オロチのファミコン収集記 15


 巨大な壁を前にして、僕は基本的な疑問に立返っていた。そもそもファミコンソフトの総数っていくつなんだ。思えば僕がファミコンを集めだした理由がそれだった。その疑問を解決しようと誓ったあの日以来、ファミコンをもらいまくり、買いまくり、資料をかき集め、ここまできた。そして今では、わかったような顔をしている僕だが、実はハッキリ答えることができない。
 こうなったらぶっちゃけて言おう。知らないのだ。

 もっとも一般的に言われてる(非売品やウラ物を除く)総数は1252本なのだが、書籍やサイトによってその数は様々。パッケージ違いやバージョン違い、付属品違いのものや、NHK学園などいちおう市販はされてはいたけど微妙なもの(いちおう特殊ROM?)は含まれてなかったりするのである。

 僕が初めて手に入れたファミコン総覧本「大技林」では総数が全1240本となっていたし(その後、全1246本に修正されたらしい)ファミコンソフトを全部網羅したバイブル的資料である「ファミコンプリート」では全1249本、似たような資料本「ファミリーコンピュータ 1983-1994」では全1252本となっている。
 一方、ネット大百科「wikipedia」では総数が全1251本となっており、パッケージ違いやサウンドウェアシリーズを含めたデータベースサイト(こちら)では全1260本とある。
 公式発表がないから、みんな自己判断で総数をはじき出しているのが現状だ。

 さて2008年を迎えようとしている現在、僕は特殊ROMの壁をあと一歩で乗り越えられるところまで来た。記念すべきメモリアルイヤーである2003年から早5年。ナメクジにさえ追い抜かれそうな勢いでゆっくりと、それでいて確実に登ってきた。しかしその壁を越えても、その先にはディスクの壁という、さらに巨大な壁がそびえたっているし、またさらにその先には裏物の壁、非売品の壁が蜃気楼のようにゆらめているのが見える。え、登るの。俺が?

 未だに半信半疑。だって頑張りたくないじゃない。気楽に行きたいのだ。前を向いてね。でも、見てしまうんだな・・・
関連記事

特殊ロムは知って無いとファミコンに見えない変な形。
店ではホトンド見かけない・・・
私もコンナ壁どう征服するか悩みました。

ところで無い所はお約束のカラオケ2でしょうか?
なんたって各子ガメとカラオケ1なら当方ダブってます。
持っててもしょうがないので入用なら提供致しますが?
76. [ 2007/12/07 19:51 ] [ 編集 ]
まままマジすか。子ガメの開幕編とお約束のカラオケ2です(笑
こんな僕にご提供くださるんですか!?じゃあ何か交換します?そうだなあ、スーパーRFスイッチ、RFスイッチブースター2なら2個ずつ持ってますが・・・要らないか(笑
メールアドレス貼っておきますんで、まだ気が変わってないようでしたら、お返事ください。よろしくお願いいたします。m( _ _)m
77. [ 2007/12/09 10:48 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。