ファミカセでアートしてる人たち


 今、東京は吉祥寺で「わたしだけのファミカセ展2007」ってのをやってるらしいね。詳しくはこちら(METEOR)からどうぞ。
 オモロイなあ。いろんな人がファミコンカセットを自己流にアレンジして展示するなんて誰が思いついたか知らないけど最高だわ。近くだったら見に行ったよ。まだまだファミコンに熱い人たちがたくさんいるって証拠やね。しかも今年で3回目というじゃないか。
 さらに最近13年ぶりの新作か!?という話題でニュースにもなった「ミスタースプラッシュ」も展示してあるらしいぞ。お試しプレイもできるんだってさ。いいなあ。やりたいなあ。こうなったら僕も何か作ってやろうか。もし今ファミコンの新作ソフトを出すことができたら、僕の経験上最低5万本は売れると思うんだよね。まかり間違って任天堂のライセンスなんかが取れようもんなら・・・夕飯がわやになってまうわ!(名古屋弁)
 でも僕はプログラムとか改造とか、ぜんぜん詳しくないから、僕一人じゃどうすることもできないのね。一時期ゲーム会社をつくってたこともあるけど、そんときはプログラム以外の企画、製作、シナリオ、グラフィック、音楽、を担当してたからね。さらにそのあと某メジャーゲーム会社の営業をやってたこともあるし、足りないのはプログラマーさんと、資金(これが問題か)だけなんだよなあ・・・
 どなたか僕といっしょにファミコンの新作を作りませんか?
関連記事

 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。