『東海道五十三次』を14:45でクリア(解説付)




 『東海道五十三次』は僕のコレクションの中でも数少ない、自分の名前が入ってるソフトの1つ。

 ずいぶん思い入れがあり、相当やりこんだけど、いまだに未クリア。オロチの最高記録はラスト1歩手前の「品川~日本橋」である。たしかワープを駆使したが、それでも奇跡的にたどり着いた一生に一回の出来事だった。

 ファミコン少年なら絶対に経験してることだと思うけど、ファミコンやってて、たまに「人生で1回しか来ないんじゃないか」という思うくらい、奇跡的にすごいところまで進むことがあるよね!?
 たまたま星の巡りがとてつもなく良い配置になってたのか、それとも神様が「1回くらい夢見させてやろう」なんてやってくれたのか知らんけど、1つのソフトにつき、1回のみ、絶対にそういう奇跡の思い出があるのは、何でだろう・・・・・・


 タイトルにTASという文字をつけてましたが、TASじゃないというご指摘を受け修正しました。勘違いしていました。ごめんなさい。(8/13)

関連記事
たった一人のファミコン少年タイトルGIF
このコメントは管理人のみ閲覧できます
1022. [ 2011/08/12 15:44 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR