250万円もするファミコンディスク!?


 ファミコンにはびっくりするぐらいの値段がつくものがあるけど、それはゴールドカートリッジだったり、限定品だったりする。でも今から紹介するソフトは非売品でもなければ限定品でもない。


 tanigawameisjingif0.jpg

 「谷川浩司の将棋指南II ディスク版」はポニーキャニオンより発売された将棋ソフトである。ROM版とDISK版があるが、問題なのはDISK版のほうである。

 同ソフトのDISK版はA面にふつうの対戦将棋が、B面には次の1手と詰め将棋が入っている。しかしそのB面の詰め将棋のほうが、当時、新しく書き換えられるというサービスを行っていたのだ。それがいわゆる新版というやつだ。


 新版はファミコンにプレミアがつき始めた再評価時代の初期には、まだマニアの間でもあまり知られていなかった。その理由は当時、このソフトをやっていたのはたいてい僕たちの親の世代であり、さらにその中で、わざわざ新しく書き換えるようなひとはさらに少なかったと推測されるためである。

 またB面書き換えという特殊な販売方法が、ますます再発見を遅らせたのは言うまでもない。


 どれだけ数が少ないかと言うと、某ネットショップで250万円で売られてると言ったら早いかな。


 ※サムネイル画像

 店側にしたら客寄せマスコット的な存在なんだろうけど、驚きの値段だ。250万円のファミコンソフトといえば「Nintendo World Championships 1990」が記憶に新しいけど、もしかしたら意識してるのかもしれないね。


 新版は最近オークションにも出ていた。まあまあそれなりの値段だったよ。

<オークション>
・書換専用「谷川浩司の将棋指南Ⅱ・新版」

kakikaetanigawatumeshougi.jpg
 サムネイル画像クリックで魚拓へ

関連記事
[ 2011/04/19 06:32 ] ファミコンニュース | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
これ最後まで任天堂で説明書付きで500円で書き換えてくれたのに・・・なんでこうなるのかね
827. [ 2011/04/20 06:21 ] [ 編集 ]
まあ最後の辺だとタイトルのラベルとかもなかっただろうし、完品でこの値段なんだろうね
828. [ 2011/04/20 21:42 ] [ 編集 ]
上のショップは、入手困難だとか修理メンテ済みとか言って
高い値段で周辺機器を販売しちゃってるし。

スーファミの中古が1万円越えってありえないし
1745. [ 2013/01/26 17:26 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR