オロチのファミコン収集記 13


 21世紀はじめ僕が見つけたパラダイス。それはまだ参加無料だったyahoo!オークションである。僕はそこで重複してるものをまとめ売りなどし、そのお金で自分が持ってないものを買い求めたのだ。それは魔法のリサイクルだった。みるみるうちに僕のファミコンの贅肉が新たな細胞へと生まれて変わって行くのだから最高である。便利、カンタン、気持ちいい!

 しかし毎日バカみたいに東海エリアの玩具屋をまわった日々、未知なるファミコンを発見したときの喜びを思い出すと、なんだか味気ない気持ちにもなった。それはあまりにヒマだった僕だけの特権だったはず。しかしオークションの前では皆、平等。むしろお金持ちが、さらにファミコンを集めやすくなっただけの話だ。

 一方、貧乏な僕は有料化とともにyahoo!オークションをやめてしまった。月々300円が払えなかったわけじゃなく、引越しによるネット環境の変化が原因だった。それからファミコンが20周年を迎えるまで、一体僕は何をやっていたのか、今となってはあまり憶えていない。そして某ゲームメーカーに営業として就職するのだった。

 気がつけばファミコンメモリアルイヤーである2003年。僕のファミコンコレクションは通常ROMコンプまで残り3本になっていたのだった。
関連記事

残り3本のタイトルが気に成りますね。
予想は自分の経験で推測するとデータック系、カラオケ、なんたっての小亀。
この辺でしょうか?発表まで楽しみに待ってます。
64. [ 2007/10/28 14:53 ] [ 編集 ]
ネタバレになってしまいますので、詳しくは次回ということで
65. [ 2007/10/30 00:11 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。