たった一人のファミコン少年タイトルGIF

ヤフオク!毎日くじで1等を当てたら地獄の1日が始まった話


<素直に喜べない男>

 長文で申し訳ないのですが、聞いて下さい。昨晩、何気なく「ヤフオク!毎日くじ」を引いてみたら、なんと1等が当たってしまったのです。

yajhilikoataro.jpg

 内容は落札額の100%がポイントで返って来る(上限は30000ポイント)というもの。

 最初は「こんなの誰にでも当たるんじゃないの」と疑っていました。ほら、よくあるじゃないですか。「おめでとうございます。1億円当たりました」みたいなやつ。そんなものに騙される僕ではありません!(笑)

 でも当選確率がちゃんと載ってるし、ネット上で実際にポイントをもらったというひともいたので、なんだかまんざらでもない気持ちになってきて、いつの間にか「落札し放題じゃん」みたいな錯覚に陥ってる男がいたんですよ……

 1等 進呈率 100%   120名様
 2等 進呈率 50%   500名様
 3等 進呈率 30%   7,000名様
 4等 進呈率 20%   211,000名様
 5等 進呈率 10%   512,100名様
 6等 進呈率 5%   上限なし

 ※公式サイトより確率表 これが本当なら物凄い確率ですやん……

 しかし最大のネックは「本日限定!」というしばりだったのです。



<そもそも、これはお得なのか?>

 当たったとき0時を回っていたのが幸いでしたが、それでもたったの24時間ですよ。さっそく僕は寝るのをあきらめ、これはと思うもの(もちろんレトロゲーム関係)を片っ端からリサーチしまくりました。でもね、そんなちょうどよく落札したいものなんて無いんですよ……

 最近、また出品されている『ベストプレープロ野球 データROM 90-Jun.』は40万円と遥かな高みだし、目をつけていたレトロゲーム関係の資料も、都合よくその日に終わってはくれません。

 そもそも、30000ポイントが返ってくるのは8月下旬であり1ヶ月という期限付きポイントなんです。つまり僕は「ヤフオクで3万円以上買い物したら、次回30000ポイント(期限付)で買い物できる権利」を獲得したってだけの話。

 そう考えると、とくに買いたかったわけじゃないものを買うのは、ヤフーさんの術中にハマってる気がしたので、ここは、いったんレトロゲームから離れ、もともと買おうと思っていた日常品を(多少、割高でも)買えばいいんじゃないかって路線へ切り替えることにしました。

 もう、すでにめんどくせえ(笑)
 無我夢中でリサーチしまくって、いつの間にか時間は深夜2時を過ぎていたでしょうか。僕はさすがに力尽きて寝てました。



<それは最初から無理ゲーだった>

 翌日――
 僕は仕事だったので職場に行きました。その日はあろうことか20時までがっつり仕事です。もうね、気が気じゃなかったですよ。空き時間になって僕は居ても立っても居られず妻へ電話しました。

「なんか欲しいものある?」

 いったい、どうしたのって話です。その日の朝は、なんかガチャガチャしてて、ゆっくり話してる時間がありませんでした。とくにかく3万円くらいで何か欲しいものを言ってくれませんか。お願いします。僕は半泣きになって、電話越しの妻へ懇願しました。「今日中に3万円以上の買い物をしなければならない」っていう謎の罰ゲームかよ(笑)

 しかもその日、僕は21時から23時までフットサルの予定を入れていました。自分のチームなので休むわけにはいきません。そうなんです。このミッション、最初から詰んでいたんですよ……

 午後になって――
 それでも僕は希望を捨てず、昼休みをリサーチに費やすことにしました。
 昨晩、リサーチした分もあります。その日のうちに落札すればいいので、即決品も視野に入れ、また、落札額は合算でもいけるので、細かいものを複数、落札するっていう手段も視野に入れ、僕は検索しまくりました。妻から「カホンが欲しい」だの「バーミックスが欲しい」だの、ご所望LINEも続々入ってきます。

 そして僕はなんとか、いろんな条件をクリアした以下の4つくらいに、候補を絞ることができました。

・スーパーファミコン本体
・PCエンジン『マジカルチェイス』
・バーミックス(ハンドミキサー)
・仕事用パソコン

 ※結局はレトロゲーム関係がノミネートされてますやん……

 いずれもフットサルの時間中か、終わった直後に締め切られるものばかりでした。



<はたして結果は?>

 ウォッチリストは(もともと入れていたのも含め)30品目くらいになったでしょうか。当然、それぞれ値段も、欲しさも違うし、下手に入札して中途半端なものを落札してしまったら面倒なことになります。なによりフットサルを仕切りながら、それらをこなすのは至難の技でした。っていうか無理(笑)

 僕は結局、フットサルが終わる23時過ぎに締め切られる『マジカルチェイス』とパソコン、この2つに賭けることにしました。『マジカルチェイス』に関しては、僕がPCエンジンデビューを果たしたとき、ツイッターでお勧めしてくださった方がいて、それ以来、機会があったらゲットしたいとずっと思っていたのです。高いけどね!(店頭では4、5万する)

PCエンジン買ったら「これだけはやっとけ!」ランキング2016

 あれは1週間くらい前かな。裏シールのない『マジカルチェイス』の完品が割安で出ていて、入札するかどうか、ハゲるほど悩んだ結果、秒読みを見届けるという失態を演じたという因縁があっただけに(案の定、2周目は早々に入札がつき、それなりの落札値になった)、是非とも今回はゲットしたいという気持ちがあったのです。

 締切時間が近づいてくるにつれ、そんな気持ちがどんどん昂っていきました。やがて僕の中で、今がその“機会”なのだという確信が芽生えました。こうなったら誰にも止められません。

 はたして、結果はどうなったのでしょうか……

マジカルチェイス
マジカルチェイス
posted with amazlet at 17.06.24
ハドソン (1990-04-06)
売り上げランキング: 49,088


 見事、パソコンをゲット!!

 一番つまらん(笑)
 しかも約2倍近くの予算オーバー。結局はヤフーさんの術中にハマる!
 もうね。なんでもいいから、ただただ落札したかった。この苦しみから解放されたかった。それだけです。とは言うものの、もともと買おうと思っていたものですし、すごい高性能っぽいし、後悔してないんだからね!(届いたものがちゃんと動けばの話ですけど……)

 ちなみに夏に入る30000ポイントは、バーミックスとかいうハンドミキサーに使って妻へプレゼントするつもりです。


 ということで、今回の教訓はあれですね。
 こういう限定物のくじを引くときは、あらかじめ欲しいものリストを用意しておくってことでしょうか。参考にして頂ければと思います。次は皆さんが当たりますように!
このエントリーをはてなブックマークに追加  

友人がPCエンジンの『ダンジョンエクスプローラー』をやるためだけに遊びに来たときの話


 先日、友人A、Bがうちへ遊びに来ました。

dannjonekusupurora01.jpg

 友人Aは会うたびに「ダンジョンエクスプローラーがやりたい」「ダンジョンエクスプローラーを見かけたら買っておいてくれ」と言っていました。なんでも、子どもの頃、毎日のようにやっていたという。すると先日、大須のMEIKOYAで見かけたのでゲットしておいたのでした。

 同ソフトは1989年3月4日に発売された見下ろし型アクションゲーム。その最大の特徴は5人同時でプレイできるという点であろう。

dannjonekusupurora02.jpg

 さっそく友人A、B、僕と3人でプレイしてみることに。プレイヤーキャラクターを選ぶと、ゲームは城下町のようなところから始まります。お城で王様から話を聞くと、本格的に始まるようです。時間にして3分~5分くらいでしょうか。「このくだり、毎回やらないといけないのか」聞くと、友人Aは「そうだ」と当たり前のように答えました。ただしパスワードが発行されるので、あとは続きからプレイできるとのことです。
 
 いよいよダンジョンへ向かいます。階段を降りるとき、なぜかグルグル回転するというレトロゲームならではの演出には愛しさすら感じます。

 主人公の職業は何種類から選べて、それぞれ使えるアイテムが違うそうです。このあたりの詳細や、操作方法などは、説明書がないとまったくわかりません。いい意味でこの「俺を理解してみろ」と言わんばかりのスタンス。古き良きって感じでステキです。
 武器は基本的に飛び道具なんですが、ななめに出せないので独特の間合いを取る必要があります。これをゲーム性と見るか。クソ要素と見るか。このゲームにおける大きな分岐点のひとつですね。

 友人Aいわく『ダンジョンエクスプローラー』を5人でプレイすることが夢だったと熱く語っていました。今となっては、まあまあハードルの高い夢だと思います。PCエンジン本体とソフト、マルチタップとコントローラ5個は正直、ちょっと頑張れば手に入ります。幸い、うちにも環境は整ってました。しかし最大のネックはプレイヤー集めですよね。
 アラフォー近い、いい大人が5人も集まってPCエンジン囲めるかというと、ちょっと想像できません(笑) 別に同じ世代じゃなくてもいいのですが、できれば気持ちを共有したいでしょうからね……

 しかしずっとプレイしてると、彼が一番最初に死んでしまいました。コンティニューを使い切ると容赦なく復活できなくなります。次に僕も後を追うようにゲームオーバーになってしまいました。結局、一番何の思い入れがない友人Bが生き残ってしまい、彼はおもむろにこんなことを言いました。

「これ、やめていい?」

 まあ、そんなもんです(笑) 友人Aは、我が家に遊びに来ることが決まった、この数週間、きっとわくわくしていたでしょう。彼はこんなことも言ってました。そもそも彼が持っていた『ダンジョンエクスプローラー』は友だちから借りパクしてたもので、あるとき、母親に全部、捨てられてしまったので返せなくなってしまったという。しかし数十年前、そのお友だちに久しぶりに会ったとき「返して」と言われたので(そのとき何らかの形で償いはしたみたいですが)、ずっと返したいと思っていたということです。そして、いつでも返せるように常に持ち歩きたいと……

 したがって僕は『ダンジョンエクスプローラー』を見かけたら必ずゲットして友人Aに譲ろうと思っていたのです。しかしどうやら彼は、期待が大きすぎたのでしょう。久々のプレイは全員ゲームオーバーになった時点で、あっさり終了。2回目はありませんでした。

 結局、その日――
 一番盛り上がったのは『ボンバーマン』だったのです。


【海外の声】ボンバーマン、まさかの美少女化…新作『ボンバーガール』は“HENTAI”扱い?
dannjonekusupurora03.jpg

 ボンバーマンが美少女化するそうですね。なるほど、いろんなところがいろんな意味でボンバーだ……

 話を戻しましょう。『ダンジョンエクスプローラー』やりまくるぞと息巻いてた友人も、結局は『ボンバーマン』で盛り上がってました。最終的に友人A、B、僕、長男、次男という5人での対戦となり(ダンジョンエクスプローラーは5人でやらなかったのに)、アラフォー近いおじさんたちが小1の長男にボコボコにされるという、なんとも情けない姿を晒して(笑)、その日のPCエンジン祭りは幕を閉じたのです。

 名作は、時代を越える。そして世代を越える。

 ゲームがただひたすら量産され、ただひたすら消費されていく流れになって久しい昨今。もしかしたら最初からゲームなんて、そんな存在なのかもしれません。しかし将来、息子が結婚して子どもができたとして、息子はその子どもと今のゲームをいっしょに遊べるのかな。そんなことを思うと少しさみしいような気がするのは僕がレトロゲーマーだからでしょうか……

ダンジョンエクスプローラー 【PCエンジン】
インテック (1993-08-06)
売り上げランキング: 27,551


 まあ、そんな流れについていけないからこそ僕はいつまでもファミコンやってるわけで、自分でも何を今さら感は否めないんですが(笑)、改めてそう思ったので書き記しておきます。
 友人Aが『ダンジョンエクスプローラー』を無事に返せることを祈りつつ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

WiiU『マインクラフト』やってたらコントローラが謎の回転クルクル病!?


 正月に子どもがお年玉をもらった。
 何か好きなもの買ってもいいよって言ったら当然「ゲーム」ときた。ちなみにオロチ家が所有するWiiUソフトは『スーパーマリオメーカー』『タッチ!カービィ』『マインクラフト』『進め! キノピオ隊長』そしてたまに『カラオケ』。

タッチ! カービィ スーパーレインボーMINECRAFT: Wii U EDITION進め! キノピオ隊長

 しかし、さっそくゲーム屋さん行ったら愕然としちゃったんです。

 いくら僕がバリバリのレトロゲーマーだからと言って、WiiUが生産終了ってニュースくらいは知ってたけど、いや、それにしても買うソフトが無いんですよ。3DSに比べて圧倒的に選択肢が少なくないですか。今さら『スプラトゥーン』ってのも、だいぶ旬を逃してる気がするし、スマブラ、ポッ拳、マリカー、どれも子どもは興味を示さなかった。

 結局、迷いに迷った挙句、子どもが選んだのは『New スーパーマリオブラザーズ U』。まさか5年前のソフトを買うはめになるとは!

 30年前のソフト買ってる、お前が言うなって話ですよね(笑)
 そんなことは百も承知だけでもさ、5年前って一番、中途半端ですやん。レトロでもない、新作でもない。もちろん内容は面白いんだけどさ、なんかもっと他に無かったのかなあって。非常に惜しい気がするのは僕だけだろうか。それとも普通によくあること?

 バーチャルコンソールって選択肢もあったかと思いますが、僕はいまだにファミコンやってて、いつかはスーパーファミコンって思ってる。だからVCソフトも「いつか実機で」という夢がある。その夢を自ら摘みたくないんですよね。

 Wii U PRO コントローラー (kuro)Wii U PRO コントローラー (shiro)

 さてここからが本題。
 去年のクリスマスに僕は「Wii U PRO コントローラ」の黒を白を買いました(正確に言うとサンタさんが)。1個5000円もしたんですよ。さっそく子どもと『マリオU』をプレイ。当然、おもしろいですよ。でもこれ、僕、長男、次男の3人でできると思ったら、できないんです。一人はサポートみたいなことしかできない。したがって、僕、妻、長男、次男の4人でプレイしたかったらコントローラをもう2個、買わなきゃいけない。合計2万円。どんだけターゲット層がセレブなんだよ!

 仕方ないので妻が「お母さんの」ということで、中古コントローラをもうひとつ買ってきた。まあ、これでも3人+サポート1人というプレイしかできないんだけど、なんだかんだ言って、やっぱり面白いんです(何回言うねん)。

 しかし、あいかわらず「立ち上げ→ゲーム」までの時間が長いよなあ。もうイライラする。内容うんぬん以前に、やりたくなくなっちゃう。何か設定したりとか色んなことする度に時間がかかる。子どもたちはよくこの意味不明な時間に耐えてるよ。ファミコンしか知らない人間にとっては、1秒でゲームできるようにしてくれないかなって思っちゃう。古いPCゲームなんかロードするのに30分くらいかかったけどさ。もうそんな時代じゃないじゃん!(お前が言うな(笑))

マインクラフト アクションフィギュア ダイヤモンドスティーブ 【内容物: スティーブ ダイヤモンドの鎧 ダイヤモンドの剣 ダイヤモンド鉱石】マインクラフト アクションフィギュア サバイバルパック 16450マインクラフト アクションフィギュア クリーパー 16503

 それにしても『マインクラフト』ですよ。(ここからが本当の本題)
 元々はPC向けのインディーズゲーム。つくったのは会社員。2016年には全世界の売上1億本突破。ものすごいゲームですよね。子どもがしょっちゅうYoutubeで動画見てるんですけど、本当にわけがわからん。そもそも僕はいわゆる3D酔いをしてしまうので、この手のゲームは30分くらいしかできないんです。これは僕にとって切実な問題。

 でもせっかくコントローラ買ったんだからって、子どもといっしょにプレイしたんですよ。もう、すぐに面白さがわかりましたね。素材集めて何かつくっていく系のゲームだったんです(そんなこと知ってるってか)。
 下の息子もいっしょにプレイしたんだけど、たった4才で、よくこれだけのシステム理解してやってるよなあって感心しました。いや、正直、理解してやってるのかどうかわかりませんが、楽しんでるのは確かなんですよ。まだ字も読めないはずなのにね。玩具屋さんとかにいくとフィギュアを欲しがる欲しがる。ちょっと高いんですよ。あれ。ぜんぜん手が出ませんね(笑)

 しかし数分後にハプニング発生。

 突然、僕のプレイヤーがその場でクルクル回転し始めたんです。狂ったように。そのまま制御不能になってしまいました。妻が買ってきた中古コントローラだったので、アナログスティックが調子悪かったんだなって、こりゃ返品だなって思ってました。
 しかし後日、仕事中に妻から電話が。仕事中は滅多にかけてこない妻からの電話に心がざわめき立つ。いったい何事だ。電話を取ると「違うコントローラでも同じ症状が!」と妻の悲痛な声。やれやれ、雲行きが怪しくなってきやがった……

 ということはコントローラが原因じゃないのか。
 マインクラフト固有の症状? あるいはWiiU本体の設定の不具合?
 
 結局、ゲーム屋さんへ1度、相談に行くも原因はわからず、交換してくれるということでしたが「症状が常に出る」というわけではないので、現在、どうしようか悩んでるところです。自分で修理できないってところも、ファミコンと違うんだよなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

愛知県安城市のレトロゲーム屋さん「GAGA」へ行って来ました!


  ゲーム&ウオッチを思わせる魅力的な外観。

gaga1.jpg

 店内に入ると、まず飛び込んでくるのは「土足厳禁」の看板。といっても、玄関のようになっているわけではなく、下駄箱もない。店内はところせましと商品が積み上げられており、足の踏み場もない状態。その隙間にスリッパがいくつか並べられているだけだった。
 戸惑っていると、店員さんと目が合った。「いっらいしゃいませ」的なものや、「くつを脱いであがってください」的なものは特になかった。まあ、そんなことはよくあることだ。ふと横を見ると先客が一人いる。足元を見ると、あれ?

 土足であがってますやん!

 なんと先客の男性は、普通に土足で店内に入っていたのだ。え、この看板、見えてるの僕だけ? いや、そんなはずないよな。余計戸惑う。しかしこのまま突っ立っていても仕方ない。意を決してくつを脱ぎ、スリッパに足を突っ込んだ。結局1分くらい入口で止まっていただろうか。店入るだけでけっこう戸惑ってしまった(笑)

 店の中はそれほど広くない。20~30畳くらいだろうか。入口から左が本、右がゲーム、右の奥がカウンターとなっていた。

gaga4.jpg

 まず左の本コーナーへ。さすがレトロゲーム専門店の古本コーナーだ。ケイブンシャの大百科シリーズや、ファミコンの攻略本それなりに充実している。今ではものすごいプレミア本になっている「ファミ・コンプリート」も普通に本棚に突き刺さっていた。
 しかしほとんどの本の値札には「ASK」の文字が。つまり値段はヒ・ミ・ツ。欲しければ聞いてくれってことだ。

よみがえるケイブンシャの大百科[完結編]

 まあ、本は別に要らないので、いよいよゲームコーナーへ。

 ゲームボーイやスーパーファミコンのソフトがガラスケースにびっしりと詰め込まれている。本当にびっしりだ。そしてガラスケースの上には雑然と積まれたゲームグッズの数々。最近、米Amazonでチェックしていた「in1ゲーム機」が何種類かあった。

Pac-Man Mini Arcade Game
 ※たとえば、こういうの。「Pac-Man Mini Arcade Game」(米Amazon)

 カウンターの横のガラスケースは非売品コーナーだろうか。オールナイトニッポン版のスーパーマリオやソマリなんかが入っていた。見上げると、そうそうたるレトロゲームハードが箱入りで壁一面に飾られていた。

 ちらっと見えただけでもPCエンジンシャトル、バーチャルボーイ、SG-1000もあったかな。最近、バーチャルボーイが欲しくてオークションで何回か入札してるんだけど、なかなか落札できないでいた僕は思い切って「あそこのバーチャルボーイはいくらですか」って聞いてみた。すると「まだチェックしていない」って言われた。そうか。残念……

バーチャルボーイ (本体) 【バーチャルボーイ】

 いったん、カウンター付近を離れて奥の棚へ。そこはファミコン、PCエンジン、メガドライブコーナーだった。まさしくストライクゾーン!

 しかし雑然と荷物が置かれまくっている通路は人がひとり通るのがやっとの幅。ガラスケースの高さは1m。いったいどうやって見るんだろうか。四苦八苦した挙句、横向きに這いつくばって見るという手段しかないことに気付いた。こうなったら恥も外聞もない。先客は帰ったみたいだし、店内の客は自分しかいない。僕は床にひざと手を突き、必死になって横向きに這いつくばった。だから土足厳禁なのかな……

 ファミコンの値段ははっきり言って安くはない。とくに欲しいソフトもなく、僕は早々にファミコンコーナーを切り上げ、さらに奥のPCエンジン、メガドライブコーナーへ。ふたたび横向きに這いつくばる。
 僕が今一番欲しいPCエンジンのソフトは『スプラッターハウス』だ。あるかな。あるかな。ガラスケースは1度に全部見れないので、何度も態勢を変えながら、くまなく見る。屈むたびに体のふしぶしが痛い(笑)
 するとスプラッターハウスはなかったが、ずっと気になっていた『ジパング』完品を発見。しかも1500円だ。安い。即買いだ!

ZIPANG 【PCエンジン】


 独りニヤニヤしていると、ちょうど店員さんが心配そうに見に来ていたので「このガラスケースの中のものをお願いします」と言ったら、店員が妙なことを言う。

 「値段を調べますので、お待ちください」

 え、どういうこと。1500円じゃないの? すると店員さんは「黄色い値札が本当の値段です」と言った。よく見るとそれは白い値札だったのだ。まあ、中古品だし前の値段が残ってちゃってるのかなとカウンター付近で待機。しばらくパソコンをかたかたやっていた店員さんが「3000円です」と言った。すいません。やめます……

 ただでは帰れないので、さらに店内を目を皿のようにして見回る。ハドソンのジョイスティック箱入りを発見。値札が貼られてなかったので聞くと「まだチェックしてない」。うーん、またかあ。

 よく見ると店内のほとんどの商品は、値札が貼られてないか、貼られていても白い値札か。例の「ASK」だった。たまに見る黄色い値札は相場付近。なんとなく見えてきたぞ。つまりここは倉庫なのかもしれない説。おそらくネット販売でもしているのだろう。だからこんなに買いにくいのではあるまいか。(違ったらすみません)
 しかし在庫の種類でいえば県内ではトップクラスだと思う。他では売ってないようなグッズも多い。それをわかって行く分には面白い店なんだろう。ちょっとした宝探し気分が味わえますよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加  

岐阜のレトロゲーム屋さん「おじゃま館」で遭遇したちょっとした話


 今回、岐阜県に熱いレトロゲームスポットがあるという情報を知って、発作的に行って来たのは「おじゃま館正木店」です。
 
 やたら情報が多いなあ。が外観の第一印象だ。買い取り価格が外壁を覆い尽くしていたのだ。ライオンのようなニコチャン大王のようなキャラクタはいい味だしている。

ojamakan.jpg
 ※店舗の様子。

 店舗に入ると、ずっと探していたファミコンのレアコントローラが目に飛び込んできた。いきなりテンションMAXに(このコントローラについては後日、記事にする予定)
 なお、ファミコンソフトの箱説については思ったよりも無かった。(裸はいっぱいあったよ) どちらかというと周辺機器類が充実している印象。メガドライブは30~40本くらい。PCエンジンHuカードはそれより少なかった。

 ファミコンのレアコントローラと、50円で投げ売りされていたセガサターンのパチンココントローラと、PCエンジンの「ロードランナー」を購入。


 さて、どっちかというと話はこれからだ。
 20分ほど物色したあとレジへ向かうと、カウンターで店員のお兄さんと、お客のおじいさんが何やら不穏な雰囲気をかもし出していたのだ。

momotarou01.jpg
 ※オロチ所有の「桃太郎伝説」。マル超シリーズ第3弾やで!

 おじいさんは、なぜかファミコンの「桃太郎伝説」をプレイしながら、ここがどうのこうの、道具があれこれと、何かを訴えかけているが、店員のお兄さんはひたすら困った様子だった。

 しばらくすると、おじいさんは店を出て行ってしまい、なぜか店員さんがプレイを続けるという謎の状態に。思わず「どうしたの」って聞くと、どうやらお客のおじいさん、「内容が違う」と訴えているらしい。だから、しばらくプレイを続けるよう言われたんだとか……

 なんじゃ、そりゃ(笑)

 もしや、おじいさん……
 「俺の知ってる桃太郎の話とぜんぜん違う!」って言いたかったのかな。

 そんなわけないか。よくよく聞いてみると、そのおじいさん、昔プレイしていたらしく、最近、またやり始めたら、どうも内容が記憶と違うってことらしい。ともかく、そんなおじいさんの訴えにも、真摯に対応し『桃太郎伝説』を困りながらプレイしている店員さんの姿に、なんだかほっこりしてしまったのでした。それだけの話である。


 そもそも、僕がオークションや通販よりも、店巡りにこだわるのは、第一に「発見の喜び」がある。あえて、なるべく予備知識を入れずに行くことが多いのはそのためだ。たとえば事前に電話で「ファミコンの箱付を何本くらい置いてますか」って聞くこともできるだろう。しかし僕はそんなこと知りたくないのだ。

 なぜなら、僕にとってその行為はあらかじめ映画館に映画の結末を聞いてから見に行くようなものだからである。

 そして、第二の理由は今回のような、ちょっとした出来事に出会えるから。こういうのって本当に、店舗ならではなんだよね。僕は店でゲームを買うという体験にお金を払ってるんだと思う。したがって、ガソリン代がもったいないとか、移動時間がもったいないとか、ぜんぜん思わないのだ。

 もう、こればっかりはそういう趣味だからとしか言いようがない。結局は、そういうの全部ひっくるめて楽しい。それだけの話である。

 さて次はどこへ行こうかな……
このエントリーをはてなブックマークに追加  
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
 

プロフィール
管理人:オロチ
Twitter:oroti_famicom

取材,執筆,コレクション貸出などの依頼はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
QRコード
QR