カプコンのACゲーム収録「Retro-bit GENERATIONS2」9月30日発売決定!!


ジェネレーション2 Retro-bit GENERATIONS2

 以下商品説明より引用

往年の名作タイトル内蔵ゲーム機「ジェネレーション」のシリーズ第2弾
今作は「カプコン」12タイトル、「アテナ」10タイトル、「ウッドプレイス」4タイトル、「ココナッツジャパン(ソフトビジョン)」16タイトル 計42タイトルを収録。

前作との大きな違いはアーケードゲームが14タイトル内蔵されておりゲームセンターでしか味わえなかったグラフィック並びにサウンドを存分に楽しむ事が可能になったことです。
アーケードゲーム内蔵のため、本体のマシンスペックも前作より高くなっています。



 とうとうカプコンが来ましたね。

 気になる収録タイトルは以下。

カプコン
・ストライダー飛竜(AC)
・1942(AC)
・ソンソン(AC)
・エグゼドエグゼス(AC)
・ロストワールド(AC)
・ナイツオブラウンド(AC)
・キャプテンコマンドー(AC)
・バース -オペレーションサンダーストーム-(AC)
・戦場の狼(家庭用8Bit)
・超魔界村(家庭用16bit)
・バイオニックコマンドー(家庭用携帯)

アテナ
・ウイッツ(家庭用8bit)
・デ・ブロック(家庭用8bit)
・絵描衛門(デザエモン)(家庭用8bit)
・ドラゴンユニット(家庭用8bit)
・ソ-ドマスター(家庭用8bit)
・描いて・作って・遊べる デザエモン(家庭用16bit)
・バイオメタル(家庭用16bit)
・プロ麻雀 極(家庭用16bit)
・プロ麻雀極Ⅱ(家庭用16bit)
・プロ麻雀極Ⅲ(家庭用16bit)

ウッドプレイス
・キングオブボクサー(AC)
・クラッシュロード(AC)
・ザ・ディープ(AC)
・ミッション660(AC)

ココナッツジャパン/ソフトビジョン
・めざせパチプロパチ夫くん(家庭用8bit)
・パチ夫くん2(家庭用8bit)
・パチ夫くん3(家庭用8bit)
・パチ夫くん4(家庭用8bit)
・パチ夫くん5(家庭用8bit)
・パチ夫くんスペシャル(家庭用16bit)
・パチ夫くんSPECIAL2(家庭用16bit)
・スーパーカジノ2(家庭用16bit)
・花札王(家庭用16bit)
・パチ夫くんSPECIAL3(家庭用16bit)
・GBパチ夫くん(家庭用携帯)
・パチ夫くんキャッスル(家庭用携帯)
・GBパチ夫くん2(家庭用携帯)
・GBパチ夫くん3(家庭用携帯)
・パチ夫くんゲームギャラリー(家庭用携帯)
・トッププロゴルフ(家庭用16bit)

 ※1 原文では「1492」だが「1942」の間違いだと思われる

 (AC)はアーケード版とのことです。
 先日、発表されたアテナの公式in1カートリッジの情報がメーカーのサイトから消えた理由はこれだったのか!?

Retro-bit GENERATIONS2公式サイト



[ 2017/06/15 12:04 ] ファミコンニュース | コメント(6)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

公式in1ソフト「8/16ビットコレクション」にアテナ参戦!! 『絵描衛門』『プロ麻雀極』など収録 (※追記あり)


 2017/06/14 追記

 ※8ビットコレクションのほうは公式サイトから削除されていたため、発売中止になった可能性があります。



 FC/SFC互換機「レトロデュオ」専用カートリッジという体の公式in1ソフト「8/16ビットコレクション」シリーズにアテナが参戦することがわかった。

 ジャレコ、データイースト、カルチャーブレーンに続いて第4のメーカーということになる。


 8ビットコレクション アテナVol.1には以下5作品。

8bit_collection_athena001.jpg

『絵描衛門』
『ドラゴンユニット』
『ソードマスター』
『ウィッツ』
『ザ・デブロック』




 16ビットコレクション アテナVol.1には以下5作品が収録される模様。

8bit_collection_athena002.jpg

『プロ麻雀 極』
『プロ麻雀 極Ⅱ』
『プロ麻雀 極Ⅲ』
『描いて、作って、遊べるデザエモン』
『バイオメタル』



 発売は2017年の夏を予定している。

 アテナはファミコンで9本ゲームを出しているので、8ビット版のVol.2が出るとしたら残り4本すなわち『チャンピオンシップボウリング』『ファミリークイズ 4人はライバル』『ファミリーブロック』『LUTTER』も収録して欲しい。

 個人的には久しぶりに『LUTTER』をやりたいなあ。(現在、ディスクシステムが壊れているためプレイできない(泣)


 それにしても本国アメリカ版では名を連ねているカプコンさんの参戦はまだですか?
[ 2017/06/10 13:43 ] ファミコンニュース | コメント(8)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

アメトーーク「思い出のファミコン芸人」6月15日(木)放送!!


 人気トーク番組「アメトーーク」にて「思い出のファミコン芸人」が放送されます。

ametokufami01.jpg
 雑誌「ザ・テレビジョン」より

 アメトークでファミコン芸人がやるらしいことは5月初めからわかっていたのですが、「ザ・テレビジョン」で特集してるという情報を頂きましたので、さっそく買ってきました。やっと情報解禁のようです。(公式サイトではまだ告知されてません)

 出演者は川島(麒麟)、有野(よゐこ)、華丸(博多大吉華丸)、バカリズム、富澤(サンドイッチマン)、真栄田(スリムクラブ)、塙(ナイツ)、今立(エレキコミック)、足立梨花さん。

 詳しくは「ザ・テレビジョン」を買ってください!(笑)

 番組名:アメトーーク! 思い出のファミコン芸人
 放送日:2017年6月15日
 時間:23:30~00:30
 チャンネル:テレビ朝日系列


 アメトーークといえば過去に「ドラクエ芸人」や「スーパーマリオ芸人」「ゲームセンター芸人」なんかやってましたが、やっとファミコンって感じですね。

 楽しみ過ぎる!
[ 2017/06/07 22:18 ] ファミコンニュース | コメント(3)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

任天堂スイッチオンライン『クラシックゲームセレクション(仮称)』の配信決定!!


 任天堂スイッチによるオンラインサービス「Nintendo Switch Online」が2018年に開始されることがわかった。それにともなって『クラシックゲームセレクション(仮称)』が発表された。

nso01.jpg
 ※Nintendo Switch Online (任天堂公式サイト)

 公式サイトによると以下、引用。

 『スーパーマリオブラザーズ3』『バルーンファイト』『ドクターマリオ』などの懐かしいゲームを集めてNintendo Switch用ソフト「クラシックゲームセレクション(仮称)」としてご提供。友だちとのオンラインプレイもお楽しみいただけます。



 レトロゲームの配信は予想されていましたが、バーチャルコンソールとは別の形にしてきましたね。

 料金は月300円、3ヶ月だと800円、12か月だと2400円ですが、2018年のサービス開始までは無料で体験できるとのことです。詳しくは公式サイトをチェックしてください。

Nintendo Switch Online (任天堂公式サイト)
[ 2017/06/02 16:48 ] ファミコンニュース | コメント(4)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

『スーパーマリオ』の失われたアニメ作品がさいたまで発掘される!?


 この度、『スーパーマリオ』の失われたアニメ作品が発掘されたというニュースが飛び込んできた。

A Lost Super Mario Anime Has Been Found and Shown Off in Japan

 海外メディア「NintendoLife」によると、そのアニメ作品の名前は「スーパーマリオの交通安全」と呼ばれる日本の視覚教育だという。16㎜フィルムであり、市販されてもいなかったため、長い間、“失われたアニメ”となっているとのこと。

mariokoutuuannzenn02.jpg
 ※キャプチャ画面


 しかし、2017年5月27日――
 さいたま市の大宮ソニックシティにて、それは子どもを含む観客500人に披露されたようで、記事ではその様子を伝えています。

mariokoutuuannzenn01.jpg
 ※スクリーンショット

 この作品は厳密に“失われたアニメ作品”ではないが、まだオンラインにアップされていないという意味では失われているも同然だと記者は主張する。そして今回、隠し撮りした映像をアップしたとのこと。

 ▼
 ▼
 ▼




 いやいや、ちょっと待てと。
 見たことあるぞ。というひとも多いのではないでしょうか?

 じつは「スーパーマリオの交通安全」は、日本で検索するとふつうにいっぱい出てくるんですよね。そのほとんどは所有している自治体が、しかるべき団体に「教材としてレンタルするよ」というページです。

mariokoutuuannzenn03.jpg
 ※Google検索結果

 富山、横浜、千葉、さいたま、愛知など数える気になれないくらい出てきますので、そうとうな数の自治体が今でも所有してるんじゃないでしょうか。ただしレンタルはしかるべき団体に限り、また、16㎜フィルムということなので、条件は厳しそうです。

 以下、内容について引用します。

 [内容] 母との約束時間がせまっているのでファミコンに夢中な兄を残し,サヤカは先に出かけ,無理な横断をしたり,クッパに誘拐されそうになる。兄は妹を自転車で追いかけ,あわやトラックに。でも運転手のスーパーマリオはルールを教え一緒に妹を捜しに行く。

 ※Planetかながわ公式サイトより

 なんとか入手して上映会してみたいですね(笑)


 ちなみに1989年に東映アニメーションがリリースした『スーパーマリオの消防団』という作品もあり、こちらはYoutubeにも映像が残っているようだ。



 内容はアニヲタwikiによると、かなりカオスなことになっているらしい。以下引用。

舞台は現代の街

兄弟(大抵は姉と弟)が花火をこっそり公園に持ち出す(中略)

公園で花火をする姉と弟。だが次の瞬間、 唐突にマリルイ兄弟が登場する

「楽しかったねえ~」「それじゃ帰ろうか」→花火がゴミに引火→「わー!」→事態を知ったマリルイ兄弟が水を持ってきて火を消す

マリルイ兄弟が2人に説教する。それも やたら詳しい

何故詳しいというと、 実は消防士だった わかるかこんなもん

家に戻った子供は親が火についてミスをすると受け売りの説教をする

地震発生。近くのマンションで火事が起こり、中に子供が取り残されている(猫の場合もある)

「おじさん、早く来て・・・!」

消防車と共にキャラクター登場。無事に救出し姉と弟とキャラクターが再会して終わり

 ※スーパーマリオの消防隊(アニヲタwiki)

 まあ、なんだ……
 マリオさんたちの下積み時代って感じで、微笑ましいです(笑)
 
 しかし、今でもふつうに上映してる自治体があるなんてびっくりしました。そしてそこまで取材に来る海外記者も、いい意味でどうかしてます(笑) (たまたまいたのかな?)

famikonge-munoshuyakutati01.jpg
屈指のレア任天堂本「ファミコンゲームの主役たち」実は入手難度が低いって話(条件付)(2016/09/05)

 こちらの記事もそうだけど、意外と教育機関って、お宝が眠ってるかも!?
[ 2017/05/31 23:50 ] ファミコンニュース | コメント(0)
 ブログパーツ このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
転載禁止01
このブログについて


プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR