たった一人のファミコン少年タイトルGIF

ファミコンの歴史ゲームの歴史


 ファミコンの歴史ゲームといえば光栄の『信長の野望』や『三國志』シリーズが一番最初に頭に浮かぶ。

 『三國志』といえば囲碁棋士である依田紀基氏はファミコンの『三國志』にはまりすぎて、当時保持していた名人位を失いかけたことがあるとか(出典:『プロ棋士の思考術』依田紀基)。これではいかんとファミコンを捨てたことが何度もあるという。
 ※原文では“ファミコン”となっているが年代的にPSかもしれない

 sangokustaitorugamen.jpg

ファミコン初の歴史ゲームと言えば?
 「ファミコン歴史ゲーム」の歴史を紐解いてみた。
(歴史道楽)

 さて、↑こちらのブログにそんな魅力溢れるファミコンの歴史ゲームについてまとめてられている記事があった。“ファミコンの歴史”ではなく、ファミコンの“歴史ゲーム”だ。

 記事によるとファミコンの歴史ゲームが開花したのは88年で、『武田信玄』や『独眼竜政宗』など様々なソフトが出たという。もちろん歴史は日本だけのものじゃない。『ナポレオン戦記』や『砂漠の狐』なども立派な歴史ゲームだ。その他『ゲバラ』『不如帰』などが88年に出たソフトである。

 記事では他に『水戸黄門』や『時空の旅人』などが紹介されている。

 そして、ファミコンの中で一番古い歴史ゲームは何だろうか?というトピックになるわけだが、僕は『いっき』かなと思ったんだけど、そもそもあれは歴史ゲームじゃないか(笑
 
 “歴史”というジャンルを越えたくくり。こういうのって面白い。歴史ゲームは何もシミュレーションゲームだけじゃないのだ。アメトークみたいに「じゃない方ファミコン」とか「中学の時イケてなかったファミコン」とかで語ってみるのも面白いかも。


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2011/02/11 00:50 ] ファミコントリビア | コメント(2)
 ブログパーツ
はじめまして。
「歴史道楽」のZhi-Zeと申します。
うちのブログの記事をご紹介いただき、ありがとうございます。

『いっき』は入れるかどうか、結構、悩んだんですよ。
あと、『東海道五十三次』も今回は外しました。

そのうち、第2弾で「ファミコン最後の歴史ゲーム」っていうのも、やっても面白いかも?とか思ったりもしてます。
794. [ 2011/02/13 03:38 ] [ 編集 ]
どうもオロチです。
わざわざコメントいただき恐縮です。
はたして『いっき』は史実に基づいてるんでしょうか!?(笑
第2弾をわくわくしながら待つことにします。ありがとうございました。


797. [ 2011/02/17 01:27 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR