たった一人のファミコン少年タイトルGIF

エレメカ攻略への道『ジャンピングラリー』 ゴールしたら、ありえない注意文を発見した!!


 エレメカの攻略への道。今回は、こまやの『ジャンピングラリー』だ。

janpingoru6.jpg
 小さいお子さんにも大人気。単純明快なシステム。

 さて、このゲーム、ごらんのように「すごろく」で、ゴールすると景品が出るタイプのエレメカである。そして最大のポイントはコマの進め方にある。パチンコ玉を弾いて、数字の書いてあるバスケットに入れると、その数字の分だけコマを進めるのだ。

 図で表すと以下のようになる。

 janpingoru2.jpg

 ただ、パチンコ玉を弾けばいいというものではなく、レーンがジェットコースターみたいに3回転してるのだ。そして発射された玉の勢いが強ければ上のバスケットに、弱ければ下のバスケットへ玉が入るようになっている。(青い矢印参照)

 さあ、予備知識はこんなもんで、さっそく攻略法へいってみよう。



<攻略法>

1.まずはレーンの具合を目視で確認。

 エレメカは繊細だ。構造物が物理的に1mmでも違えば、致命的なミスを呼ぶこともある。コインを投入する前にしっかりと自分の目でレーンの具合を確かめるべきである。とくに重要なのは発射口付近。

 ・反り具合
 ・手前への傾き具合

 この2点をチェックしよう。反り具合が大きいと玉が真上に飛びやすくなるし、手前への傾き具合が大きいと、玉がバスケットの手前へ落ちやすくなるのだ。このゲームは玉がバスケットに入らないと話にならないので、しっかり確認しよう。



2.コインを投入後、1打目は捨てる。

 店によって設定が異なると思うが、持ち玉の数はだいたい5個~。したがって1打目はレーンの具合を確かめるショットにしたい。ここは1つ、捨てるつもりで思いっきりやってみよう。
 ただし、思いっきり弾き過ぎると玉がレーンが外れてアウトになる。上図のように3回転中に玉がレーンから逸れてしまうのだ。だからといって弱すぎると、これまたレーンから落ちてしまうので“ある程度の力”ってのが必要になってくる。
 そういう意味で1打目は、発射口の反り具合や手前への傾き具合を確かめると同時に、ある程度の力を読み取るショットでもあるのだ。

janpingoru5.jpg

3.選択すべきは緑のコース。

 さて、上図がすごろくの盤上であるが、なかなか複雑だ。しかしぱっと見でも青いコースへ行ったら悲惨なことになるなってことくらいはわかるだろう。またオレンジのコースよりも緑のコースへ行ったほうがアウトの数が少ないということもわかると思う。したがって選ぶべきコースは緑である。



4.牛歩作戦で行こう。

 このゲームは早くゴールしようと思って、玉を強く弾くとロクなことがない。攻略2でも述べた通り、レーンから外れる可能性が高くなるし、発射口が少し手前に傾いている場合、強く弾けば弾くほど玉がバスケットの手前へ落ちてしまう。本当にロクなことがないのだ。
 したがってオススメは牛歩作戦である。「7」や「10」など狙わず、ゆっくり確実に行ったほうが賢いぞ。



5.とにかく「3」を出す力を体得しよう。

 順番の関係であえて言わなかったが、1打目でチェックすべき“ある程度の力”とは「3」を出す力のことである。レバーを75%ほど倒し軽く弾くという感じかな。当然レバーの強さは台によって違うので、これはあくまで目安と思ってほしい。



6.たった2打で緑のコースへ

 実際に最初に「3」を出すと、《19》へ飛ぶことができる。そしてさらに「3」を出すと、22から《23》へ飛ぶことができる。そう、もうお気づきだろう。「3」を2回連続で出すことができれば、たった2打で緑のコースへ行けるのだ。

janpingoru5.jpg

6.あとは3、2、2でゴール

 緑のコースにたどりついたらあとは3、2、2でゴールだ。当然、2、2、3、でもいいし、2、3、2でもいい。29番のアウトと、オーバーランに気をつけよう。


 1プレイ10円のエレメカが多いなか、これは1プレイ30円以上(僕のやった台は100円だった)であることが多いが、そんな金を惜しむようではエレメカ攻略への道は遠いぞ。かのエレメカ王は言った。「ゴールしたければスタートしろ」と。




<おまけ>

 これは先日、私オロチに起こった実際の出来事である。
 上記攻略法を用いて見事『ジャンピングラリー』をゴールしたのだが……

janpingoru7.jpg
 ゴールすると、このようにゴールのマスが光る

 筐体下部の払い出し口から、景品が出てくると思ったら……
 あれ、ぜんぜん出てこないじゃないか!

 ってことがあったのだ。

 まあ、そんなことエレメカには良くあるんだけどね。ただし、今回はちょっと違ったのだ。なぜなら、払い出し口付近をよく見ると、そこには衝撃な注意文があったからである……

 こちら↓

janpingoru3.jpg


 ゴールしても
 景品が出ない場合は
 はずれです 


 なんだこの名言(笑

 おい、おい、ゴールしたのにはずれって、どうやって納得すればいいんだよ(笑) ゴールしたとき『ボコスカウォーズ』的な内部処理でもしてるのか!?
  
janpingoru4.jpg

 よく見たらこのフレーズ、説明のところにも書いてあった。あきらかにテプラかなんかで付け足しやつじゃん。
 
 おもしろいなあ。「景品が出ない場合は」なんて思わせぶりなフレーズを使ってるけど、きっと最初から何も入ってないか、景品払い出し機構に不具合でもあるんだろうな。まあこっちは別に景品が欲しいわけじゃないし、逆に、こんな面白いネタに遭遇できたから満足だわ。

 
 ということで攻略法に1つ文言を追加だ。「ゲームする前は説明文をチェックしたほうがいいよ」

 君たちの検討を祈る!



<エレメカ攻略シリーズ過去記事>
エレメカ攻略への道 『ホップステップジャンプ』
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2012/08/24 10:33 ] レトロゲーム | コメント(1)
 ブログパーツ
これはひどいw
1505. [ 2012/08/28 02:45 ] [ 編集 ]
 コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR