23年ぶり!! 任天堂「公式」ファミコンソフト新作が登場!! ※ただし◯◯


◆任天堂が認めた!!◆

 任天堂が公式に認めたファミコンソフトが誕生した模様……
 報告したのはMAGES.代表・志倉千代丸氏である。


 パッケージのオレンジはコナミを意識したか!?



◆元々は初回特典◆

 こちらは元々9月20日発売のSwitch版『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』の初回特典として制作されたものだったようだ。

「STEINS;GATE ELITE」の初回特典が発表。Switch版がファミコン風ADV「シュタゲ」,PS4版とVita版がフルHD版「フェノグラム」に決定 - 4Gamer.net



 自身も熱心なレトロゲームファンである志倉氏は「どうせファミコン風でしょ」という世間の声に我慢ならなかったのか、本気だと証明するために任天堂の公式許可を得て本物のファミコンカセットをつくってしまったのだとか……



◆過去の新作ソフト◆

 振り返れば13年ぶりの新作として注目された『ミスタースプラッシュ』(2008年)

suprasshu0.jpg
(Amazonリンク)

  21年ぶりの新作として騒がれた『8BIT MUSIC POWER』(2016年)

174002176.jpg
(駿河屋リンク)

 誰かが新作をつくる度に、なぜか、前に誰かがつくったソフトを無かったことにして「◯◯年ぶり」と謳うのが新作ファミコンソフトの慣例となっていたが、残念ながらいずれも任天堂の非公認であり、商標的な事情により「ファミコンソフト」と名乗ることすらできない存在であった。

 苦肉の策として「FCソフト」と表記しているものもあるが、販売店のポップレベルでは堂々と「新作ファミコンソフト」と記載されていることが多いのが現状である。



◆公式という意義◆

 今回のファミコン版『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』は「売り物ではない」とのことで残念ながら非売品ではあるものの、任天堂から公式な許可を得てつくられたという意義は非常に大きい。

 ※型番は「HAC-SG」と記載されている


 なぜなら、1994年6月24日にリリースされた最後のファミコンソフトである『高橋名人の冒険島IV』以来の正真正銘の「23年ぶり」公式ファミコンソフトであることが間違いなく言えるからだ。






◆総数問題◆

 ただし、そうなると個人的に気になってくるのが総数問題である。おそらく今回のものへFFマークの付与はないと思われる(型番「HAC-SG」もおそらくダミーであろう)ので、これをどういうカタチで総数に含めるのかは解釈が難しいところだ。

sutaijge.jpg
 ※「任天堂」ロゴの記載はあったがFFマークは見られない(動画より)

 ファミコンには多くの非売品ソフトが存在したものの、そのほとんどが企業向け、あるいは懸賞品であり、今回のファミコン版『STEINS;GATE(シュタインズゲート)』のように、ただ情熱でつくってみた、という前例が思いつかないのだ。

 おそらくだが、任天堂さん的には「販促用の非売品」という扱いになろうかとは思う。ということは位置づけとしてはサンプル品に近いのかな……


 また、ここまでクオリティが高いと「商品化」も気になるところであるが、そのあたりの事情について志倉氏は「ビジネス的にゴニョゴニョ」と述べており、それが任天堂的に販売NGという意味なのか、メーカー的に儲からないという意味なのかは判断できないものの、今のところ商品化の可能性はないと見られている。



◆ユーザー不在◆

 このファミコンソフトがどれだけの販促効果をもたらすのか今のところ不明であるが、一方で「ユーザーを無視してるのではないか」という声もあがっている。



 現在、多くのメーカーが公式な許可が得られないまま、レトロゲームの復刻事業を展開している中で、本人も述べておるとおり意地だけで、いたずらに公式を取った挙句、ユーザーには何も還元せず、あまつさえ「無駄な遊び」と切り捨ててしまっているようにも見える姿勢は、言われてみればたしかに、あまり気持ちいいものではない。

 販売は難しいとしても、抽選プレゼントにするなど、ユーザーのほうを向いた展開に期待したいところである。



orotima-ku1.png任天堂さんのこういう柔軟性はすげえ

しまむらが「ファミ通」とコラボ「ファミ通ロゴTシャツ」が販売中!!


以下は、メーカーリリースを引用して掲載


6/13(水)より「ファミ通」コラボ商品が全国の「しまむら」で発売開始!
ファミ通のロゴをプリントしたTシャツ、ファミ通ロゴを総柄プリントをしたポロシャツのラインナップ。

ファミ通Tシャツ&ポロシャツでゲームイベントに参加すれば注目されること間違いなし!?

l_5b1f89b872005.jpg

お求めはお近くのしまむらまで!
https://www.shimamura.gr.jp/shop/

・お問い合わせは各店舗までお願い致します。
・お一人様1点のみです。
・売り切れの際はご容赦下さい。
・商品のお取り置きは出来かねます。
・店舗により入荷状況が異なります。



orotima-ku1.pngファミコン通信時代のロゴ
だったらなお良かった


[ 2018/06/14 16:10 ] ファミコンニュース | コメント(1)
 ブログパーツ

7月7日発売「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」爆誕!!


 ついに正式情報解禁だ!

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン

 スペシャルパッケージ。ゴールドな本体。
 何もかも特別仕様のミニファミコンだ。

 気になる収録タイトルは以下の20本。

・キャプテン翼
・キャプテン翼II スーパーストライカー
・キン肉マン マッスルタッグマッチ
・キン肉マン キン肉星王位争奪戦
・北斗の拳
・北斗の拳3 新世紀創造 凄拳列伝
・ドラゴンボール 神竜の謎
・ドラゴンボール3 悟空伝
・ドラゴンボールZ 強襲!サイヤ人
・ドラゴンクエスト
・ファミコンジャンプ 英雄列伝
・ファミコンジャンプII 最強の7人
・まじかる☆タルるートくん FANTASTIC WORLD!!
・ろくでなしBLUES
・暗黒神話 ヤマトタケル伝説
・魁!!男塾 疾風一号生
・聖闘士星矢 黄金伝説
・聖闘士星矢 黄金伝説 完結編
・赤龍王
・天地を喰らう




 7月7日発売。
 価格は7980円だ!



orotima-ku1.pngちなみにAmazonではすでにプレミアついてるよ。




カプコンがロックマンシリーズ30周年記念ファミコンソフトを限定発売!!


 ロックマンシリーズ(海外ではMega Man)30周年を記念したファミコンソフト(NES/SNES)の発売が決定した。しかも実際にプレイできるという。



 カプコンとiam8bitというメーカー共同制作なので、一応、正規品となる。

 価格は100ドル。

megaman201.jpg

 数量限定ではあり、がいずれもオペークライトブルーが7,500本+半透明ブルーが1,000本の合計8500本になる模様。最近復刻されたSFC『アイアンコマンドー』や『薔薇野郎』が3000本だったのに比べると多いような気もするが、海外ファン向けなことを考えると、少ないような気もする……

megaman202.jpg

 リリースは2018年9月下旬の予定だが、今のところこの動画以外に情報がないので、購入方法などは続報を待て!!



orotima-ku1.pngファンなら絶対買いやで!

[ 2018/05/02 08:21 ] ファミコンニュース | コメント(2)
 ブログパーツ

大阪のゲームバーが一斉閉店!! そろそろ業務用ミニファミコンの出番かな……


 1年に1度くらい、この記事が急にアクセスが増えることがある。その度に思うんです。ああ、きっとどこかのゲームバーが怒られたんだなあ、と……

大阪の大手ゲームバー系列店が一斉閉鎖。一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会の指摘を受けて (Automaton)
ge-muba-うp
 ※Google検索結果より


 「ゲームバー」と呼ばれる飲食店が一斉に閉鎖されることが発表された。今回閉鎖が発表されたのは、大阪を中心にゲームバーと展開する運営会社クロノスの系列店「1UPゲームバー」「大阪梅田バーカティーナ」「ゲームバーClan」の3店。


 大阪のゲームバーが一斉閉店だそうです。
 理由は以下。

 いずれのお店も閉鎖理由として、一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(以下、ACCS)からの指摘を挙げ、“ビルとの契約期間満了となる”2018年の7月29日にお店を閉めるとしている。


 見るまでもなかったね!
 
 そして、これも毎回言っているが、食べログとかぐるなびで「ファミコン」で検索してみてください。家庭用ゲーム機を堂々と置いてるお店なんて、わんさか出てくるからね。要するに周知されてないのですよ。

 もちろん、こういう商売をやる以上、その周りの法律関係ぐらいは最低限おさえておくべきだが、現状はそうでなくても開業できるわけなので「周知させる」ということも重要だと思うのです。

 一方で「それだけ需要があるなら、なんとかしてくれよ」という声があるのも事実。ブックマークサイトを中心に「ゲーム人口の拡大とか何とか言っておきながら、こういうところはおざなりだな」、「そのためのアーケードだろ」、「みんな違法とわかってやってるに決まってる」、「大阪のゲイバーが閉店だと!?」という指摘があがっており議論が巻き起こっている。(最後のは要らないか)

gyoumuyouclamini.jpg
 ※ファミコンバー・ゲームバー問題の解決策を思いついたぞ!(妄想)

 そこで僕は考えた。今こそ業務用ミニファミコンの出番じゃないかって。ご存知「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が社会現象とよべるほどの大復活劇をとげたのが2年前のことだ。スーパーファミコン版が出たのが昨年。じゃあ、今度は「業務用ニンテンドークラシックミニ」でしょ。任天堂様におかれましては、ミニ64を出す前に何とかお願い申し上げたいわけです。

 面倒ならノーマルのやつに「業務用」ってシールをぺたっと貼るだけでもいいですから!(そんなわけにいかない)
 
 ただ、少し気になったんだけど、「アーケードがあるだろ!」という声にはちょっと疑問かな。やっぱりアーケードの雰囲気と家庭用ゲームの雰囲気はぜんぜん違うよ。アーケードはアーケードの良さがあるもの。あくまでも家庭用ゲームを外でやりたいって需要の話をしてるわけで、その反論としてはズレてるかなって思います。

 あと、これ、需要がある、需要があるっていうけど、実際にビジネスになるくらいあるとは思ってないからね。だからやらないなんてこと承知の上で言ってます。そうなったら面白いなあって言ってるだけですよ。業務用ミニファミコン。実現したら面白いよね!



orotima-ku1.pngプライベートで3日くらいオフライン生活。
顔が日焼けしまくって痛い(笑)


[ 2018/04/10 10:04 ] ファミコンニュース | コメント(8)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。