頂けたら幸いです。どんな些細な情報でも喜びます^^


<ファミコン「ABCシール」の謎を追え‼︎>
1 シールの特徴・様々な説
2 交換店のランク説について
3 アルファベットの法則性
4 ふたつの大きな発見




orotima-ku1.pngどうぞ、よろしくお願いします!!
関連記事

[ 2018/04/27 00:43 ] 謎・調査シリーズ | コメント(10)
 ブログパーツ
リーフBのシールって、単純にカセットに貼ってあった物を子供(シール大好き)が、貼り直したってだけじゃないの…?
6082. [ 2018/04/27 02:35 ] [ 編集 ]
同じことを考えた
6086. [ 2018/04/27 10:07 ] [ 編集 ]
確かにファミコン本体がリーフBだと濃厚だと思われる交換店のランク説も怪しくなってくる。
やはり元はカセットに貼り付いてたシールを本体に貼った可能性が高いと思う。
6087. [ 2018/04/27 10:20 ] [ 編集 ]
たしかにその可能性は0ではありません。簡単に貼り直しできるもんなのか、手元のシールで確かめてみますね。
6088. [ 2018/04/27 10:33 ] [ 編集 ]
シールがカセットから張り替えられたかどうかも気になりますが、そうでないとしたら本体の出荷時期も気になりますね。
6090. [ 2018/04/27 16:16 ] [ 編集 ]
まさかこんなことに!
本体のシールは衝撃ですね。

つうことはショップ側の何らかの目印ですかね?
例えば万引き防止だとして、怪しい客のカバンの中からウチの商品らしきものが出てきたとして。
レシートを見せてと言ったら、客が「他の店で買った」と言い張った。

という状況の時に、「じゃあ、このシールはなんだ!!」
ででーーーん。的な。


6091. [ 2018/04/27 17:36 ] [ 編集 ]
このシール、どこかで見たことあるようなないような
(偽造防止で貼るシールに似てるからかな?)
やたら理由が気になります
ぜひとも謎を解き明かしてほしいです
6097. [ 2018/04/29 23:08 ] [ 編集 ]
こないだツイッターで、ジェネシスのカセットにも貼ってあったという情報をもらって、見てみたら種類が違っていたのですがたしかに「C」が貼ってありました。同じような目的のシールだったかもしれません。

ただ、そのときハッと思ったんですが、そういえばカセットにはぜんぜん貼ってないですよね。もし交換店のランクシールだったなら、取引は裸カセットがメインだったはずなので、今までパッケージに貼ってあるものしか発見されてないのは、あまりにも偏りすぎじゃないかと思いました。

ランクの見本だったという説はなるほどと思いました。ただ、それだったらパッケージの側面にしか貼ってないことが不自然に思えるのです
6099. [ 2018/05/01 10:17 ] [ 編集 ]
手持ちの5本でシールを剥がそうとしましたが、すべて、ものすごい硬いです。
完全にくっついちゃってますね。いい糊つかってますよこれ、もしこれをムリヤリ剥がしたとして、ふたたび、本体のパッケージに(しかもご丁寧に側面に)貼ったとして、この写真のように自然に貼りなおすことは、難しいように思いますね。おそらく剥がしたとき、相手のパッケージが破れてシールの糊面に付着してしまうでしょうし、シール自体も曲がったり折れたりするでしょうからね。

ただし、年月が経って糊が完全に定着した可能性はあるので、貼りたてだったならわかりません。しかしながら、目的がわかりませんね。わざわざこんなことをする目的が。
6100. [ 2018/05/01 10:26 ] [ 編集 ]
ノリの件だけですが、ノリは使用目的により最初から強度(貼る強さ)が有りますよ。何度も中身を書き換えて使ったようなフロッピなどははがしやすい再剥離(さいはくり)、逆にはがさせてたまるかと思うレンタルの管理シールなんかは強粘タイプ。なのでこのシールたちははがさせてたまるかと考えて貼られた強粘タイプのシールだと思われますね。
6741. [ 2018/08/13 15:50 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。