伝説の任天堂ワーストゲーム機、24万円で落札される!!


 Yahoo!オークションのファミコンカテゴリで興味深いものが落札されていた。任天堂の『コンピューターTVゲーム』である。

nintendo-tbge-mumisyou.jpg
 ※サムネイル画像 クリックでリンク先へ(魚拓)

 出品者の説明によると、これはずっと倉庫に眠っていたもので、未使用品らしいが、それにしても24万2000円て、尋常じゃない値段だよ!!


 1980年に任天堂より発売されたこのゲーム機はコンピュータTVゲームの歴史(オデッセイ)によると、定価が4万8000円もするし、そのくせオセロ(リバーシ)しかできなかったり、カラー画面じゃなかったりで、任天堂ハード史上最低の売り上げ台数を記録してしまったという。

 さらにこのゲーム機の悪いところはACアダプターの重量が2kgもあったところらしい。電源だけでファミコンのおよそ3台分かよ。
 
 こいつのおかげで任天堂はファミコンを登場させるまで、ゲーム市場からの一時撤退を余儀なくされたというから、まさに屈辱的なワーストゲーム機と言える存在だ。
 あの悪名高きバーチャルボーイでさえ、全世界では120万台以上も売れているのに、いったいこのゲーム機はどれだけ売れなかったのだろうか・・・・・・


 しかしマニアにはそんなこと関係ないんです。
 むしろそんなダメダメで、ぜんぜん売れてないやつほど欲しい。現にこの『コンピューターTVゲーム』は歴代任天堂ハードの中でもっとも謎に包まれてた存在だと言われており、世界中の任天堂マニアが血眼になって探してるものだという。

 その証拠に、オランダの有名な任天堂マニアが、さっそくこのYahoo!オークションの結果をブログにアップしていた。こちら↓

erikkubuiburogukiji.jpg
 beforemario
 ※サムネイル画像 クリックでリンク先へ
 
 っていうか、すごい情報力。ちなみに彼は世界的な任天堂マニアであり、彼のコレクションルームは、もはや博物館級である。(参照:My Otacool Room
 これだけのコレクションを持っている人間だからこそ、この情報力なのだろう。


 ブログによると、同ゲーム機が2009年にebayにて出品されたときは2000米ドルで落札されたという話である。当時のレートは平均で95円くらいだったから、円換算にしておよそ19万円といったところか。

 さらに同記事には彼の所有する『コンピューターTVゲーム』の写真がたくさんアップされているので、興味があるひとは必見だ!!

関連記事
[ 2011/02/23 02:57 ] レトロゲーム | コメント(5)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
良くも悪くも、有名な代理落札業者ですな。外国行きか。
798. [ 2011/02/23 19:08 ] [ 編集 ]
これはスゴイ
良く埋もれてたな
ネット上でも異常に資料が無いんだよね
799. [ 2011/02/23 20:21 ] [ 編集 ]
今ヤフオクで出品してるよ。
驚きの価格で
878. [ 2011/06/07 13:03 ] [ 編集 ]
おぉっ 24万とかww そんな貴重なのか 持っててよかったぁ ボロボロだけど〔爆〕
1676. [ 2012/12/11 16:08 ] [ 編集 ]
家庭用は知らないけど、ゲーセンにオセロゲームがあったのは覚えてますね。

緑発色が眩しかったなあ。しかし、任天堂も無茶をしていたんだな。
1862. [ 2013/03/27 10:43 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR