アスクチェーン編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg
概要 ◆定義と分類 ◆目次

 
 ファミコンショップシール界の沼……
 今回は、ゲームソフト卸売り界の大仏様。アスクチェーンの登場だ!!


ショップシール類

ask006.jpg
 レア度: 

 これは一番よく見るタイプ。フルタイプのラベル型である。誰が呼んだかショップシール界の耳なし芳一。または通称「サターンバージョン」である。

 とにかく文字、文字、文字。他店の多くが純正デザインに準拠しているシールを採用しているのに対して、アスクチェーンのこれはそういった体裁などをまったく無視しているため、どうしても「言いたいことを一方的に書き殴ってる」という印象を受けてしまう。まるで創英角ポップ体の暴力だ。
 しかし、そのわりには、連絡先がいっさい記載されてないという怪文書チックなところもあり、不思議な魅力となっている。(結局は魅力なのか) 


ask007.jpg
 レア度:★☆ 

 そんなフルタイプのラベル型には地味にバージョン違いが存在する。取扱いハードのラインナップからセガサターンが退場し、プレステ2が加入している通称「PS2バージョン」である。しかもサターンバージョンが発売の古い順だったのに対して、PS2バージョンは発売が新しい順にソートされているため、見事に先陣を飾るカタチとなっているところなどは忖度がうかがえるよね。(たぶん違う)

 ゲーム業界の勢力図がこんなところにも影響を与えるという興味深い例である。

ask606.jpg

 もっと細かいことを言うと微妙にフォントが変更されていることにお気づきだろうか。「超」の字を見ると明らかである。実はこのプレステ2バージョン(右)こそ創英角ポップ体なのである。サターンバージョン(左)のフォントは正直わからない。教えてフォント職人さん!

 ちなみに判断が難しいところだが、PS2の発売が2000年3月であり、SFC最後のソフト『メタルスレイダーグローリーディレクターズカット(ニンテンドウパワー)』の配信が2000年11月29日なので、ギリギリ対象範囲ということにしておこう。サターンバージョンよりもこちらのほうがレア。


ask669.jpg
 レア度:★★ 

 なんとこの怪文書風ラベルにはシール型も存在する。スッキリしていて芳一感は緩和されているが、あいかわらず連絡先の記載はない。全国展開が順調にいってるという自信のあらわれだろうか。連絡先など自分で調べやがれと言わんばかりである。ラベル型よりも断然レア。


ask05.jpgask002.jpg
ask003.jpgask004.jpg
 レア度:★☆ 

 アスクチェーンが文字、文字、文字バージョンだけだと思ったら大間違いだった。なんとシール型の別のバージョンがあったのだ。通称「中古ファミコン」バージョンである。当然、こちらのほうが古いだろう。また、住所・電話番号等の記載があるところもポイントだ。
 そして何と言ってもこの謎のカラーバリエーションである。今のところイエロー、ライトグリーン、オレンジ、レッドの4色の存在が確認できている。この中ではレッドが一番見ない。黄色とライトグリーンは似ているので最初は同じかと思っていたが、実物を並べて比較してみると、やっぱり違う色だった。

 というかこんなシール、4色もつくるなよ……(おっと本音が)

ask008.jpg
 レア度:★★ 

 しかしそれだけじゃ終わらないのがアスクチェーンが「ショップシール界の沼」と呼ばれる所以だ。なんと、シールタイプのカラーバージョンにはさらにミニタイプが存在するのだ。しかもたまたまかもしれないが、発見したものはカセットの前面に貼られていた。ショップシールが前面に貼られている例は極めて少ないで、それだけでも興味深い。

 そんなことより、こいつも4色以上あったらどうしよう(笑)

 今のところオレンジのみ確保。地味に交換レートに言及しているところなどは、一定の資料的価値があるだろう。通常のシール型カラーバージョンより断然レアである。


ask001.jpg
 レア度:★★★ 

 どうやらアスクチェーンの沼は底なしだったようだ。こちらは、さらに激レアなシールタイプ。通称金バージョンである。
 電話番号から察するにフリーダイヤルを取得する前の、さらに古いタイプかと思われる。玩具屋さんがよく採用しているメタリックなシール下地に黒い文字という慎ましいデザインが、のちに全国チェーン!とか言って大暴れする「嵐の前の静けさ」といった趣きがあって非常に良い。(良いのか)

 「ファミコンセンター」はこの頃から名乗っていたようだ。いかにも公式な肩書きを掲げてるくせに「説明コピー」とか堂々と謳っているところに時代を感じさせる。世が世なら、説明書村とか言われて吊るし上げられていただろう。



制覇MAP

 お待ちかね。制覇MAPの時間だ。

ask34.jpg

 アスクチェーンは奈良県五條市のゲームソフト卸売業者である。シールの表記がなぜか「五条市」と簡単な漢字のほうだったので、その点について五條市役所に問い合わせてみたところ、市としては「五条」と表記することは無いが、JRの駅がなぜか「五条駅」と表記しているため、もしかしたら何か関係があるかもしれないというたいへん興味深いトリビアを教えてくださった。

 まあ、ただの変換ミスかもしれないが、一応、留意しておこう。

seihamap02.png

 なにはともあれ、奈良県を制覇! 

 山口、奈良と、日本の人口統計でいくと上位とは言いがたい県を立て続けに制覇できたことは非常に良いスタートだ。なぜなら「人口が少ない=ファミコンショップが少ない」という図式が成り立つからである。人口が少ない県はきっと最後のほうに大きな壁となるだろう。

 それともうひとつ気づいたのは「全国的なゲームチェーン店の発祥地、意外とローカル説」である。

 こういう発見もショップシール研究の楽しいところ。必然的にその地域のことを調べまくるので、なんか、行ったこともないところなのに親しみが湧くし(笑)、知見も広がる。いいことだらけだな、この企画!


基本データ

名称:アスクチェーン
運営:?
開業:1988年?
所在:奈良県五條市
公式サイト:http://www7a.biglobe.ne.jp/~altlia/ask0.htm(閉鎖)


 旧ホームページを発見したものの(上ニョロが懐かしいね)、Webアーカイブで検索してもまったく出て来ないため、調べてみたら、なんと、数年前に、すべてのBIGLOBEドメインのページがWebアーカイブからごっそり消滅するという事件(BIGLOBE消滅事件)が起きていたらしく掘ることができなかった。
 しかも当初、BIGLOBE側がWebアーカイブに削除を依頼したんじゃないかと疑られていたが、あまりにも問い合わせが多かったのか、公式に「そんなこと知らない」という異例の声明を発表する事態になったらしい。なんだこの謎の事件は……

 ということでお次は、昔よくローカルファミコン雑誌などに載っていたファミコン交換屋さんの広告を、片っ端から調べまくったが、アスクチェーンの広告は見つけられなかった。完全に闇の中である。
 
 何か知ってる方、情報をください。


沿革
 1988年に創業(?)。保証金0円、商品無料貸出などをうたって事業を拡大していった。全盛期は全国3000店舗あったというが、おそらくそれだけのお店に「ゲームソフトを卸していた」という意味であろう。
 近年は金券ショップを営んでいたらしい(閉店済み)。2018年現在は同じ住所にバッティングセンター、隣にリサイクルショップが建っているが、アスクチェーンとの関係は不明。
 ※断片的な情報の寄せ集めで書いているので、事実と異なる部分があるかもしれません。



みんなの情報コーナー!!

 アスクチェーンについての情報をコメント欄へお寄せください!!
 
 正直、このお店に関してはほとんど何もわかっておりません。近所にお店があった。こんなバージョン違いのシールを見つけた。といった情報や、実際に交換サービスを利用したことがある方などの話をお聞かせください。なお、写真素材などのご提供はこちらの窓口で受け付けております。どうぞよろしくお願いします!!



orotima-ku1.png目次ページへ
関連記事

アスクチェーンははじめて聞きました。情報無くてすみません。

「ゲームチェーン店の発祥地、意外とローカル説」ですが、中古の取り扱いがあるゲームチェーン店の発祥地って感じですかね?

だとすると、古物商許可の関係があるかもしれませんね。
全国展開する場合には営業する都道府県ごとに営業所を持って、都道府県ごとに許可を得ないといけないので、いきなり土地代の高い都会で勝負に出ないで、地方から地盤を固めて行ったのかもしれません。
そうだと考えると、なんか、戦国武将みたいでカッコよくないっすか?
6261. [ 2018/05/24 00:20 ] [ 編集 ]
さながら「アスクの野望 全・国・版」といったところでしょうか。古都奈良といえば大和国。筒井氏で全国制覇はそうとう難しいですよ。僕は、実際にトライしたことあるんですが、何もできずゲームオーバーになりました(笑)
話がそれましたね。全国的なゲームチェーン店については(ネタバレを避けるため詳しく書きませんが)まだまだ更新していきますので、この説の検証はそれからでも遅くありません。乞うご期待です。
6262. [ 2018/05/24 01:46 ] [ 編集 ]
懐かしいこのステッカー!インパクトたっぷりでよく覚えてます。
確かに途中からプレステ2が増えた記憶はありますが、フォントまで違ったとは驚きです。
正方形みたいなシールは初めて見ました。こんなのもあったんですね。
前面のステッカーも結構よく見かけた記憶があります。確かに「ショップシール」としては珍しいかもですね。

神奈川のあるおもちゃ屋さん(いつの間にか店じまいしてしまっていましたが・・・)に、このステッカーの貼られたファミコンカセットが新品と一緒にぶら下げて売られていて、時々買ってました。「タダで交換」システムそのものはあまり理解せず、「ホントかな?」と思いながらシールを眺めていただけなので、実際には時々買う一方でした。
小さなお店でしたが、行くたび新しいソフトがあるので楽しかったです。チェーン内で融通していたのかもしれませんね。

懐かしい気分にさせていただき、ありがとうございました。今後のシリーズ充実を楽しみにしています。
6334. [ 2018/06/10 03:59 ] [ 編集 ]
貴重なエピソードありがとうございます。前面のステッカーはもしかしたら剥がされ率が高いのかもしれません。アスクチェーンは卸しだったので、その神奈川のおもちゃ屋にも卸していたんでしょうね。こちらこそ励みになります。今後ともよろしくお願いします!
6335. [ 2018/06/10 12:20 ] [ 編集 ]
徳島県に住んでいますが20年くらい前に近所の少し食料も売ってた小さいコンビニみたいな酒屋で
透明の袋に入ってアスクチェーンのファミコンカセット売ってました。
6405. [ 2018/06/17 21:47 ] [ 編集 ]
徳島の食料品店にまで進出していたとは。
さすが全国3000店舗の取り扱いがあったチェーンですね。
6410. [ 2018/06/18 11:21 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。