オロチのファミコン収集記 12


 そもそも僕が秋葉原へ初めて行ったのは大学生のときで、1997,8年くらいだろうか。そのころ僕はJAZZ研究会なんていうお洒落なサークルに所属していた。なぜか部長が極度のキーボードマニアで「ヴィンテージ物は東京でしか修理できない」なんていう訳のわからない理由から、サークルの皆と東京に繰り出したとき、秋葉原に寄ったのが初だったと記憶している。

 そのときの忘れもしない出来事といえば、あのプレミアソフトの代表格であるサマーカーニバル’92 烈火がなんと箱説1200円で売られていたことだ。まだプレ再評価時代みたいな時期だったので、どこの店も、何にどんだけの値をつけていいのか、よくわかってなかったのかもしれない。僕は小躍りしながら買って帰ったと言いたいところだけど、なんとほぼノーリアクション・・・
 むしろ「これ持ってないけど、ちょっと高いな・・・」みたいな反応だった。アホか。買えっ!ああ、あのときに戻りたい。本当に僕は何も知らなかったのだ。(店もね)

 そんな話ならいくらでもあるんだけど、もう1つ忘れられないのは百の世界の物語。これもまたプレミアソフトの代表格で、僕が10代の大学生だったときの話。ファミコン集めを意識し始めたころだったかな。
 すごいマイナーな地元のゲーム屋に箱説300円くらいで置かれていたこいつをみつけたのだが、他にも同じようなファミコン後期の作品が30本くらい売られていて、あくまでもその1つに過ぎなかったって感じだった。で、とにかく持ってないソフトを買おうってなったのだ。しかしそこは貧乏学生。全部買って帰るという荒業はできないので、5本くらいをピックアップした。残念ながらその中には、百の世界の物語は含まれなかったが、まあ最初だから大目に見てやって下さい。
 数日後、僕はまたその店に足を運び、5本くらい選んだ。そのとき、百の世界の物語をその5本に入れようか一瞬迷ったのだ。時間にしておよそ0.5秒。
 「これ、持ってないけど、よく見かける気がするし、今回はやめとうこう・・・」って、アホか!そのあとお前は、こいつをショーケースの中でよく見かけることになるんだってば!頼む。買ってくれ!

 そして数週間後、その価値を知った僕が慌てて店に戻ったときには既に遅し。百の世界・・・だけが見事に姿を消していたのだ。おそらくその価値を知る第三者が、鼻の穴を広げながら買い去っていったに違いない。うーん、くやしい!

 結局それぞれ僕は数万円をはたいて、数年後に購入することになるのだが、その悔しさたるや筆舌に尽くしがたい。いずれにしてもこの2本は僕にとって、もっとも因縁深いソフトであることは間違いない・・・

 そんなこんなで僕は21世紀を向かえ、とあるパラダイスを発見するのだった。
関連記事

私も集め初めの頃(箱説に興味が無かった)、店にトップライダーの完品が4個ぐらい並んでいたのに出くわしました。値段は各3980円・・・その中に一つだけ白い箱の物が有りました。なんかキリンて書いてある・・・。ジャマくさいので買いませんでしたが、知識が付いた今ナンデ買わなかったんだと何回悔やんだか。だってその時当たり前に並んでいたから、超レア物と思わなかったんだよ~
50. [ 2007/09/06 21:54 ] [ 編集 ]
それはまた悔やんでも悔やみきれない思い出ですね。その点から考えると今からファミコン集める人は、情報はあふれてるわけですから、そういう失敗はしないのかもしれません。
51. [ 2007/09/08 23:34 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。