TVチャンプ編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 ローカルチェーン特集。
 今回はゲームショップ界のトリニータこと「TVチャンプ」の登場だ!


◆ショップシール類◆

TVtyanpu0_2018090210274699c.jpg
 レア度:★★★☆ 

 まったく見かけない。レアシールである。

 純正ラベルに準拠した注意文に、お店のロゴを配したシンプルな構成だ。たまたまROM色が薄緑だったので統一感はバツグンである。ファミコンショップシールはこのようにROM色込みで楽しめるのも魅力のひとつであろう。

 このシールには電話番号や住所が記されてないが、たいていの場合、そういうことをするのは連絡先を記すまでもないどこにでもある有名店。つまり全国規模のチェーン店が多い。そう考えると、どことなくシール全体に気品があふれているように見えないか?


TVchanp01.jpg
TVchanp02.jpg
(画像提供:汁様 追加更新日:2018/9/13) 

 レア度:★★★★ 

 こちらは画像提供いただきました。TVチャンプの専用ケースである。すごい。こんなの見たことない。でも何だかカメレオンクラブのケースにそっくりだなあ、、、

canereon56.jpg

 なんて思ってたら、裏の注意書きがそのままだよ!
 もしかしたらフランチャイズ、もしくはそれに近い提携関係だったのかもしれないね。画像提供ありがとうございました。


◆ロゴマーク◆
TVチャンプロゴ

 デフォルメされたボクシンググローブと躍動感のあるロゴ。「プ」の丸部分が星型になっているのは勝利への渇望の現れか。TVチャンプというとテレビ東京の番組「TVチャンピオン」を思い出してしまうが、とくに関係はないようだ。超有名・全国チェーン店である「TVパニック」とも関係なさそうだが、、、


◆制覇MAP◆

 制覇MAPである。
 
 ショップシールに住所が書いてあったら早かったのだが、TVチャンプのシールには住所の記載がないので調べてみたところ、ひとまず旧ホームページを発見。しかし運営会社などの表記がいっさい無かったため、以下の点を鑑みて制覇地を決定した。

・旧HPの店舗情報ページに掲載された支店がすべて大分県内だった。(参照
・ファミ通協力店(01年)のTVチャンプの支店がすべて大分県内だった(参照
・NTTの新着情報ページ(99年)でTVチャンプが「大分県最大のゲーム専門店」と紹介されていた。(参照

seiha_map13.png

 ということで大分県を制覇!
 九州2県目やったね。別府温泉、湯布院!(喜びを表しています)


◆基本データ◆
名称:TVチャンプ
所在:大分県大分市
URL:http://www.tvchamp.co.jp/(閉鎖)
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4388/tyanpu.htm(日田店)


◆主な支店◆
大分県 大分店/杵築店/森町店/宇佐店/大分店/南大分店/日田店/別府店/日出店/高城店/玖珠店/えのくま店/戸次店/三重店
鹿児島県 鹿児島店
大阪府 十三店


◆店舗の外観◆
tvチャンプ杵築店1
 なんと、Googleマップを調査していたら杵築店の姿を発見!
 もしかしてまだご健在なのかも、、、


◆みんなの情報コーナー!!◆

 TVチャンプについて、大分の皆さんの情報が必要です!

 何かご存知の方はどうか、コメント欄、あるいはツイッター、あるいはこちらの窓口まで、情報をお寄せくださいませ。



orotima-ku1.png目次ページへ

ファミコンハウス編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 松本ハウスでもヘーベルハウスでもない、、、
 頭文字Tのヒゲおじさん、ファミコンハウスの登場だ!


◆ショップシール類◆

ファミコンハウス01
 レア度: 

 渋い鈍色(ダークグレイ)をバックに海兵さんの格好をしたマリオのような、マリオでないような謎のキャラクタがジャンピング水平パンチを繰り出しているポーズが印象的なファミコンハウスのショップシール。このキャラクタはタリオというちゃんとした名前があるのだ。(詳細は後述)。
 注意書きの2番目「中古カセットですので、外装は多少汚れている物もありますが、御勘弁下さい。」という時代劇のような言い回しも、鑑賞ポイントのひとつ。FC-20045はフランチャイズの番号だろうか。これが何種類もあったらどうしよう(笑)


ファミコンハウス04
 レア度: 

 こちらは白バージョン。
 タリオの横に、とってつけたような「よろしくね!!」を付したことによって、まるで落書きされた教科書の偉人のような親近感を生んでいることに注目したい。それに、タリオの眉毛はつりあがっているため怒っているような表情にも見えるが、よく見ると寄り目であったりおちょぼ口であったりと、実は愛嬌がある顔をしているではないか、、、

 「交換致します」と言ってるわりには店名がどこにも書いてないのは謎である。


ファミコンハウス02
 レア度: 

 こちらは白のデカバージョン。
 サイズが大きくなろうがデザインや文言はいっさい変わらず、フキダシが大きくなっただけというやっつけ感。左下の色が暗くなっているが、上から値札でも貼られていたのだろうか。他のショップシール類よりはあまり見ない気がする。


◆値札類◆

ファミコンハウス22

 こちらはGBソフト『ダブル役満II』に付されていた値札とシールである。特徴的なカタチをした値札には、ばっちりファミコンハウスのロゴが付いているのが嬉しい。また金色のシールには「このシールが貼ってある商品は高く買い取ります」という文言が記されており、囲い込み戦略もばっちりだ。


◆ケース類◆
ファミコンハウス31
 レア度:★★☆ 

 こちらは一見すると普通のファミコンソフトに見えるかもしれないが、実は、ファミコンハウス独自のシステムが光る専用の黒ケースなのだ。

 この表紙部分は、どれもファミコンのオリジナル箱(前面のみ)をカラーコピーしたものであり、「ファミコンハウス」のロゴが印字され、黒いケースの透明スリットへ差し込まれているのである。この、純粋だったファミコンソフトが得体の知れないナニカに乗っ取られちゃった感じがゾクゾクするよね、、、

 しかも、説明書まですべてコピーという徹底ぶりである。

ファミコンハウス33
ファミコンハウス10

 さらに、このファミコンハウス専用の黒ケースの内側にはレリーフ加工が施された「ファミコンハウス」のロゴが配されており、ワンランク上のラグジュアリーなファミコングッズ感を醸し出していると思わないか!?

 当時を知る知人の証言によると近所のファミコンハウスでは、しばしば、ファミコンのオリジナルの箱が「お持ち帰り無料」と書かれた店頭のワゴンへ投げ込まれていたという。おそらく、店側としては1回コピーしてしまえばオリジナルの箱など場所を取るだけのゴミだったのだろう。で、廃棄するのは忍びないから無料で配っちゃえ、みたいな事情だったのではあるまいか。

 箱説付の完品が、裸ソフトの2~5倍する現代では、考えられない所業である、、、


FHhako_2018083116392078a.jpgファミコンハウスケース2
 写真提供:今日のゲーム!!
 レア度:★★★ 
 ファミコンハウスには普通に紙ケースもあったようだ。こちらは黄色い紙ケースである。裏は初期任天堂のファミコンカセットの箱のようなデザインだ。


merukarifamikonhausu.jpg
 参考写真:メルカリ
 レア度:★★☆ 
 こちらは白と青を基調にしたバージョン。ファミコンハウスはデザインに一貫性があるところが良いなあ。


famikonHOUSEプラケース
 レア度:★★★☆ 
 こちらはプラケースである。やはり黄色がベースカラーとなっているようだ。あまり見かけない。


◆ロゴマーク◆
famicomhouseLOGO_20180831164614d83.png

 独特のカクカクフォントの青文字に「ン」の丸だけが赤いデザインだ。

◆キャラクタ◆
tario1.jpg

 タリオである。
 なぜタリオなのかというと、ファミコンハウスの社長の名前が高野であることからタカノの「タ」+マリオの「リオ」で「=タリオ」だと言われている。だから帽子のアルファベットも「T」なのだ。

◆広告◆
 ファミコンハウス00

 こちらはチャンピオンハウスというファミコン通販の広告であるが、右上のマスコットキャラクタがどう見てもタリオである。おそらくファミコンハウスの前身、あるいは一部門なのではないかと推測される。


◆制覇MAP◆

 ファミコンハウスの1号店は東京都目黒区のその名も祐天寺1号店である。

seiha_map12.png

 意外にもこの企画がはじまって今回で12回目を迎えるが東京は初である。改めてマップを見ると関東がすこぶる充実してきという印象。群馬を制覇したら太平洋から日本海まで繋がるじゃないか。よーし、待ってろよ、グンマー!


◆基本データ◆
名称:ファミコンハウス
1号店:東京都目黒区祐天寺
会社:株式会社タカノ
関連会社:高野商事有限会社
関連会社:有限会社チャンピオンハウス
URL:http://www.famicomhouse.net/
https://www.topride-famicomhouse.com/(諫早店)
http://www.mmbs.jp/hp/famicomhouse/smartphone.html(携帯サイト)


◆沿革◆
 1950年、タカノフォート本店総業。1984年、本店にてファミコゲームレンタル開始、やがて中古買取販売にシフト。1985年、ゲームソフト専門店「ファミコンハウス」祐天寺1号店を開店(任天堂スーパーマリオ誕生の年)、1986年、直営・フランチャイズ展開を開始。1987年、ファミコンハウス大泉店・富士見台店を開店。1988年、九州地区へ進出開始。現在も一部店舗(フランチャイズ含む)が残っており、WEB店舗も健在のようだ。
 ※出典:株式会社タカノのあゆみ | PHOTO TAKANO STUDIO+


◆主な支店◆
茨城県 守谷店、牛久店、古河店、新石下店
千葉県 野田山崎店、我孫子店、流山店、市川南口店
埼玉県 ピエロ伊奈店
山梨県 甲府東店、開国橋店
東京都 祐天寺1号店、同2号店、小岩駅前店、新小岩店
愛知県 幸田店
長崎県 諫早店、運動公園通り店、鹿島店
佐賀県 西三城店、武雄店、伊万里店、本庄店
福岡県 柏の森店、東合川店、黒崎店、箱崎店、行橋店

◆店舗◆
FHtakeo.jpgFHundou.jpg
 武雄店、運動公園店

FHgyoubasi.jpg
 行橋店(画像提供:今日のゲーム!!

FHina.jpgFHitikawaminamiguti.jpgFHiwai.jpg
ピエロ伊奈店、市川南口店、岩井店

FHkasima.jpgFHkoiwaekimae.jpgFHmoriya.jpg
鹿島店、小岩井駅前店、守屋店

FHnagareyama.jpgFHnisisansho.jpgFHnodayamasaki.jpg
流山店、西三城店、野田山崎店

FHsinisisita.jpgFHsinkoiwa.jpg
新石下店、新小岩店(以上、WebArchiveより)

FHkouta.jpg
 幸田店(GooleMAPより)

◆関連トピックス◆
(株)インフィニティ・ジャパン、(株)シー・スリー・ジャパン/民事再生申請(2017-5-29)
“碧の軌跡ディスプレイコンテスト”最終結果発表 - ファミ通.com(2011-11-18)

◆みんなの情報コーナー!!◆

 ファミコンハウスについての情報をお待ちしています。
 また、画像など素材提供も募集中。こちらのコメント欄、あるいはツイッター、あるいはこちらの窓口まで、お寄せくださいませ。



orotima-ku1.png目次ページへ


奄美古書センター編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 今回はとびっきりローカルでレアなやつです。


◆ショップシール類◆



 レア度:★★★★ 

 色を抑えた3ヶ月保証スタイルのシンプルデザイン。エレメントが一部重なった極太の丸ゴシック体で適度に主張する店舗名。素晴らしいのひとこと。また、伏せられてしまって見えないが(自分でやったんだけど)、電話番号の下4桁だけなぜか全角文字になってしまっているところも味がある。

 なにより奄美大島にもショップシール存在した、という事実だけでもファミコン考古学史上の大発見だ。このシールからは心なしか南国の匂いさえ漂ってきそうではないか。もはや浪漫しか感じない一品である。

 ちなみに♯1110というシールはこの店舗のものかどうかは不明。




 レア度:★★★☆ 

 なんと、奄美大島のファミコンショップシールがもうひとつ存在した。その名も「MEDIA MIX」という店舗である。ただしさっきの奄美古書センターと同じ住所であることから、同じ店の別部門のようだ。詳細は後述しよう。

 どさくさにまぎれて3ヶ月保証はやめてしまった模様(笑)



 ※画像提供:天道ブイ

 レア度:★★★☆ 

 さらに、MEDIA MIXのミニバージョンが存在することが判明した。スーファミカセットの裏に貼ってあるが、純正ラベルとサイズがぜんぜん違うため、ファミコンや他のゲームと併用していたかもしれない。ご提供、ありがとうございます!


◆制覇MAP◆

 お待ちかね。制覇MAPである。

amamikosho6.jpg
 ※沖縄-奄美大島-鹿児島の距離感(Googleマップ)

 奄美大島ってなんとなく南のほうの島だったよな、というイメージしかなかったが、調べてみたら鹿児島よりも、むしろ沖縄のほうが近い海に浮かんでいた。日本では佐渡島につづき、5番目に大きな島だそうである。

 15世紀~17世紀始めまでは琉球王国の一部だったらしいが、現在の所属は鹿児島県だ。

seiha_map10.png

 ということで鹿児島県を制覇!
 祝・初九州は以外にも本島ではなく離島でした(笑)


◆基本データ◆
名称:ニュー&リサイクル 奄美古書センター MEDIA MIX
所在:鹿児島県奄美大島名瀬市(現・奄美市)
開業:1989年


◆ホームページ◆
amamikosho3.jpg
URL:http://www.synapse.ne.jp/amamian/index.html

 なんと、この「奄美古書センター」は、現在でもホームページを確認することができた。奇跡!(更新は止まっている)


◆沿革◆
 1989年(平成元年)に「奄美古書センター」としてスタート。1992年よりゲーム・CD・コミック部門「メディアミックス」と、古本・郷土誌部門「本処あまみ庵」の2店舗体制で営業。1997年夏に「メディア利再来ル・あまみ庵」として再統合。2010年9月にゲーム・CD部門から撤退。2012年8月に閉店した。


◆チラシ等◆
amamikosho7.jpg
 ※2010年3月頃のチラシ

amamikosho8.jpg
 ※同じく2010年3月頃の地元新聞

 これらの広告は2010年9月にゲーム・CD部門から撤退した際のものである。


◆みんなの情報コーナー!!◆

 奄美大島のみんな、奄美古書センターの思い出を是非、語ってくれい!

 当時の店舗が映った写真なども大募集。ご提供はこちらの窓口、あるいはツイッターで受け付けております。どうぞよろしくお願いします!!



orotima-ku1.png目次ページへ


トップボーイ編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 暑い夏をぶっとばせ!!
 ファミコン界の湘南ボーイ。
 トップボーイの登場だ!!


◆ショップシール類◆

topbpy102.jpg
 レア度: 

 ショップシールの中でもわりと良く見るトップボーイ。『ドラクエIII』の勇者をモチーフにしたと思われるキャラクタが特徴である、と何となく思っていたが……



 改めて見ると、似すぎか!(笑)

topbpy103.jpg
 レア度: 

 こちらは白抜き文字バージョン。ショップシールには「良く見ると違う」バージョンがたくさんあって楽しい。もしくは地獄である。注意書きが中古カセットを意識した内容へ変更されている。こういうところからも「当時のトップボーイは中古販売に力を入れていたんだな」ってことが読み取れるのだ。

topbpy101.jpg
 レア度: 

 あまり見かけないがスーファミバージョンも存在する。状態が悪いのはご愛嬌。

topbpy203.jpg
 レア度:★☆ 

 こちらはファミコンカセット用の専用ケースだ。青地に黄色のシンプルデザインながら、窓のくり抜きのカタチが凝っていたりと何気にデコラティブである。裸カセットよりひと回り大きいサイズ。ケース類の中では見かける部類だ。

topbpy204.jpg

 裏には丁寧すぎるくらいの「不要になったら買い戻すよ」メッセージが。ここをくだけた感じで行くのか、カチッと行くのかで各ショップの個性がでる。

 なお、こちらのタイプには上部に「TOPBOY」というロゴの入ったバージョンも存在する。


topbpy200.jpg
 レア度:★☆ 

 こちらはSFC用のケース。モノクロの下地にRPG風の様々なキャラクタが描かれているのが特徴だ。何やら意味ありげに英語長文が記されていたので抜き出してみよう。

Soon after the star, so called earth, was created in the space,The Kingdom Dendende in the star Salatt was out of order by the magic power of the Salan Santatta.
The magic power could be controlled only by the strange stone Top Stone.
It was only the Here in legend who was sald to appear once a thousand that could control the stone. In Dendernde the Hero was called "Top Boy".

 どっかの国のお城に魔法のどうたらこうたらと、RPGのようなストーリーが記されているようだが、文法がおかしい個所があり全体的に意味不明である。

topbpy202.jpg

 こちらは裏面。なお、同じデザインのGBバージョンも存在するようだ。


◆グッズ類◆
topboy43.jpg

 特別買取チケットである。
 92年に『ヨッシーの卵』を購入したとき、付いてきたものだと思われる

topboy42.jpg

 裏面を見ると、トップボーイの当時の買取システムが詳細に記されていた。これは貴重な資料だ。


◆制覇MAP◆

 おまちかね。制覇MAPである。

seiha_map09.png

 トップポーイの本拠地は湘南の中心地として有名な神奈川県藤沢市。前身にあたる三高産業株式会社がこの地にあったので、そこへ1号店を出したという。ということで神奈川県を制覇!!

 なにやら首都圏に偏って来たぞ……

◆基本データ◆
名称:トップボーイ
運営:三高産業株式会社→株式会社トップ・プランニング→株式トップボーイ(現・株式会社Nuts)
所在:神奈川県藤沢市(1号店)
開業:1989年9月
URL:http://www.topboy.co.jp/kikaku/topboy_index.html(閉鎖)


◆沿革◆
 元々はまったく別業種だった松藤社長が、82年8月レンタルレコード店を開業したのが始まり。1989年9月、神奈川県藤沢市にトップボーイ直営店舗の第1号店「藤沢店」を開業。つづいて福岡県香椎市にフランチャイズ第1号店をオープンさせた(ちなみに福岡は松藤社長の地元)。
 その後、1991年7月に店舗数50店、1993年4月に100店、1995年3月に150店達成。破竹の勢いを見せる。さらにプレイステーションが発売されたのを期にトップボーイはそれまでの中古品販売から、新品販売を中心としたビジネスへと大きく舵を切り、売り上げが倍増。業界トップへ躍り出る。1999年には破産したブルートの店舗を引き継ぐなどの影響から238店舗まで拡大したが、時代の流れには勝てず2005年9月 「トップボーイ事業」を廃止。店舗運営事業から撤退した。
 現在も一部フランチャイズ店が残っている。


◆ロゴ・キャラクタ◆
topbpyLOGO2.gif
 『ドラクエIII』の勇者にそっくりな男の子のキャラクタ。左右に振り上げた拳がデフォルメされ過ぎており、何だかよくわからない感じになっている。

◆TOPBOY6か条◆
T TRANS ・VALUE(新しい価値の創造)
O OBJECTIVE(目標)
P PROGRESSIVE(先進的)
B BEST・KNOWN(最上級の認知)
O OBSERVATION(注目)
Y YOUTH(元気)

◆店舗の外観◆
topboys017.jpg
 ※関大駅前店(画像:今日のゲーム!!様)

2008062F132F112Fb014591120080613204957.jpg
 ※トップボーイ高井戸店(画像:トップボーイ下高井戸店オススメ情報


◆関連書籍◆
売り切る力―TVゲーム専門ショップ・トップボーイ・完全買取り返品不可topboyob0i.jpg
 ※「売り切る力」堀内敬一(H&I)書影と帯

 お店の成り立ちから経営戦略まで、全国チェーンファミコンショップの社長が自ら語っている珍しい書籍。巻末には財務データまで載っている。当時のゲームショップ事情がわかる貴重な資料だがAmazonでは1円で売っていた。興味あるひとはどうぞ。

topboy402.jpg
 ※98年度のゲームショップ業界の様子

topboy503.jpg
 ※主要財務データ


◆主な支店◆
北海道 釧路駅前店
青森 弘前店
宮城 白石店,大河原店
山形 山形大学前店
新潟 新大駅前店
栃木 小山駅前店
茨城 多賀店
埼玉 鶴ヶ島店,所沢店,熊谷店,西川口駅東口店,箱田店,坂戸店(追記)
千葉 初富店,高根公団駅前店,津田沼店,おゆみ野店,京成大久保店
東京 
下高井戸店,中野新橋店,千歳烏山店,王子店,大泉学園店,大師店,西荻窪店,門前仲町,沼袋駅前,東小岩店,蒲田西口店,成瀬店,狛江店,五反野店,多摩カリヨン館店,大井町店,小金井店,久我山店,五反野店 聖蹟桜ヶ丘店

神奈川 
藤沢店,天王町店,鶴ケ峰店,戸塚西口店,横須賀中央店,菊名店,追浜店,洋光台店,鶴見店 三浦店 横浜西口店 小田原店 大船店,塚越中央店,座間店,新百合ヶ丘店,逗子店,茅ケ崎店,小田原店,金沢文庫店,川崎貝塚,東寺尾店,ヒット螢田店,上永谷店,武蔵新城店,みつみ湘南台店,ニ子新地店,衣笠店,北久里浜店,相模原中央店,洋光台店,本郷台店,南万騎が原店,追浜店,東林間店,新城南口店,古河店,港南台店,伊勢佐木モール店,鶴見店,大和店(追記)

山梨 
マイクロシティ昭和店,フジミモール店,リバーサイド店,塩山店,保土ヶ谷店,大和店,武蔵小杉店

静岡 富士宮店,沼津アーケード店,安西店
愛知 桜山店,今池店
和歌山 田辺店
京都 綾部店
大阪 
関大駅前店,長居公園通店,小野原店,泉北ニュータウン店,西中島店,摂津富田駅前店,巽店

兵庫 京見橋店,夙川グリーンタウン店
広島 呉店
山口 稗田店
佐賀 小城店,武雄店,多久店,佐賀店
福岡 
ショッパーズプラザ天神店,別府,野間店 片江店 須玖店,片江店,日東舘垂水店,別府店,ショッパーズモール中間店,WAVE21門司店,荒江店,筥松店

熊本 熊本健軍店,熊本龍田店
大分 (店名不明)

 抜けがあったら教えてください。

◆主なトピックス◆
佐賀のゲームソフト店主刺殺 当時高1の男逮捕 発生から8年5カ月 容疑で佐賀県警(西日本新聞)(2006年2月4日)
ASCII.jp:トップボーイとベンチャーコントロール、トップボーイの新経営戦略を発表(2001年11月30日)

IMG_5435.jpg


◆みんなの情報コーナー!!◆

 一時は業界のトップに君臨していたというファミコンショップチェーン・トップボーイについての情報をコメント欄へお寄せください!!

 当時の店舗が映った写真なども大歓迎。なお、写真素材などのご提供はこちらの窓口、あるいはツイッターで受け付けております。どうぞよろしくお願いします!!



orotima-ku1.png目次ページへ

ファミコンショップヒーロー編 【ファミコンショップシール全国制覇への道】


UFSSSbana5.jpg概要 ◆定義と分類 ◆目次


 その昔、ファミコンのうまいやつは皆、ヒーローだった……

 ということで、ファミコンショップシール全国制覇への道。今回は「ショップシール界の沼」特集第2弾。ファミコンショップヒーローの登場だ!!


◆ショップシール類◆
hiro011.jpg
 レア度: 

 ファミコンショップシール界では横綱級のエンカウント率を誇るファミコンショップヒーローの裏ラベルの中でも、こいつはもっともスタンダードな紺色である。初期版と見ている。
 その特徴はなんといっても「3ヶ月保障」という堂々としたフレーズ。そもそもショップシール(裏ラベル)は、落書きや破れなど状態の悪い純正裏ラベルを覆い隠す目的で始まったとされている。そこへ、ついでに保証書としての役割を与えたことは偉大なる発明であった。ヒーローはその代表格と言えよう。

 ただし、購入日の記載がないため、いつから3ヶ月なのかわからないという明快な難点がある。そのため、たまにオークションで「シールは無関係です」「保障はしません」とわざわざ断りを入れている微笑ましい光景が見られるのも一興だ。

hiro021.jpg
 レア度: 

 こちらは水色バージョン。
 出ました「色違いは沼の始まり」。これ、テストに出るやつ。

 しかも紺色と水色って近いじゃない。青系だけで少なくとも2種類あるっていう恐怖。それがファミコンショップヒーローのショップシールの“沼”たる所以なのだ。

hiro041.jpg
 レア度: 

 さっそく来ました。緑バージョン。
 よく見ると「ヒーロー」の文字が少し大きいのが特徴だ。担当者が「字ばっかりでショップ名が目立たないなあ」とでも思ったのだろうか。

 また、注意文にバッテリーバックアップへの言及がないため、もしかしたら最初期バージョンは、この緑なのかもしれない。

hiro031.jpg
 レア度: 

 そして紫バージョンである。
 よく見ると通信販売部の連絡先等の記載がなくなっている。通信販売よりも店頭販売に力を入れるようになったのだろうか。

hiro061.jpg
 レア度: 

 こちらはローマ字バージョン。担当者が「ローマ字のほうがかっこいいや」とでも思ったのだろうか。今のところ、このスタンダードな紺色のみ発見されている。なお、こちらもバッテリーバックアップへの言及が見られないことからもしかしたら最初期のものかもしれない。

 追記:ヒーローは英語で「HERO」なのでは、とのご指摘を頂きました。たしかに! 
 HIROじゃあヒロだ。もしかしたらヒロっていう別ショップかなと思ったものの、住所電話番号が同じなのでそうでもない。ファミコンで『キョロちゃんランド』を出したヒロってメーカーがあったが、まさか関係あるまい。つづり間違いだとしたらこれは大変恥ずかしいショップシールである。そして、それに気づかなかった私も恥ずかしい(笑)


hiro05.jpg
 レア度: 

 こちらは明るい緑バージョン。

 というよりもグループバージョンといったほうが正しい。チェーン店が増えてきたので、グループ店舗が共通で使えるように「ヒーローグループ」という文言へ変更したと思われる。その代償として住所や電話番号の記載がなくなっているのはチェーン展開しているファミコンショップのシールに多く見られる特徴のひとつだ。

hiro10.jpg
 レア度: 

 こちらはグループバージョンの紫。さきほどの紫とは別だ。なにげにヒーローグループの文字がやたら大きくマイナーチェンジしている。担当者が「やっぱりショップ名が目立たないや」とでも思ったのだろうか。

 ところでこのシールには右上に「NO.1」と記載されていた。番号を振るなら最初からそうしてくれたら集めるほうも助かるのに、今のところの番号が振ってあるのはグループバージョンの紫のみである。

 ちなみによく見ると、このシールは2番目に紹介した水色のシールの上に二重貼りされていた。水色バージョンには廃止した通販部の連絡先が記載されているため上から紫を貼り付けたのだろう。こういう細かいところからも、グループバージョンが後期のものだとわかるのだ。


hiro08.jpg
 レア度: 

 こちらはグループバージョンの水色。紫の色違いである。
 細かいマイナーチェンジが多いヒーローのシールにおいて、むしろ色違いだけで済んでいるのは貴重なのかもしれない。なお、スーファミに貼付されているが、ファミコンのものと大きさが同じであるため、共通で使用されていたと推測される。

hiro09.jpg
 レア度: 

 そしてついにこのときがやってきた。
 なんと、ファミコンショップヒーローの売りだった「3ヶ月保障」をやめてしまったバージョンの登場である。保障自体やめたのか、それを謳うことをやめたのか定かではないが。なお、貼る位置についてはとくに決まりはないみたいだ。

hiro07.jpg
 レア度: 

 ヒーローはSFC用に新たにシールをつくったりはしなかったのだろうか。こちらは同じシールがファミコンに貼ってあるバージョンだ。

 以上。

 ただ単にバージョン違いを並べて、妄想混じりに解説していただけなのに、なんとなくその店の歴史みたいなものが見えてきた気がしないだろうか。こういうところもファミコンショップシールの魅力なのだ。
 

◆制覇MAP◆

 お待ちかねの制覇マップである。 

seiha_map08.png


 ファミコンショップヒーローの裏ラベルには「栃木県真岡市」と住所の記載があったので、ルールに基づいて栃木県を制覇!
 この企画初の隣接県の制覇である。ちなみに「まおか」ではなく「もおか」と読むらしい。

◆基本データ◆
名称:ファミコンショップヒーロー
運営:株式会社 ファミコンショップ ヒーロー
所在:栃木県真岡市
開業:1991年?

◆沿革◆
 1991年ごろ1号店をオープン。もともと骨董など扱う会社だったっぽい。現在は「買取王HERO」というリサイクルショップになっている。

 ファミコンショップヒーローの運営会社についての詳細はほとんどわからなかった。

◆外観◆
hiro12.png
 ※栃木県益子店(Googleストリートビュー)

hiro13.png
 ※福島県川俣店(Googleストリートビュー)

◆主な支店◆
秋田 東北ヒーロー花輪店
岩手 遠野店・北上店・東北ヒーロー花巻店・花輪店
宮城 白石店
栃木 益子店・雀宮店・大田原店・烏山店・御幸ケ原店・矢板店・石橋店・上三川町・川俣店・小山店
福島 喜多方店・川俣店・船引店・会津若松店・小野町店・会津坂下店・本宮店・梁川店・ニ本松店
茨城 八千代店・矢吹店・大宮店・下館店・岩瀬店・大子店・石川店・境店・笠間店
埼玉 小鹿野店・嵐山店・小川店・児玉店・本庄店
千葉 千葉ヒーロー東庄店・小見川店


◆みんなの情報コーナー!!◆

 栃木を中心にチェーン展開していたファミコンショップヒーローについての情報をコメント欄へお寄せください!!

 ここに載ってない色違いやバージョン違いのシールも大募集!!

 また、当時の店舗が映った写真なども大歓迎。なお、写真素材などのご提供はこちらの窓口、あるいはツイッターで受け付けております。どうぞよろしくお願いします!!



orotima-ku1.png目次ページへ

【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。