たった一人のファミコン少年タイトルGIF

ゲームに某ネズミ版権を使用する際の5つの注意事項


bounezuminokare.gif


 某ネズミキャラクターとは、黄色い電気出すやつじゃない方。彼が率いる世界的キャラクター集団はファミコンゲームにもちらほら登場しているが、その取り扱いが思いのほかセンシティブであることで知られている。

 今回はファミコンの時代に業界内で語られていたという「ゲームに某ネズミ版権を使用する際の5つの注意事項」を紹介させて頂きます。



1.暴力的な行動をさせてはならない

 イメージってものがあるからね。
 でも、僕の中で某ネズミさんは、猟銃を構えながらフンフンと歩いてるイメージ。
 


2.画像を加工してはならない

 切り抜いてもいけないらしい。



3.直接何か喋らせるような描写をしてはならない

 昔はフルボイスとか無かったけど「ゾ・ン・ビ・ハ・ン・タァ~」みたいな感じじゃあ
 イメージ崩れるだろうね。



4.他の有名キャラクターと絡ませてはならない

 大物俳優みたいだな。NGキャラとかいたりして。



5.キャラクターのことを“キャラ”と省略してはならない

 え、なんでだろ?



 以上

 どれもファミコン時代の噂話なので今は違うかもしれません・・・・・・


 
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2011/07/28 02:18 ] ファミコントリビア | コメント(2)
 ブログパーツ
キングダムハーツではどれも破られていますからな

それを考えると今は大分緩和されています
1820. [ 2013/03/08 06:21 ] [ 編集 ]
>キャラクターのことを“キャラ”と省略してはならない

これはたぶん創刊当初のファミ通に載っていたので今でも覚えてました。

当時はロサンゼルスをテレビで「ロス」と呼ぶケースも多かったんで(最近亡くなった人の事件関係で。米国の略称はLA.)、どちらも米国人は密かに不快だったんでしょう。
1942. [ 2013/04/28 10:28 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR