レゴでつくった『マリオvsドンキーコング2』アーケード筐体が登場!!


 LEGO作家Helen Sham氏はアーケード筐体をつくることで、任天堂への愛を形にすることに成功した。

You can actually play this 1/2 scale Nintendo arcade cabinet made from over 15,000 LEGO pieces [Exclusive] | The Brothers Brick | The Brothers Brick
mariocong2a-ke-doLEGO0.jpg

 テーマに選んだのは『マリオvs.ドンキーコング2 ミニミニ大作戦』。

mariocong2a-ke-doLEGO1.jpg

 使用したブロックの数は1万5000パーツ以上。重さは約30キロにもなったという。

mariocong2a-ke-doLEGO2.jpg

 1ゲーム100円設定らしい。
 ちゃんと、硬貨を入れるとゲームが始まるようになっている。


 内部に仕込まれたLEDによって、透明パーツが光る仕様。

mariocong2a-ke-doLEGO3.jpg
 
 さすがにコントローラ部はレゴではないようだ。

mariocong2a-ke-doLEGO4.jpg

 専用ソフトをつかって設計に6時間、組み立てに27時間かかったという。

 動画はこちら↓



 ちなみにこの方、過去にはピンボール筐体もつくっている。




orotima-ku1.pngレゴランドに置いてあっても不思議でない
関連記事

 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。