9月1日はファミ通の日!! 1500号記念イベントで創刊号がもらえるかも!?


 8月1日付のプレスリリースによると、9月1日(金)に東京都渋谷LOFT9 Shibuyaにて「ファミ通1500号記念イベント」が開催される模様です。

 以下、引用。

 本イベントは読者の皆様への感謝を込めて、100名様をご招待します。(中略)チャンネル会員の当選者は、特典としてステージ前方の優先エリアにて観覧することができるほか、『ファミコン通信』創刊号の復刻版がプレゼントされます。


 太っ腹だね……

soukangoufamituu.jpg
 ※こちらはオロチ所有のファミ通創刊号
 
 それにしても9月1日が「ファミ通の日」だったなんて知りませんでした。理由は9月1日=8月32日=8(ファ)3(ミ)2(ツー)だからですって。『ぼくのなつやすみ』かよ!(笑)

 ちなみに、「ファミ通」創刊号の復刻版orオリジナル版の見分けかたですが、中身を見なくても(一部広告等が削除されている)、表紙を見ると一発でわかります。それは「ファ」の文字の下に値段「290円」が書いてあるかないか。あるほうがオリジナル版なので、見かけたら友達に得意げに話してみてね!(笑)

 以下、「ファミ通1500号記念イベント」概要です。

日時:2017年9月1日(金) 18:00開場/19:00開演(22:00終演予定)
場所:LOFT9 Shibuya(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 1F)
参加費:無料(※要1オーダー¥500以上)
定員:100名(50名をファミ通チャンネル会員先行募集)
内容:ゲームクリエイタートーク、編集部ステージ企画ほか



 東京、うらやましいぞ!(毎度のことながら)


ぼくのなつやすみ
このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/08/02 23:11 ] ファミコンニュース | コメント(1)
 ブログパーツ

9月30日発売「SFCコンパクトにHDMI」はPAL変換でSNESソフトにも対応だと!?


 SNES本体を探していた方に朗報!!

(SFC互換機) エスエフシーコンパクトHDMI【SFC COMPACT HDMI 】

 我らがコロンバスサークルさんから「エスエフシーコンパクトHDMI」がリリースされることがわかった。発売日は2017年9月30日。価格は¥9,936だ。

 今回の注目はなんといっても「NTFC/PAL切替スイッチ」でしょう。この機能によってなんとSNESソフトが遊べちゃうらしいですよ!

 以下、紹介文より引用。

・画面比率が調整できる変換スイッチが付いていますので「スタンダード (4/3) 」・「ワイド (16/9) 」の好きな画面比率でゲームを楽しむ事が出来ます。

・「NTSC」・「PAL」の変換スイッチも付いており日本国内のソフトはもちろん、欧米版SFCソフトも遊ぶことが可能です。 (*互換機の為、全てのゲームソフトに対応しているものではありません)

・本体・コントローラ2個・HDMIケーブル・AV端子ケーブル・ACアダプタがセットになったオールインパック! すぐにゲームが楽しめます。

・HDMI端子、AV端子の2種類の出力があるので、最新のテレビでも旧型のテレビでもゲームを楽しむことが出来ます。



 説明文では「欧米版SFCソフト」って表現になってるけど、SNESってことでいいんだよね。信じていいんだよね。コロンバスさん!


orotima-ku1.png唯一持ってるSNESソフト『Kirby's Avalanche』が遊べるぞー!やったー!
いや、まてよ。1万円あったら本物のSNES本体が買えるんじゃ……




(SFC互換機) エスエフシーコンパクトHDMI【SFC COMPACT HDMI 】
コロンバスサークル (2017-09-30)
売り上げランキング: 503

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/07/14 13:51 ] ファミコンニュース | コメント(4)
 ブログパーツ

有志が『ロックマンメーカー』を製作!! フリーウェアで配信予定


 カプコンが「ロックマンシリーズ」をつくらないなら俺がつくってやる!

 そんな思いで立ち上がった海外の有志たちがとうとうやってくれました。その名も『MEGA MAKER』です。

megamanmaker01.jpg

 知ってると思うけどロックマンの英語名は「MEGA MAN」なのです。

 このゲームは、2016年9月から開発されており、その名もMega Engineを使用して構築されているそうです。最初はたった一人でしたが、徐々にプロジェクトが大きくなったと言います。

 気になる内容ですが、スーパーマリオメーカーのロックマン版と言ったらわかりやすいかもしれません。公式サイトによると、使用できるパーツは以下。

 雑魚敵キャラクタ:46種類
 レベルオブジェクト:29種類
 ボスキャラクタ:12種類
 特殊武器:24種類
 背景:40種類
 タイル:129種類
 音楽トラック:63種類


 
 リリース後も、じゃんじゃんアップデートしていく予定とのことです。

 配信日時は日本時間で7月15日の20時くらいだと思われます。間違ってたらごめん。というのも、公式サイトにはカウントダウンしか表示されてないため、よくわからんのです。

 なにはともあれ、トレーラー動画を見てみましょう。

 ▼
 ▼
 ▼



 まんまファミコンじゃん!
 と思ったけど、見たことない武器とか使ってますやん……

 そして、ここが重要。なんとこのゲーム、フリーウェアなんですよ。無料でダウンロードできちゃうんです。まったくの趣味でやってんでしょうか。そのかわり、寄付は受け付けているようです。

 しかしながら、カプコン非公認とのこと!(ガクッ)


 一気にテンション下がりましたか(笑)

 でも過去にカプコン(USA)は、もともと同人作品であった『ストリートファイター × ロックマン』を、2012年にPCゲームとしてリリースしたことがあるんですよ。前例がないわけではないので、なんらかの形でサポート的なこと、してくれるかもしれません……

ロックマンロックマン

 ちなみに、2006年にリリースされたPSP版『ロックマンロックマン』にはエディットモードが搭載されていたようです。もう既にやってたんかい!
 
 はたして無事にリリースされるのか!?

 

orotima-ku1.pngバブルマンステージの背景で
目がチラチラしがち~





 公式サイト:MAGA MAKER
 SOUCE:GO NINTENDO

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/07/10 01:40 ] ファミコンニュース | コメント(5)
 ブログパーツ

任天堂「ミニスーファミはバーチャルコンソールの一種」発言の真意とは!?


 6月29日に行われた任天堂第77期 定時株主総会において、以下のようなやりとりがあった。
 
vci01.png
 ※第77期 定時株主総会質疑応答(任天堂)

 とある株主の3DSのGBバーチャルコンソールについての質問に、上席執行役員の大和聡氏が以下のように答える場面があったのだ。

 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」もバーチャルコンソールの一種と考えています



 なるほど。ニンテンドークラシックミニってバーチャルコンソールだったのか……

 続けて大和氏は以下のように説明した。

 これらをパッケージやダウンロードカードで販売することも可能ですが、将来そのような商品を発売する場合にはビジネスモデルとして成立するか、十分な需要が存在するのかなど、そういう点の調査も含めた検討を進めて発売を決定していくべきもの



 まあ、いろいろ考えてやりますってことかな。

 ともかく、これがVCの新しい売り方だったんだとしたらいろいろ納得できました。ミニスーファミについては「ファン向け商品」だとする発言もありましたが、「ライト層に向けてもアピールしていきまっせ」ということなのかもしれません。一種の原点回帰といいますが、良い意味の抱き合わせ商法みたいな(笑)
 しかしだとしたら、なぜミニファミコンは供給不足のまま一旦終了してしまったのでしょうか!?
このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/07/05 22:04 ] ファミコンニュース | コメント(2)
 ブログパーツ

海外スーパーファミコンクラシックミニ9月29日発売決定!!


 任天堂アメリカが「SNES Classic」を9月29日にリリースすることがわかった。

snesmini01.jpg
 
 価格は79.99ドル。

 公式サイトによるとClassic Controller™やClassic Controller Pro™に対応しているとのこと。気になる内蔵ソフトは以下の21タイトルだ。

・Super Mario World(スーパーマリオワールド)
・Super Mario kart(スーパーマリオカート)
・The Legend of Zelda: A Link to the Past(ゼルダの伝説 神々のトライフォース)
・F-ZERO(F-ZERO)
・Super Metroid(スーパーメトロイド)
・Star Fox 2(スターフォックス2) ※未発売
・Street Fighter II Turbo(ストリートファイターIIターボ)
・Super Punch-Out!!(スーパーパンチアウト!!)
・Super Castlevania IV(悪魔城ドラキュラ)
・Donkey Kong Coutnry(スーパードンキーコング)
・Mega Man X(ロックマンX)
・Kirby Super Star(星のカービィ スーパーデラックス)
・Final Fantsy III(ファイナルファンタジーVI)
・Kirby's Dream Course(カービィボウル)
・Star Fox(スターフォックス)
・Super Mario World 2: Yoshi's Island(スーパーマリオ ヨッシーアイランド)
・Super Mario RPG: Legend of the Seven Stars(スーパーマリオRPG)
・Contra III The Alien Wars(魂斗羅スピリッツ)
・Secret of Mana(聖剣伝説2)
・Earthbound(MOTHER2 ギーグの逆襲)
・Super Ghouls 'n Ghosts(超魔界村)



 注目は発売中止の幻のソフトとなった「スターフォックス2」が収録されているところですね。こういうこともありえるのかあって感じです。
 
 詳しくは公式サイトまで。

snesmini02.jpg
 http://www.nintendo.com/super-nes-classic


orotima-ku1.pngここ数週間、ずーっと噂があったので、いよいよかなって思ってました。フィーバー再燃必至ですね……

このエントリーをはてなブックマークに追加  
[ 2017/06/27 08:26 ] ファミコンニュース | コメント(0)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
スポンサー
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR