オロチのファミコン収集記 9


 とある古本屋に寄ったときの話。時間は20時過ぎだった。まだやってるかなと思いつつ僕は店の駐車場に車をとめた。するとシャッターの前で店のおばちゃんが酔っ払った男に殴られてるじゃないか。
 最初は夫婦喧嘩か何かだと思ったけど様子がヘンだ。おばちゃんが頭を蹴られた勢いで、店のガラスがバリーンって割れたとき流石に車から飛び出した。男はすでに自分の車に乗り込むところ。おばちゃんは頭から血を流して倒れている。僕は迷わずおばちゃんに駆け寄った。「大丈夫ですか」
 するとおばちゃん「車のナンバー・・・」と力なくつぶやく。僕はあわてて振り返り、去っていく車のナンバーを目に刻んだ。幸いなことにおばちゃんは軽症だったらしく、すぐに立ち上がりみずから警察へ連絡した。

 やがて警察が来て事情を説明するおばちゃん。なんでも店の駐車場に無断駐車して、近くの飲み屋で一杯やってきた男を注意したら殴られたという。後日、僕は目撃者として署に呼ばれた。すると早々にパトカーに乗るよう言われた。まさにその古本屋のすごい近所のアパートに到着。刑事の一人がそのアパートの前にとまっていた車のナンバーを指差した。僕がとっさに憶えた番号と一致している。色も同じだ。僕はこの車ですと言った。署に戻った僕は犯人らしき男の写真を何枚か見せられた。意外と憶えてないものだ。僕は2人にしぼるのが精一杯だった。
 さらに数日後、再び署に呼ばれた僕はある部屋の前で窓みたいなものを覗くように言われた。するとおっさんが取り調べを受けているではないか。正直言ってもうとっくに忘れてたけど、僕はあの人ですと言った(笑
 刑事ドラマみたいな体験だったな。僕の一言でこのおっさんは捕まっちゃうのかあと思うと、なんかすごいプレッシャーだった。ちなみに署に呼ばれると交通費が出るぞ。

 事件解決後、再びその店に行くと、おばちゃんはカウンターにいた。元気そうで良かった。おばちゃんも僕に気づいてくれたようで「お世話になったお礼に何冊でも好きな本を持って行って」と言ってくれた。僕はナンバーを憶えただけで、他に気の利いたことなんて何一つやってない。あのとき男を袈裟がためで取り押さえていたなら武勇伝だったけど現実はショボかった僕。だからお礼なんてとんでもないですと言って店を出た。
 
 というのは嘘で「じゃあ、これでもいいですか」と僕は厚かましく、かつ大胆にカウンターのショーケースを指差したのだ。並べられていたのはファミコンソフト。やったね!
 「あらこんなんでいいの」とおばちゃん。何本でもいいよって言ってくれたけど、結局はビビリなんだなあ。5本くらい包んでもらってそそくさと帰った。
 いま思えば30本くらいもらっても良かったんじゃないかと後悔している。
関連記事

結末がどうなるか、最初は心配な内容でしたが、読み終わってみればイイ話じゃないですか^^こういう記事、僕大好きです♪

シコリとして残らず解決して良かったですね♪
22. [ 2007/07/31 03:16 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
そうですね。でもやっぱり少し後悔があります。なんであのとき僕は、まっさきに犯人を取り押さえなかったんだろうって。で、取り押さえるならやっぱり袈裟がためだろうって、意味も無く事件後に何度もシミュレーションしました(笑
でも結局は、僕のとった行動は正しかったのかな・・・
23. [ 2007/08/01 01:31 ] [ 編集 ]
「あの人です」の断定はちょっとまずかったですね。
せめて「確信は無いけど多分そうではないか」位に
した方が良かったかも。
そう言わなきゃならない雰囲気に呑まれたかもしれませんね。けど車のナンバーの持ち主なら大丈夫でしょう。
盗難車というならまた別の問題ですが。

捕まえるところまではいかないまでも、第三者が間に入るだけで犯罪の増長は防げますし、見習うべき勇気ある行動と思います。オロチさんも無事で何よりでした。
32. [ 2007/08/09 17:17 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。