たった一人のファミコン少年タイトルGIF

任天堂本社に突撃「マリオのパパを捜せ」登場した意外な人物とは!?


 懐かしい動画がアップされていた。

 1986年4月5日に放送されたテレビ東京『ファミン子全員集合』内で放送された「マリオのパパを捜せ!」である。

marionootousann00.jpg

 まずはなつかしの雑誌「ファミリーコンピュータMagagine」(ファミマガ)のCMから始まる。ちなみこの雑誌、なぜこんなに名前が長たらしいのかというと、任天堂から「ファミコンと略すのはまかりならん」と指導されたらしい。


marionootousann01.jpg

 タイトル「マリオのパパを捜せ!」
 マリオのパパって誰だろう。ゲーム上の設定の話でなければ宮本茂氏か!?


marionootousann02.jpg

 さっそく任天堂に突撃する中村有志と思わしき人物。
 受付のお姉さんに絡みつつ、執拗にパントマイムを披露。このノリ懐かしいね。


marionootousann03.jpg

 受付のお姉さんに第二開発部に行けといわれ、ついに到着する中村有志と思わしき人物。そこに待ち構えていたのは!?

 といった流れ。


 動画のサムネイル画でバレちゃうので先に言うと、マリオのお父さんと呼ばれて出てくる人物は宮本茂氏ではなく、三木研次という人物。

 Wikipediaによると代表作品は以下

・『アイスクライマー』   ディレクター
・『ゴルフJAPANコース』 ディレクター/コースデザイナー
・『ゴルフUSAコース』   ディレクター/コースデザイナー
・『マリオオープンゴルフ』 ディレクター/コースデザイナー
・『ワリオの森』       ディレクター/プロデューサー


 うーん、渋い。

 
 動画では三木氏本人の口から

・マリオの名前の由来
・開発期間
・開発チームの人数


 など開発者ならではの話が聞けるぞ。なんといっても当時の任天堂の内部が見られるだけでも、ファンにとってはたまらない動画なんじゃないだろうか。


 ということで動画はこちら↓



 ※リンク切れ確認(2017/6/9)


 っていうか、この風船マリオが欲しい(笑
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2012/06/07 21:33 ] ファミコン動画 | コメント(0)
 ブログパーツ
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR