小学1年生の息子に「ボンバーマン」で負けました


 愛する息子へ――

 君が初めてファミコンをやったのは3才のときでしたね。まだ十字ボタンの意味がわからず、君のマリオは、ほぼその場でジャンプするだけだったことをよく憶えています。
 ちょうどその後日、高橋名人に会う機会があって、3才の息子にファミコンデビューさせたことを報告したら「まだ早いよ」って怒られたっけ(笑)

 お父さんは仕事でぜんぜん家におらず、お母さんもケーキ屋さんで忙しかったから、君は早くもiPadでyoutubeを見ることを憶えましたね。3才にして音声入力を自在にあやつっている姿を見たときは驚愕しました。

 ファミコンバカ親父は、たまに君と遊ぶときも決まってファミコン。「子どもと遊ぶ」という大義名分を盾に、結局はただ自分がファミコンをやってるだけだったけど、それでも君は横でキャッキャ言いながら笑ってましたね。

 その頃の君は絵に描いたような暴れん坊で、あたりを走り回ってはすれ違った友達を全員ラリアットでなぎ倒すような子どもでした。おかげでお母さんは野球部員でもないのに、常に滑り込みしてたって聞いています。(君を止めるため)


 そんな君も、アパートから引っ越したり、弟が生まれたり、保育園に入ったりして、だいぶ落ち着きましたね。お母さんが冗談で「ファミコンばっかりやってるお父さんは山に捨てる」って言ったら、「お父さんを山に捨てないで!」って泣きながら反対してくれたときは、心の優しい子に育ってくれたなあと思ったんだよ。

bonba-man000.jpg
 ※息子が保育園の年少さんのときに描いた絵

 あの頃はいっしょに色んなファミコンソフトをやりましたね。保育園で描いてくれたお父さんの似顔絵は今でも大切に取ってあります。君はスーパーマリオも好きだったけど、ロックマンも大好きでしたね。

 職場から、くたくたになりながら家に帰って来ると、いつも君は「ねえ、お父さん、ロックマンやって!」って言ってきましたね。正直言って『ロックマン』は真剣にやると仕事より疲れるんだよ。それでもお父さんはバカだから全力でプレイしちゃって「敵なんかいちいち倒すな」とか「アイスマンにはエレキ攻撃だ」とか、熱血指導してましたね。

 その昔、お父さんは、まだ結婚する前のお母さんといっしょに『テトリス』をやったとき、ついつい熱血指導しちゃってお母さんを泣かしちゃったことがあるんだよ。人ってそう簡単に変われないんだね。一方、そんな女の子女の子してたお母さんは、ずいぶん変わってしまったけどね!

ロックマン E缶 刺繍PATCH


 年中さんになった君はいつの間にか、ひとりでもファミコンを遊べるようになって、毎日毎日『ロックマン』をやってましたね。仕事から帰るといつも「今日はどこどこまで行った」「今日はだれだれを倒した」って教えてくれてたっけ。たまに君のプレイを見ることもあったけど、ファミコンバカ親父はあいかわらず「そんなところでE缶を使うな!」とか言うばかりでしたね。

 ときどき君は親戚のうちに預けられていましたね。そのとき、いつもそこの年上のお兄ちゃんたちとwiiのマリオを遊んでいたけど、「ヘタクソ」とか「コノヤロウ」とかボロクソ言われながらも(小さい子はゲームやると口が悪くなるよね)、必死になってお兄ちゃんたちについていく君の姿を見て、たまに迎えに行っていたお父さんは苦々しく思いながらも、黙って見守っていたんだよ。

 そんなある日、君は友達のうちで「(息子)くんはファミコンしかできないから」って言われて『スーパーマリオメーカー』をやらせてもらえず泣いていたという話を聞きました。結果的に君は友達に一目置かれる存在になったのだけど、お父さんがファミコンバカ親父だったせいで、君を悲しませていたんだね。

スーパーマリオメーカー』をやらせてもらえなかった息子の話

スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS 【Amazon.co.jp限定】オリジナルキーホルダー


 その年のクリスマスに君は念願の『スーパーマリオメーカー』を手に入れて、飛びあがって喜んでましたね。サンタさんは清水の舞台から飛び降りたきり上がって来れないらしいけど(笑)、きっと後悔してないと思います。

 それから君は毎日のように机の下とか、ソファーと壁の間とか、せまい場所に潜り込んで『スーパーマリオメーカー』の世界を冒険していましたね(前世が猫なのかな)。小さいときにマスターした音声入力を駆使して、本当の意味で『スーパーマリオメーカー』を使いこなしていたときなんか、さすがのお父さんも赤面したよ。

本当の意味で『マリオメーカー』を使いこなしていた息子の話


 その頃、お父さんは君といっしょにファミコンを遊ぶ機会が減ってしまったけど、君はWiiUもファミコンも同じくらい遊んでくれていたらしいですね。

 そんなある日、ファミコンバカ親父が何を思ったか「PCエンジン買ったぞー!」ってハイテンションで帰ってきたときは、さぞかし驚いたでしょうね。なんたって今は2016年だから。でも、それから1か月もしないうちに100本くらいPCエンジンのソフトをかき集めてきて、さらにびっくりしたんじゃないでしょうか。何度も言うけど今は2016年なんだよ(笑)

PCenjinsohuto001.jpg
※ オロチのPCエンジンコレクション (詳細はこちら
 

 でも君はすぐにPCエンジンにもハマってくれて、友達を家に呼んでストII大会やボンバーマン大会をするようになりましたね。お父さんはレトロゲーマーの端くれとして、そんな君たちの姿を誇らしげに思ってるんだよ。

sutotudassh2.jpg
※ ストII大会をする息子たち (詳細はこちら


 その頃から我が家はファミコン、PCエンジン、メガドライブ(実は前から持ってた)、WiiUの4ハード体勢になりましたね。君はマリオと同じくらいソニックも好きだけど、一番好きなソフトはなぜか『鮫!鮫!鮫!』でした(笑) 
 メガドライブといえばこんな事件(というほどでもないけど)もありましたね……

嫁にメガドライブ『大魔界村』をやらせてみた結果……


 月日が流れ、小学校にあがった君は今『マインクラフト』に夢中ですね。

 何回か、やり方教えてって言われたけど、お父さんにはちんぷんかんぷんで、何も教えてあげられませんでした。でも君はyoutubeで動画を探して、見よう見まねで、いつの間にかやり方を憶えてましたね。それって“勉強”って言うんだよ。学校の授業もゲームも同じなんだよ。好きなことだったら誰だって勉強してるんだ。

 お父さんはここ最近、仕事でめっきり疲れていて、君の「ねえ、お父さん、ファミコンやって!」の声に応えられないことを、本当は心苦しく思っています。やる気が起きないのは年のせいなのかな。お父さんは目の筋肉が老化したのか、外が眩しすぎてサングラスがないと車が運転できないようになっちゃいました。
 子どもの頃、いつもサングラスかけてるおっさんを、よく見かけたけど、あれは格好をつけてるんじゃなくて、わりと切実な理由だったんだって、やっと気付いたよ(笑)

 ――

 そして先日、君はずっと念願だった、お父さんと、お母さんと、弟くんと、4人で『ボンバーマン』を対戦することができましたね。でもね、4人で『ボンバーマン』をやるのはお父さんの子どもの頃からの夢でもあったんだよ。お父さんはファミコン買ってもらったのが遅かったからPCエンジンまで欲しいって言えなかったんだ。ファミコンの『ボンバーマン2』は最高でも3P対戦だったからね。

 君と『ボンバーマン』を対戦したのは2年ぶりくらいかな。ずいぶんやってなかったね。あのときはファミコン版で、お父さんと、お母さんと、君の3P対戦でした。当時、お父さんは一強で、はさみ討ち、閉じ込め、時間差攻撃、思いつく限りのあらゆる手段を尽くして無双していたのをよく憶えています(笑)

ボンバーマン93 【PCエンジン】


 でも今回は違いました。

 手を抜いていたせいかな!?
 仕方ない本気だすか……
 ……
 あれ、おかしいな……
 まあ、ブランクがあるからね。
 ……
 おいおい爆弾、蹴れるとか、卑怯だろ!
 ……
 ワープって意味不明なんですけどー!?
 なんだこの動く床は!
 ……
 こんなんだったっけ、PCエンジンのボンバーマン……


bonnba-man93shouri.png

 気づいたら君のボンバーマンは胴上げされてましたね。それからお父さんは何戦しても君に勝てませんでした。いったい君はどれだけ友達とボンバーマン大会を開いていたのかな。


 いつかこんな日が来るとは思っていましたけど……

 あまりに早すぎませんか?


 こういう日が来たとき親父はうれしいものだとよく言うけれど、正直に言っていいかな。お父さんは、これっぽっちもうれしくありませんでした。ただただ悔しくて、悔しくて仕方ありませんした。

 最後に泣きの3本勝負でなんとか勝ち越したお父さんは「このヘタレどもめ!」と全力で勝ち誇ってましたね。お母さんは呆れてたけど、そのとき弟くんが絶妙な間で「アホ」って言って、みんなで顔合わせて大笑いしたっけ。(親に向かってアホとは何だ!)


 でもね、アホになれるって、素敵なことなんだよ。

 大人になっても、好きなことに全力でアホになれる。とことんバカになれるってことは、人生に余裕があるってことなんだ。それは、ほんのちょっとの時間的余裕だったり、ほんのちょっとの金銭的余裕だったりするけれど、一番大切なのは心の余裕なんだと思います。
 逆に言うとさ、好きなことに全力でバカになれない人生のなんとつまらないことか!


 お父さんなんか誰よりもバカだったから、ファミコンサイトを20年もやってるんだよ。それは世間からしたら大したことないことかもしれないけど、お父さんはこのサイトを誇りに思ってるし、いつも遊びに来てくれるひとたちや、たまーに読んでくれてるひとたち、みんなの存在がすごく励みになっているんだよ。

 だから君にも見つけて欲しいんだ。何でもいいから思いっきりバカになれることを。お父さんはそのためならファミコンを全部捨ててもいいと思ってるよ。(ごめんウソついた)

 それじゃあ、また対戦しようね。今度は絶対に負けねえぞ!

 ファミコンバカ親父より。

息子と『ポケモンGO』ならぬ“カブトムシGO”したら大変なことになった


 ※虫嫌いのひとは要注意なエントリーです。

 今朝、仕事が午後からだったので息子(小学校は夏休み)とカブトムシを取りに行ったんです。『ポケモンGO』ならぬ“カブトムシGO”ってやつですよ。近所にちょっとした森があって、そこは地元のコミュニティが管理してる誰でも入っていい場所なので、気軽に段ボール(虫かごがなかったので)持って行ったんですよ。

 そしたら、もう大変なことになってたんです。

 こちら↓

kabutomusigo.jpg
 大量のカブトムシに驚く息子。※画像クリックで拡大します

 カブトムシ、多すぎでしょ!(笑)
 こんなところでルアーモジュール使ったん誰やねん!

 1本の木に少なくとも5、60匹くらいいたでしょうか。調べたら、なんか、愛知県稲沢市でカブトムシが大量発生してるってニュースがやってたみたいですよ。いやいや、稲沢じゃないけど、ここも大変だよ。愛知県やばいっす。
 
 とりあえず息子に「10匹までだぞ」と言って捕まえさせました。

 っていうか、カブトムシよりも蚊が多すぎ。虫よけスプレーしたけど、刺されまくりですよ。なんか知らんけど、上からカブトムシ落ちてくるし。何もしなくても段ボールの中に落ちて来るもんだから息子は大喜びです。
 でも、勇んで家にカブトムシ10匹持って帰ったら、嫁さんは大激怒でした。いやいや、これでも抑えたほうなんだよ。なんて言い分は通じず。返してきて!って、当然だわな。そりゃあ、みんな『ポケモンGO』やるわ(笑)


 ということで以下、気になるポケモン記事の紹介です。

任天堂、ポケモンGO Plus発売を9月へ延期。 (engadget)
 みすみす、絶好の機会を逃すのか……

伊勢神宮とポケモンGO禁止には300年の歴史がある (orangestarの雑記)
 へーえ

『ポケモンGO』の収益構造と任天堂の取り分について試算と解説をしてみました (さよなら、憂鬱な木曜日)
 お勉強。

初代『ポケットモンスター』と「ポケモンGO」、2つの熱狂の共通点とは?
 ポケモンGOは昆虫採集だって? リアルにやっとるわ!

新聞に掲載されたポケモンGOの捕獲画面が意図的過ぎるのではと話題に (togetter)
 駅のホーム際に出現したポケモンを意図的に撮影。こりゃひどい。

ポケモンGOに見た、「岩田イズム」の継承と希薄化 (ITpro)
 ゲームの遊びすぎを抑止する配慮。なるほど。



 よーし、でっかい虫かご買ってこよっと。(←ぜんぜん懲りないやつ)



ぼくのなつやすみぼくのなつやすみ

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2000-06-22
売り上げランキング : 2938

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

PCエンジン名作『ガンヘッド』を入手したときのちょっとした話


 最近、レトロゲーム屋さん巡りを再開してるオロチです。

 ファミコン完品コンプリートを目指して、ソフトのみ所有してるファミコンソフトの完品を1000円以内で見つけたら問答無用で買い直すというルールを課してやっております。まあ最近は1500円くらいまでセーフになっちゃってますが……
 
 昨日は大須の老舗レトロゲームショップ「K・HOUSE」へ行きました。僕が学生のときからあるからものすごい老舗です。ここには前からPCエンジン『ガンヘッド』が置いてあって、何を隠そう『ガンヘッド』は僕がこの前、遅まきながらPCエンジンデビューしたときに、皆さんから薦められたランキング1位のソフトで、1位になったソフトは「絶対買う」と約束してたんです。

 参考記事:PCエンジン買ったら「これだけはやっとけ!」ランキング2016

ganhead0003.jpg
 写真はなぜかハイファイ堂がメインですが、そのとなりの店舗です(笑)

 しかし『ガンヘッド』の完品の相場は5000円以上。なかなか手が出ないなあと思っていたら、この店ではソフトのみで2800円でした。そりゃあ、できれば完品が良かったんですけど、早くプレイしたい気持ちがあったので裸でもいいやと思ってずっと目をつけてたんです。しかしそれでも1本3000円前後の出費は、ずいぶん悩みました。

 不思議なもんで。飲み代なんかだとホイホイ出せる金額なのにね……


 さんざん悩んだ挙句、ひとまずファミコンソフトを3本くらい買ったら「300円off券」をもらいました。

 券には「翌日から有効」と書いてある。次回、いつ来れるかなあ。なんて思いつつ、スーパーポテトやMEIKOYAでもファミコンソフトをいくつか買って一旦、車に荷物を置きました。すると僕は再びK・HOUSEへ舞い戻ってたんです。なぜかっていうと、そのとき、こう思ったんですね。

 そういえば、長い長いレトロゲーム人生の中で、買わずに後悔したことはいくらでもあるけど、買って後悔したことは1度もないなって。
 
 そう考えると買わない理由なんてどこにもありませんでした。僕は一目散に『ガンヘッド』を手に取ると勇んでレジへ。すると店長さんが意外なことを言ってくれたんです。

 「さっきの券、使っていいよ」

 「翌日から有効じゃないんですか」って聞くと、「いいよ、いいよ」って言ってくれました。こっちは、もうその値段に納得してレジに持って行ったんです。そのままピッて会計すればいいじゃないですか。なのに、わざわざそんなこと言ってくれるなんて、僕がよっぽど迷ってたんだなあ(笑)

 そう考えると恥ずかしいやら嬉しいやら。とにかく無事に『ガンヘッド』を入手できたわけです。

 わずか数百円のことですけど、こういうのは値段じゃないんですね。その気持ちが嬉しいじゃないですか。僕はそのとき、今日もレトロゲーム屋さん巡りして良かったなあって心から思ったし、また何か欲しいソフトがあったら必ずこの店に来ようって思いましたよ。

 ganhead0001.jpg

 おかげで、別の店で『R-TYPE』も買っちゃったし(笑)



ガンヘッド 【PCエンジン】ガンヘッド 【PCエンジン】

ハドソン 1989-07-07
売り上げランキング : 12476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東京レトロゲームの旅2016 秋葉原・中野に行ってきた雑感


 18日に池袋で友人の結婚式があり、前日の17日から前のりで上京した。

 初日――
 名古屋を出たのが10時過ぎで、東京へ到着したのは12時過ぎ。そのまま秋葉原へ直行した。秋葉原は3年ぶりくらいだろうか。本当は朝から「駄菓子屋ゲーム博物館」へ行きたかったのだけど、家を出る前にゴミ出しやら子どもの送りやらしていたら結局は出発が遅れてしまった(笑)

 13時前には秋葉原に到着。コインロッカーに荷物を預ける。ここで重大なミスに気づく。よく考えたら事前にまったく下調べしてなかった!

 2016年現在、秋葉原にどんなレトロゲームショップがあるのか。まったく調べて来なかったのである。うかつだった。かつてファミコンを探し回っていたころ、僕はいつも行き当たりばったりだったので悪いくせが出たな。

 とりあえず最初に思いついたのがBEEPだったのでスマホ検索で場所を調べて向かうも、なぜかたどり着いたのはフレンズだった。その昔、ここで『囲碁名鑑』を購入したとき、店員さんに「おめでとうございます」と言われたのはいい思い出……
 当時、ファミコン集めの最初に訪れる壁は「囲碁の壁」だった。『囲碁名鑑』はその中でもトップクラスの絶壁だったのだ。聞くと、ちょうど今、入荷したばかりだったという。運が良かった。それらのすべての背景を、たった一言であらわすと「おめでとうございます」だったのだ。こういう店員さんとマニアの分かり合っているやりとりってのは、バイト店員が対応するチェーン店が多い現代では味わえないのかもしれない。当時は店頭で値引き交渉も普通にやってたもんね(それは僕だけかな)。
 しかし今は思い出にひたってる時間はあまりない。さっそくファミコン漁りを開始。昔より品揃えがさみしくなった印象を受けた。

rea06.jpg

 僕は今、ファミコンソフトの完品コンプリートを目指しているので、箱説を持ってないカセットリストってのをスマホに入れてるわけだけど、それを確認していたら「スマホ禁止」の張り紙が目に飛び込んできて慌てた。今度からプリントアウトして来よう……
 
 次にトレーダーレトロげーむキャンプなど巡る。カセット1本1本が厳重にケースに入れられている陳列は名古屋では見られない光景だ。昼食後、名古屋にも進出してるスーパーポテトを見つける。店内の装飾や陳列。最上階にレトロゲームセンターがあるなど雰囲気づくりは抜群だった。女性や海外の方もたくさんいた。

 そしてついにBEEPを発見。しかし、こんな看板が……

akibahakara03.jpg

 本日は17時からだと!?

 時刻は13時30分。途方に暮れる。ふと横を見ると駿河屋を発見。一瞬、入店を躊躇するほど、たくさんの店員さんがすごい勢いで品出しをしていた。お店自体が勢いに乗ってる感じがした。


 その後、いくつかの店を覗いたあと一区切りをつけ、何事も経験とメイド居酒屋へ。独特の雰囲気に引く。ビールに「美味しくなーれ」という呪文をかけてもらうも、やはり引く。僕が大人げなく引きすぎたのだろうか、しまいには枝豆が無言で出て来る始末。普通の居酒屋でも「枝豆でーす」ぐらいは言うだろう。そうとう引いてたんだなと反省した。

 ここで一旦、友人の結婚式が行われる池袋へ向かう。無事ホテルに到着してしばらく部屋で休憩。10%を切っていたスマホを充電させたまま、ちょっと買い物にでかけた。今思えばこの軽率な行動が運の尽きだった。

 見事、大都会のジャングルで遭難

 ホテルの場所がわからず1時間ほど池袋のまちをうろつく。住所も電話番号もわからない。コンビニに入ってタウンガイドみたいな本を開くもわからない。店員さんに聞くも、親切に対応はしてくれたがわからない。なんだかんだ言って現代人とスマホは切っても切れない関係なんだということを改めて思い知った。
 後日、嫁から「スマホショップとかでネット検索すれば良かったのに」と鋭い指摘。言葉を失った……

 結局、池袋を出たのは19時だった。再び秋葉原へ到着。BEEPへ向かう。

 地下へ降りて店舗らしくない鉄の扉をひらく。にわかにディープな世界が出現。思いのほかお客さんが多かった。レトロパソコン系の充実っぷりはさすが専門店だ。皆さんからお勧めされていたPCエンジン『ベラボーマン』他を購入。

akihakabakra07.jpg

 合計3000円以上だったのでくじを引く。飛行機からパラシュートで「1等」とか「2等」って島に降りるゲームのやつ。懐かしい。適当に押したら3等だった。店員さんが「おお!」とか驚いてるので、そうとうすごいものが当たったと思ったら有効期限が半年以内の「次回500円引き券」だった。ノリが良くていい感じのお店だ。店員さんとお客さんが非常に親しげにしゃべっている。僕自体、どこかのゲーム屋さんの常連になったことはないのだけど、なんだか、古き良き時代のマニアの店って感じがした。
 BEEPはオークションも調子良さそうだし、レトロゲーム界で今、一番注目されているお店だと思う。しかし半年以内に再び来られるかどうか……


 翌日――
 朝一に国会図書館でも行こうとと思ったけど、昨晩飲み過ぎたのか寝坊したため午前中をつぶす。友人の結婚式は11時に始まり15時頃に終わった。その足で中野ブロードウェイへ向かう。目的はもちろん「まんだらけ」だ。中野ブロードウェイはじつに7,8年ぶりだろうか。
 古本はもちろん、昭和グッズ、玩具、そしてレトロゲーム。とにかくまんだらけの底知れぬパワー“まさに日本のカルチャー”に圧倒される空間だった。

 akibahakara04.jpg
 ※写真について、撮影およびブログへの掲載OKという確認を取っております。

 ファミコンの品揃えも圧倒的。そういえば我がファミコンルームのショーケースのラインナップを長い間変えてなかったことに気づき、参考に1枚パシャリ。僕がホームページでレアソフトのコーナーを更新していた10年以上前に比べると、そのラインナップはずいぶん変わったもんだ。当たり前か。(だったら更新せい!)
 その後、トマトランドへ寄って、今回のレトロゲーム旅は終了。


 僕は今、箱説を持ってないソフトを1000円以内で発見したら問答無用で買うというルールでファミコン集めを再開しているので、何本か買ったけど当然、全部ダブリなので収穫というほどのものはない。まあ、そんなことは昔からわかっていたのだ。

akihakabakra06.jpg
 せめて袋の写真だけでも載せておきます(笑)

 これは10年前の記事にも書いたが、秋葉原に行けばたいていの物はあるけど高いのだ。それは10年前と変わっていなかったし、今後、変わることもないだろう。中野のまんだらけも同様である。
 だから僕はいつも東京に来たら自分へのお土産のつもりで買っている。その点では、改めて名古屋の優しさを感じた。(一瞬、家に帰る前に大須に寄ろうかとしたくらい(笑)


 いずれにしても今回はもともと東京のレトロゲーム文化に肌で触れ、刺激を受けに行くことが目的だったので、ほぼ達成である。反省点は下調べしていけばもっと充実したレトロゲーム旅になっていただろうってこと(初歩的過ぎる!)と、夜、疲れすぎてレトロゲームバーに行く元気がなかったことか……

 あと、ちょっとくらい高いものでも、欲しい物があったら勢いで買っちゃえ!と思って、まあまあな軍資金を用意して行ったが、僕が欲しいものは軒並み10万円オーバーでさすがに手が出なかったのが心残りだった。ちょっと前まで5,6万円だったのになあってものが多い。多い。最近のプレミアソフトの高騰化は異常な勢いだ。

 なんにせよ、勢いがあるってことは良いことだと思いたい。さあ、明日からまた、地元のゲーム屋を回るぞ!


 追記:肝心なオチを書くのを忘れていた。2日ぶりに家に帰ってファミコン部屋に入ると妙に涼しい。おかしいなと思って、ふとクーラーを見たら顔面蒼白となった。なんと、東京へ行ってる間、ずっとクーラーつけっぱなしだったのだ……

 今月の電気料金が逆に楽しみだわ!(ヤケクソ)




Beep(ビープ) 復刻版―特別付録 音楽CD2枚組 (Softbank mook)Beep(ビープ) 復刻版―特別付録 音楽CD2枚組 (Softbank mook)

ソフトバンククリエイティブ 2004-03-31
売り上げランキング : 473748

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【私事】 カクヨムにて小説『雲の靴』を公開しました! 【オロチ】


 何を思ったか、過去に描きためていた小説を加筆・修正してカクヨムにて公開しました。しかし大変、申し訳ないことにゲームは一切関係ありません(笑)

 なので、あまり大々的に宣伝はできないのですが、まあ、ここはひとつ、オロチが書いたなら読んでやろうみたいな感じで、お付き合いいただけたら幸いです。まず初めに僕が3年前くらい前に書いた『雲の靴』という公開いたしました。

kumonokutu0.jpg
 ※イメージ図

 『雲の靴』 (カクヨム)

●あらすじ
 突然、漫画を描き始めた会社員の夫(43歳)に悩む妻。彼が漫画を描き始めたきっかけは、幼い頃、ひょんなことから手に入れたスニーカーだった。それは雲に乗ることができるという“魔法の靴”らしいのだが……
 はたして彼は、なぜ漫画を描き続けるのか。その結末はいかに!?



 このタイトル、この内容で、まさかの中二病全開です(笑) お気軽に感想などお聞かせください。よろしくお願いします!
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
このブログについて
プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR