たった一人のファミコン少年タイトルGIF

高橋名人「ゲームは1日1時間」発言の真相を語る


<インタビュー>
高橋名人に聞く「携帯ゲーム、これからどうなる」(HH News)


 「HH News & Reports」のインタビューについてにおいて高橋名人が「ゲームは1日1時間」発言の真相を語っています。

takahasi456465.gif


 以下引用。


 あの頃の「1日1時間」というのは意味があって、単に「ゲームは1時間だけやればいい」ということではないんです。

 当時ゲームをするのは子供たち。基礎体力をつけなきゃいけない(中略)だから、「外へ行って走れ」とか「木登りして握力つけろ」という様々な遊びの中のひとつのゲームは「1時間にしておけ」ということなんです。

 気づいたら言葉だけが独り歩きしてしまったんですね。



 なるほど。野生派と呼ばれた名人だけあって、もっと外で遊べという意味が込められていたのか・・・・・・

 ちなみに当時、この言葉が独り歩きしちゃって、問屋業者や販売店などから「1時間しか遊んじゃいかんとは何事だ」「それがゲームを売る立場の人間の言葉か!」と苦情の電話が相次いだという。
 そして、とうとうハドソン社内で役員会が開かれる事態に発展。しかしそこで工藤社長(当時)が「ファミコンが健全な遊びだということを打ち出したほうがいい」と名人の言葉に賛同してくれたというエピソードがある。

 それ以来は名人は堂々とこの言葉を言えるようになったとか・・・・・・


 なお、インタビューでは名人が携帯ゲームについて語ってます(そっちがメイン)。興味のあるひとはどうぞ。

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2011/08/29 13:14 ] ファミコントリビア | コメント(0)
 ブログパーツ
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR