家庭内通貨を導入したら「元ヤクルト古田選手」が救ってくれた話


 何を言ってるかわからないと思うが、騙されたと思って最後まで聞いて欲しい。


<単純明快なルール>

 我がオロチ家が家庭内通貨を導入して1年が過ぎた。子どもたちは、家の手伝いをしたり、大人を助けてくれたとき「ペコ」というオリジナル紙幣をGetできるのだ。

osatu05.jpg
 ※イメージ図。実際のペコ紙幣はコピー用紙に印刷した粗末なものだ。


 ペコ紙幣の額面は1ペコ、2ペコ、3ペコしか存在せず、運用ルールは単純明快。以下のたったひとつしかない。

 1度に与えられる額は基本1ペコのみ。


 これは運動会で1位をとったなど大金星をあげたときは3ペコぐらい与えて、特別感を演出するためである。したがって普段はお手伝いの内容にかかわらず一律1ペコだ。

 そして使用ルールに関しては以下の3つのみ。

1.ゲームをしたいときは2ペコ払うこと
2.大人が「いい」と言ったらゲームができる
3.大人が「やめろ」と言ったらすぐにやめる
 ※各種端末で見るYoutubeも同様の扱いをする。


 ご存知の通り、我が家は私(父親)がレトロゲームコレクターなので、ごく一般的な家庭よりもゲームには寛容なのだが、何も言わないと本当に際限なくゲームをやり続ける子どもたちを見て「さすがにやばいな」と思ったのがこの3ヶ条をつくるきっかけだった。

 つまり、我が家の通貨は事実上、ゲーム専用通貨なのである。




<通貨単位“ペコ”の由来>

 そもそもペコとは“腹ペコ”のことである。

 もともと私が妻にどれだけお腹が空いてるか聞かれたときMAX状態を10ペコとして、「9ペコ(かなり腹減った)」だの「5ペコ(減ってるっちゃあ減ってる)」だの答えていたのが起源だ。逆に満腹具合を聞かれたときは「プク」で答えていた。

 なんでも数値化してしまうゲーム脳ってやつ(笑)

pekopuku.jpg


 それがどうして家庭内通貨の単位になったかというと、ペコ制度を導入した当初はゲーム専用通貨ではなく、「おやつ」と引き換えられる通貨だったからである。

 お腹がペコペコ
 ↓
 家のお手伝いをする
 ↓
 ペコをGet!!
 ↓
 その通貨でおやつを購入
 ※ペコ制度を導入した当初、見込んでいた流れ。単位を「プク」にしなかった理由は「ペコ」のほうが通貨っぽかったからか。

 しかし何事も思い通りにはいかないものだ。




<運用する側の負担>

 結果的に、この流れが実現しなかったのは前述の通り。なぜなら、食べ物に関しては親の裁量で与えるタイミングや量を決めたい場面が多かったからだ。ペコを払うからといって、いつでも際限なくおやつを食べられたら困るだろう。そんなこともあって、ペコはいつしかゲーム専用通貨となっていったのだった。

gemagema01.jpg
 ※テレビの上に掲げているルール


 ただし、思い通りに行かなかったことはそれだけじゃなかった。

 ペコ制度のルールは極端にかんたんにしたはずだったのだが、実際に数か月ほど運用してみると、それでもまだ親の負担が大きかったのだ。具体的に言うと我が家の場合、どうしても子どもたちといっしょにいる時間の多いのは妻なんだけど、在宅で仕事をしているため、逆に「してもらいたいお手伝いがない」と言うのだ。

000030mpl.jpg


 家事などは仕事の合間に自分でやったほうが早いしエラーも少ない。それなのに、ペコを与えるため、ムリヤリ、してほしくもないお手伝いをでっちあげる作業に時間を取られるのが苦痛なのだという理屈である。

 かといって彼らは積極的に仕事を見つけてこなすタイプでもないため、オロチ家のゲーム通貨市場は慢性的なペコ不足に陥ってしまったのだ。このままではシステムの破綻や暴動が起こりかねない。麻生さんみたいに定額給付ペコとか言ってばら撒こうか……




<ヘンな趣味>

 ところで、私にはファミコン集め以外にもヘンな趣味があった。

 きっかけは全国に500店舗以上を展開する大手不動産チェーンのHouseDo。その広告塔をしているのが元ヤクルトの古田選手である。うちの地域にも店舗があるらしく、そこがやたら広告を入れて来くるのだ。毎日毎日ポストへねじ込まれるHouseDoの広告に嫌気がさしていた私は、自らのコレクター根性を活用する妙案をひねり出したのだった。

6778a46e.jpg
 ※HouseDoの広告(イメージ)

 広告から古田選手を切り取って集めてみようと考えたのだ。さっそくやってみると最初のころは面白かった。日に日に集まってくる古田選手には様々なバージョン違いがありマニア心をくすぐられたものだ。しかし元来、セもパもわからない野球音痴である。言うまでもなく、往年の古田ファンでも何でもないため、いつしか、その趣味は気が向いたときにやる程度のものになっていたのだ。

 そんなある日――
 仕事から帰ると妻が開口一番「どうにかして」とご立腹。

 なんでも下の息子がとうとう“ペコなし”になってしまったらしく、ゲームがしたくてリビングで泣きわめいているんだとか。下の息子はそうなると死んでも言うことを聞かない。子育て経験者ならこれが「比喩ではない」ことを理解してくれるだろう。子どもというのは本当に「死んでも」言うことを聞かない“無敵モード”に突入することがあるのだ。

dadakone.jpg


 さて、どうしたものか。さっさと着替えを終えた私は、泣きわめく息子の姿を見止めつつ、ふとパソコン台の片隅に目をやった。そこには長いこと放置されていたHouseDoの広告の束が……

 そうか、これだ!

 「おい、(下の息子)……
 今からお父さんといっしょにフルタを切らないか?」




<メガネの救世主>

 我が家に新通貨「フルタ」が誕生した瞬間である!
 
huruta032.jpg
 ※オロチのフルタコレクション 

 それからと言うもの、子どもたちと私はダイヤモンドの採掘業者と買取業者みたいな関係になった。

 相場はだいたい「大フルタ×1=中フルタ×2=小フルタ×5=1ペコ」である。子どもたちは意外と抜け目がなく、どこかの店舗写真にたまたま映り込んでいた米粒くらいのフルタを切って来たときは感心すらしたものだ。他にも「指さしフルタ」や「考えるフルタ」など、あまり見なかけないレアフルタを採って来たときに、ついついペコをはずんでしまうのはコレクターの悲しい性。

huruta052.jpg
 ※どこかの店舗の従業員の集合写真にたまたま写り込んでこんでいた古田選手の姿を切り取った通称「背後霊フルタ」(右上)と、子どもたちが一生懸命、切り取った1cm以下のミニフルタたち。


 家族でどこかへ車で出かけたときだったか――
 子どもたちが通り沿いにHouseDoの大きな看板を見つけ「フルタだ」「フルタだ」と大はしゃぎ。「ねえ、お父さん、あの看板は何ペコ?」と聞いてくるもんだから「百万ペコ」とか適当に答えてやったら「すげえ!」とか言って狂ったように大歓喜するのだ。傍から見れば古田選手の大ファン一家だと思われるだろうが、唯一野球に詳しいうちの妻はむしろバリバリの中日ファンであった(笑)

hausudotoukaiten0.jpg
 ※通り沿いによく見かける看板(イメージ)

 なにはともあれ、こうして我が家の通貨危機は古田選手が救ってくれたのだ。これもひとつの巡り合わせなのだろう。私がヤクルトを浴びるほど感謝しているのは言うまでもない。

 ありがとう、HouseDo!



orotima-ku1.pngそっちかい!



天に向かってつば九郎(1) (ワイドKC 月刊少年シリウス)天に向かってつば九郎(2) (ワイドKC 月刊少年シリウス)

息子とゲーセンで「スト2」やろうとしたら試練の連続だった件


<万感の思い>

 『スト2』と出会い、『龍虎の拳』の乱舞技に慄き、『サムスピ』の真剣勝負に憧れ、『バーチャファイター』の出現に目を輝かせ、『ヴァンパイア』のグラフィックに魅せられ、『KOF』のチーム戦に白熱し、『鉄拳』のコンボを必死になって憶えた遠い日々――

sutotu-dasshupce01.jpg

 私の格闘ゲーム熱が再燃したのは一昨年のことだった。

 軽い気持ちで買ってみたPCエンジンで『スト2’』と再会して以来、ゲームライフに再び『スト2』の名が浮上したのだ。その後の地道な布教活動(?)のおかげで、子どもたちも格闘ゲームが大好きになってくれた。

 参照記事:かわいい子にはレトロゲームをさせたほうがいい理由 その4

 すると嬉しいことがあったのだ。上の息子の友達が親にスイッチを買ってもらったらしいのだがソフトは何がいいか聞かれ迷わず「格闘ゲーム」と答えたそうな。結局、NEOGEOアケアカの『KOF』シリーズの何かを買ってもらったらしいのだが、その理由が、オロチ家でおこなったゲーム合宿で格闘ゲームが好きになったからと言うではないか……

 今の時代、わざわざPCエンジンで『スト2’』やるなんてバカげてるなって正直、自分でも思っていたけど、そんな彼の話を妻から聞いたとき、なんだかこのバカげた行為が報われたような気がして、万感の思いがあったのだ(笑)



<カルチャーショック>

 かくいう我が家では下の息子のほうが『スト2』にハマっている。どうせなら本場の『スト2』の迫力を体験させてやろうと、家から一番近いといっても車で数十分のゲーセンへ連れ出したのは去年の夏頃のことだった。イオンに入ってるようなファミリーゲーセンじゃなくて、ガチなほうへ行くのは何年振りだろうか――

 心弾ませ、いざ薄暗い建物へ入ってみると
 『スト2』のスの字もねえ!

 それどころか見慣れたビデオゲーム筐体がまったくねえ。あるのはやたら派手派手しい専用筐体ばかりだったのだ。ゲーセンに通わなくなって10年以上経ってるとはいえ、カルチャーショック受けまくり状態。




 結局、3周グルグルしてから、たまたま息子が指さした『DFF』なるゲームに挑戦。ところが100円を入れてもウンともスンとも言わないのだ。操縦桿みたいなコントローラの押せるボタンは全部押した。ダメだこりゃあ、飲まれたなと……



<ようやく起動>

 仕方なく店員さんを呼びに行くもカウンターに「外出中」の立札が。トボトボと戻っているとき、ふと手にしたスマホを見てひらめいのだ。もしかして画面をタッチするのかなって。息子が待つ筐体へと戻った私は、おそるおそる画面に手を伸ばした。ゲーセン特有のガチャガチャした騒音が背中で渦を巻く……
 
 タッチ。
 するとジャーンとかいって普通にゲームが起動(笑)



 たぶん「TOUCH SCREEN」みたいなことが画面のどこかに書いてあったと思うんだけどどこかボタンを押せばスタートするだろうという先入観が、私の目を曇らせていたらしい。やることなすことカルチャーショックさんの思うツボである(笑)

 正直、そのゲームの内容はあまり憶えてない。息子が楽しそうにしていたので、それで満足だった。ただしそのあと、さらに遠いゲーセンへ向かうハメになったのは言うまでもない。



<試練、また試練>

 だいぶ予定にない遠出をしてしまった――

 そのゲーセンはさらに車で数十分の場所に位置していた。店内へ入ると無事、6台の対戦筐体がありホッと胸をなでおろす。しかしよく見ると様子がおかしい。なんと今度は「NESiCA」とかいう1つの筐体に複数のゲームが入った謎のシステムが目の前に立ちはだかったのだ!


nesika.jpg
 サムネイル画像:nesica.net

 おお、神よ。あなたはただゲーセンで『スト2』がしたいだけの親子に、なぜ、これほどまでに試練をお与えくださるのですか……

 私は、ぼーっと見ているしかなかった。

 ひとつの筐体に複数のゲームが入ってるおかげで、特定のインスト(技表)しか掲示されておらず、『スト2』のインストが見当たらないのである。普通「インストがない=入ってない」と思うじゃないか。でも、このまますごすごと帰ったら何のための遠出だろうか。意を決して100円玉を投入。すると迷いながらも奇跡的に『スト2』にたどり着いたではないか。やったぞ。父ちゃんはやったぞ!



<プレイスタイル>

 さっそく意気揚々とプレイを開始。
 どうやら息子はルチャドールのエル・フォルテが気に入ったらしい。

 当然、必殺技なんか出せないから、ひたすら通常技を連打するだけなんだけど、嬉しそうにキャッキャ言いながらプレイするのかと思いきや、まるで殺し屋のような目をして鬼気迫るプレイをしてる姿に「これはまだ早かったやつかな」とさすがに心配になった(笑)

 しかし、プレイが終わると「もう1回やる!」と満面の笑み。
 楽しいならそれでいいのだ。


 ※現在、最新のスト2シリーズ

 ところで、さっきから私はスト2、スト2、言ってるが、正確に言うとプレイしたのは『ウルトラストリートファイター4』である。ストリートファイターシリーズはその後『V』を発表したが、アーケードでは稼働していないという。



orotima-ku1.png下の息子は、いまだにベガのことを
お巡りさんって呼んでるよ!


PCエンジンDUO入手もまさかの不良!! どうなってるの!?


 とある記事のためにPCエンジンDUOを探して名古屋のレトロゲーム街・大須へ。某店で動作品(裸)を入手したまでは良かったんだけど……

duo202.jpg

 家に帰って、いざ、電源ケーブルとAVケーブルをつないでも、ウンともスンとも言わない。

 よく見たら電源スイッチがONのままじゃないか!

duo201.jpg

 OFFにしようとしても硬くて動かず。

 かと言っても、動作してる様子もない。すぐに購入した店に電話したら「持ってきてくれたら対応する」とのこと。保障期間内だったのがせめてもの救いか。しかし貴重な休日がまたつぶれるのは痛い。こんなことなら買ったときに動作確認してもらうべきだった……



orotima-ku1.png動作品
 書いてあっても
  要チェック


ネオジオの看板をもらい損ねた話


 ものすごい後悔。

 先日、とある老舗ホビーショップの前を通りがかったとき、店頭に吊り下がっていたネオジオの看板がないことに気がづきました。蛍光灯が中に入った白地の看板で、ネオジオのマークの下に「レンタル契約店」みたいなことが記載されていたシンプルなものでした。

 そのお店はずいぶん前にゲームセンターをやっていた時期があって、今はとっくにやめていたので、機会があれば譲ってもらおうかなと考えていたのです。ただ、その店主さんとは知らない仲ではないのですが、いきなり「看板が欲しい」なんて言われたらきっと嫌な感じするだろうなと思って、なかなか言い出せずにいたのです……

neogeo_logo.jpg

 しかし、どう見ても、いつもぶら下がってた看板の姿がありません。

 僕は慌てて店に飛び込み、店主さんに話を聞きました。すると「邪魔だったので外した」って言うじゃないですか。なんでも、間違えて店に来るひとがいるんだとか。もしかして捨てちゃったんですかと聞いたら「その日のうちの処分した」と……

 ぐおぉっ!
 思わず頭を抱える。すると店主さんがさらに言葉を続けました。
 
 「あんなもの、欲しいひとがいるんだ……」

 ぐおおおぉぉぉっっっ!!!
 もう、そのあとの記憶はありません。たぶん、挨拶もままならずフラフラと店を出たと思います。半年くらい前に店に行ったとき、一声かけておけば良かった。ただただそれだけです。家に帰って枕に顔をうずめました。

 まあ、パチンコで10万スったとか、株で100万スッたとか、そういう話じゃないんだからと自分に言い聞かせて、なんとか今は平気ですが、お金なんか稼げばいい。でも看板は二度と戻らない。そう思うと悔し過ぎて、枕、枕……



orotima-ku1.pngやった後悔より
やらない後悔のほうが大きい


オロチのレトロゲーム遠征記2017 大阪篇(3)


<またまたトラブル発生!?>

 時刻は16時20分頃――

 ベラボーさん、まがり先生、オロチの3人組が日本橋レトロゲーム巡りを終え、たまたま入ったラーメン屋で事件は起こった。オロチのラーメンだけ、なぜかまったく出て来ないのだ。超人タッグ編のときのケンダマンみたいに大暴れしてやろうかと思ったが、そういうイキったことするのは乱入超人だけと相場は決まっている。

 やがてオーダーが通ってないことが判明し、店長らしきひとが顔をゆがませながら謝ってきたものの、初期のキン肉マンゼブラのように紳士的対応でやり過ごした。



<低評価が故の希少価値>

 17時過ぎになって――
 カクヨムという投稿サイトで、低評価ゲーム実況配信者で知られる模範的工作員同志さん(@KgPravda)が連載していた小説「ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム」の出版記念イベントが行われる会場へ到着した。
 もちろん読んでいるし、なんなら僕が自作小説を投稿したのは、この小説に影響されたからなんだけど、僕の小説を読んで下さった方から「何が言いたいのかさっぱりわからない」というストレートな感想を頂き、撃沈したのはいい思い出(笑)

vgnn02.jpg
 ※中国で公にクソゲーの烙印を押されてしまったという伝説のゲーム「血獅」

 イベント会場には工作員さんが持ち込んだ世界に名だたる低評価ゲームが並べられていた。低評価だからと言ってもあなどるなかれ。中にはその評価が故、まったく市場に出回らず、逆に希少品になってしまったソフトもあるのだ。


vgnn03.jpg
 ※このブログでも何度か紹介したことのある『E.T.』。生ごみ臭がするということで嗅がせてもらったが……

 18時になって――
 いよいよイベントが始まった。内容は工作員さんがいかにして世界の低評価ゲームを手に入れたかという話や、小説の題材になったあれやこれ、そしてツイッターで募集した未来ゲームのアイデア紹介など多岐にわたり、なんだかとてつもないエネルギーを大量に浴びせられたような感覚に陥り、思わずビールを何度も注文してしまった。

ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム
 ※赤野工作著「ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム」

 午前中に行った「レトロゲーム展示会」に溢れていたエネルギーとは、まったく周波数の違う、混沌としたエネルギーである。

vgnn01.jpg
 ※僕が一番気になったのは韓国製の『Tomak』(中央)。鉢植えの生首を愛するゲームだそうだ。そんだそれ。

 意外だと思ったのは工作員さんが「寝言がたまたま小説になった」と謙遜?しつつも、実は入念に取材しているということ。やはり地道な努力なんだなあ。
 そして、ツイッター投稿にツッコミを入れているときの学識の高さもさることながら、なるべく失礼にならないようにイジるという“優しさ”にも驚いた。もっとエキセントリックな人物だと勝手に思っていたので(笑)



<猛者たちと囲むテーブル>

 21時過ぎ――
 弱いくせに飲み過ぎたので、イベントが終わると同時にコンビニへ駆け込みソルマックを一気飲み。トボトボと繁華街を一周して戻ってくると打ち上げに参加させてもらうことになった。道すがら、鬼太郎の同人誌で知られる目目連さん(@mokumokuren)と話をする。

vgnn04.jpg
 ※急遽、並べられることになった『Cheetahmen II』。存在すること自体が奇跡とまで言われる幻のゲームソフトの登場に会場がどよめいた。

 『Cheetahmen II』を持ち込んで工作員さんに「主役を食うな」とまで言わしめたのは、何を隠そうこの方だったのだ。流れで打ち上げの席も隣に座らせてもらったが、ものすごい気配りの効く紳士であり、それでいて、どんなマニアックな話題にも大きくうなずき、会話を弾ませることのできる知識の深さを横目で見ていて、この方は只者ではないと思った。中でもパーティジョイの話はとても印象に残っている。

 そして僕の向いに座っていたのは、なんと、アタリショック研究の第一人者loderunさん‏(@loderun)。もちろんお会いするのは初めてだったが、お互いネットでは昔から知っていたので大きく握手。物静かな哲学者といった雰囲気を漂わせていた。

 その他、テーブルで同じになった方はどなたもそうそうたる人物ばかりで、僕は話を聞くだけで精一杯。結局はビールをお代わりするしかなく余計に酔っぱらってしまったのだ。
 


<思わず酔いがさめた大発見>

 真夜中――
 てんこ盛りだった大阪の一日もいよいよクライマックス。打ち上げが終わって、ベラボーさんと、同じくイベントに参加していた著書『ファミコンクエスト』で知られる冨島宏樹さん(@Tomishima_h)と某所でぐったり休憩。富島さんはゲームに対する知的好奇心を静かに湛えた思慮深いお方だった。

ファミコンクエスト

 昼に行った兎月堂書店の話になり、そこでゲットした戦利品を2人に見せていたら、その中の雑誌のひとつをペラペラめくっていた富島さんが「おおっ」と声を上げた。そこにはファミコンを勝手に自主制作してしまったという人物のインタビュー記事が載っていたのだが、なんとそれが知る人ぞ知る、正体不明のファミコンソフト……
 
 あの、藤屋ファミカセシリーズのことだったのだ!

hujiyafamikase01.jpg
 ※インタビュー記事の一部

 ググっても麟閣さんのサイトか、当ブログの7年前の記事ぐらいしか出てこず、いまだにほとんど何も判明していない暗黒のファミコンソフトである。その雑誌には3ページにも渡り、その人物のことが特集されてたのだ。思わぬ大発見に酔いと眠気が吹っ飛ぶ。

 このインタビュー資料については近いうちに記事にさせてもらうつもりだ。



<まとめ>

 振り返ると、トラブル続きの朝から始まって、業務用3DO本体やポーランドのゲーム機などゲーマーはおろかコレクターですら見たことないゲーム機が、これでもかと置いてあるディープな展示会で目がくらみ、スーパーポテトでは我がサイトが初出である謎のファミコンカセット『シュネッツ』と奇跡の対面、穴場の本屋さんで「ゲーム必勝ガイド」創刊号など珍しいレトロゲーム雑誌を夢中で買い漁り、中国の伝説のゲーム『血獅』やATARIの『E.T.』など、希少な世界の低評価ゲームソフトが一堂に会するイベントに酔いしれ、骨董品扱いの『Cheetahmen II』を拝み、打ち上げ会場ではひたすらマニアックな会話と北京ダックを味わい、真夜中に『藤屋ファミカセシリーズ』をつくった人物のインタビュー記事を発見し、目が覚めちゃってまったく眠れないという……
 
 吐き気がするほど濃厚な大阪の一日でした(笑)

magarisennseisain.jpg
 ※まがりひろあき先生に頂いたサイン

 書き漏らしたことがたくさんあると思うけど、キリがないのでこのへんでしめたいと思います。

 こんな素敵な旅を全面プロデュースしてくださったベラボーさんをはじめ、楽しいレトロゲームショップ巡りをごいっしょできたまがり先生、お会いできたすべての方々に、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。大阪最高でした!


オロチのレトロゲーム遠征記2017 
大阪篇(1)
大阪篇(2)
大阪篇(3)



【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR