ファミコン・メガドライブの新作リズムゲームが登場!! 他


<ニュース>
メガドライブ向けの新作リズムゲーム「16ビットリズムランド」が2019年2月に発売 - AKIBA PC Hotline!


ファミコンに新作リズムゲーム「8ビットリズムランド」登場 楽曲提供にゲーム音楽界のレジェンドが集結 - ねとらぼ


【制作スタッフ】
・【PRODUCE/MUSIC】中潟 憲雄(NORIO NAKAGATA) ・【PROGRAM/MUSIC】杉山 和彦(KAZUHIKO SUGIYAMA) ・【PROGRAM】木藤裕之(HIROYUKI KITO)、YOMOGIDA ・【GRAPHIC】松枝 希世志(KIYOSHI MATSUEDA) 、吉村清人(KIYOTO YOSHIMURA) ・【PACKAGE ILLUSTRATION】篠﨑 雄一郎(YUICHIRO SHINOZAKI) ・【MUSIC】 ●WING☆GHOST ●大野木 宣幸(NOBUYUKI OHNOGI) ●COSIO ●古代 祐三(YUZO KOSHIRO) ●杉山 和彦(KAZUHIKO SUGIYAMA) ●TAMAYO ●TECHNOuchi ●中潟 憲雄(NORIO NAKAGATA) ●並木 学(MANABU NAMIKI) ●ヨナオケイシ(KEISHI YONAO) (※)あいうえお順


ファミコン向けの新作同人ゲーム「ハラディウス・ゼロ」が14日に発売 - AKIBA PC Hotline!

 新作ラッシュや!

<ドラクエ>
『ドラゴンクエスト』の世界をVR体験させるには? 堀井雄二氏も没頭した『ドラゴンクエストVR』制作秘話【CEDEC+KYUSYU 2018】 - ファミ通.com

実写版「ドラクエ」のスライムは本当にグロい―「モンハン」で振り返るゲーム実写化の今昔【特集】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト
 これは衝撃だったなあ(笑



<インタビュー>
ゲーム史に革命を起こした名作「DOOM」の生みの親が25周年を記念してこれまでを振り返る - GIGAZINE

<海外>
外国人「敵を一切殺さないでクリア出来るゲームって存在するの?」 : 海外の万国反応記@海外の反応
 いっぱいある



orotima-ku1.pngとくになし!

関連記事

車載用≪ゲーム機能付き≫中華DVDプレイヤーを買ったので嫁さんの車へ取り付けるついでにレビュー・評価してみる


◆まるでトム&ジェリー◆

 寝てるとき以外はいつも兄弟喧嘩してるうちの坊主ら。その騒々しさたるやトム&ジェリーといっしょに住んでいるようなものだ。嫁さん曰く、とくに車の中は地獄だという。せめて車用のDVDモニターがあったら助かるんだけど。言うもんだから買っちゃったよ、、、

 見たことも聞いたこともない中華メーカーの車載用DVDプレイヤー。しかもデュアルスクリーンのやーつ!

shasai_DVD001.jpg

 そして何と言っても≪ゲーム機能付き≫である。正直これ目当てで買ったようなもんだ。どんなゲームが入ってるのかだいたい想像つくけどね(笑)



◆本体&周辺機器◆

 いざ、開封の儀――

shasai_DVD306.jpg

 まず取り出したるはモニターである。びっくりするほど軽いな。玩具みたいだ。サイズは約10インチ(約25cm)。比較用にファミコン本体を並べてみたけど大きさわかるかな? これガチャガチャのやつだから「2mぐらいあるのか!」なんて勘違いしないようにね(じゃあ置くなよ)。

 続いて箱から出てきたのはコントローラとリモコンだ。

shasai_DVD002.jpg

 このいかにも安っぽいコントローラ。えっ、中で子ども生んだの? と思うくらい想像より二回り小さかった。操作感もまるで悪い冗談のようだ。ちなみにコントローラは子どもは生まないぞ!(わかっとるわ)

 そして、この「ひとつでも多くボタンを配置したやつが優勝」みたいなリモコンを見てくれよ。誰だ優勝したやつ。お前ん家のリモコン全部これにしてやろうか。そんでもって、限りなく白に近いグレーの上に白い文字を印字するという配色センスね。普通に読めないから。かといってテプラ貼るスペースもないし、、、


shasai_DVD003.jpg

 たまたま近くにメガドラのコントローラが転がっていたのでコントローラと並べてみたよ。どれだけ小さいかわかるでしょ。えっ、メガドラのやつは元々大きいからややこしいって?(さっきから比較下手か)

 

◆つっこみどころ満載◆
 
 さあ組み立てよう。
 と、電源ケーブルを差し込もうとしたらいきなり問題発生。

shasai_DVD008.jpg
 ※正解は右

 出ました。二択トラップだよ。どっちに挿したらいいかわからんやつ。何か書いてあるけど細かすぎて見えないし、たぶんハズレのほうへ挿したら爆発するんだと思う。仕方ないので説明書を読もう。正解は上か、、、


shasai_DVD301.jpg
 ※肉眼で見るとわずかに色が黒い部分

 何とか電源は入った。しかしどうもリモコンの反応が悪いなあ。いろいろ試してみたところ、どうやらこの「設定」と「▲」の間らへんに受信部があるらしいということがわかった。いや、ダミーの穴多すぎでしょ。2コンのマイクかよ。


IMG_0021con.jpg

 ちなみに2コンのマイクの穴の数は23個あるけど、そのうち本物は1個だけだよ。ソースはわりとどうでもいいファミコントリビア集3だよ。まあ私が書いた記事なんだけどね(笑)



shasai_DVD005.jpg

 それから立てて使う場合は要注意だ。このスタンドは絶対に信用してはいけない。ちょっと移動させただけでバランスが崩れて、何度も倒れそうになったよ。まるでうちの会社みたいだね(笑えない)

 そんなこんなで、すべてのケーブルをつなぎ電源を入れる。ひとまず本来の目的であるDVDでもチェックして嫁さんの顔色を伺うぞ。再生するのはもちろんこれ。


shasai_DVD203.jpg
 ※モニター2(左)とモニター1(右)

 目には目を。トムジェリにはトムジェリをってやつ。

 どういうわけかDVDプレイヤーがついているモニターのほうがやや画質が良くて色合いも違った。途中で電源を切っても前回で止まったところから再生させる機能は地味にありがたい。これで車の中の地獄が解消された日にはハンナ・バーベラ様に足を向けて寝られないね!

 そしていよいよお待ちかね。ゲーム機能のチェックである。リモコンの「MODE」ボタンを押すことでゲームメニューが開くらしい。ポチっとな。


shasai_DVD011.jpg
 ※この画面から戻るときは「□」ボタン。これを見つけるまでいちいち電源を切っていた。

 出た出た。
 さあ、時間もないことだしさっさとレビュー行くぜ!



◆駆け足レビュー◆

1.SUPER FIGHT I
shasai_DVD111.jpg

 一発目はこれか。スーパーファイト。何だろう。格ゲーかな。下部に記載された謎の数字「950418」も気になる、、、

 ↓スタート↓

shasai_DVD112.jpg

 はい、魂斗羅~!

 なぜか中国で爆発的な人気を誇り、KONAMI協力のもと中華資本で映画化まで予定されてる魂斗羅。同作をリスペクトしている中華ゲームの多いこと多いこと。これは安易なキャラ差し替えゲーじゃないだけマシか。ただし動きが硬い。評価:★★



 タイトル画面では『I』ってなってた。『II』以降もあるのだろうか、、、


 ちなみにDVDのときは普通だったのにゲームモードにしたとたん音割れひどいのだけど。しかもゲームモードでは音量が下がらない謎仕様なのは私だけかな?



2.TANK
shasai_DVD121.jpg

 おお、なかなか迫力のある戦車じゃないか。バックの炎も良い感じ。また謎の数字が書いてあるね、、、

 ↓スタート↓

shasai_DVD122.jpg

 はい、バトルシティ~!
 しかもこれはほぼそのままじゃん。ナムコさ~ん、こいつです!



 ちなみに評価は★★★。まあ、バトルシティーだもんなあ。



3.HIGHWAY RACING
shasai_DVD131.jpg

 レースゲーだね。これもタイトルに『I』が付いてる。謎の数字もだ。たぶんこれから先、全部こんな感じなんだろうなあ、、、

 ↓スタート↓

shasai_DVD132.jpg

 うーむ、よくある感じ。ガソリンの減りが早いし、スリップさせられてる間は操作不能なのが厳しい。偶然にもつい最近まで『サイバーフォーミュラ』をやり込んでたから、余計ショボく見えるわ。評価:



4.HITTING MICES
shasai_DVD141.jpg

 おお、タイトル画面が黒バックじゃないだけでちょっと面白そうに見えるな。現場猫みたいなポーズしてるネズミのキャラクターもいい感じ。

 ↓スタート↓

shasai_DVD142.jpg

 ゴリラを操作して、下から穴に入ろうとするネズミを、岩を投げて阻止するというシンプルな内容だ。なぜゴリラはネズミが穴に入るのを阻止しているのか。なぜ直接止めずわざわざ岩を投げてるのか。意味不明な設定が逆にシュールで面白い。ゲーム性は「シューティング+タワーディフェンス」といったところか。しかしそんなかっこいい字面より確実に内容は負けてるけどね。評価:★★☆

 しかしこのねずみのキャラクタ。それこそ「トムとジェリー」に出てくるネズミ色の小さいほうにそっくりだなあ。



5.BOXING WRESTLE
shasai_DVD151.jpg
 
 ボクシングゲームである。嫌な予感しかしない、、、

 ↓スタート↓

shasai_DVD152.jpg

 これはひどい。なんともならん。どこが何ボタンかわからんし、パンチがへなちょこそ過ぎてぜんぜん当たらない。そして倒されたら即負けって。もはやボクシングじゃないですやん。評価:



 画面の感じがPCエンジンやメガドラで出てた「ザ・キックボクシング」とちょっと似てる気がする。



7.BOX WORLD
shasai_DVD161.jpg

 次はこれ。この四角いコンテナで、どんな内容のゲームかだいたいわかっちゃうね。それにしてもタイトル画面が全体的に左に寄ってるのは何かの政治的なメッセージかしら。(深読みしすぎ)

 ↓スタート↓

shasai_DVD162.jpg

 はい倉庫番~!
 ステージまでいっしょ。解散!
 評価:★★☆

shasai_DVD166.jpg

 しかしこの現代アートみたいなプレイアブルキャラクタは何なんだ。グラフィックが2パターンあって交互に表示されるんだけど、いったいどこが頭でどこが体なんだろう。バグなの?それとも刻んであるタイプのしそ昆布なの?


菊池食品工業 しそ昆布 70g×10個

 これ、ごはんの上にのっけて食べるやつ。最高だよね(笑)



7.TABLE TENNIS
shasai_DVD171.jpg

 次はテーブルテニス。つまり卓球かな?

 ↓スタート↓

shasai_DVD172.jpg

 PONG系統かあ。いや、むしろ安心するなあ。この謎の安心感は何だろう。なんか久しぶりにおばあちゃん家に来たみたい感じ。しかしとくに面白くもないので評価は



8.SHOOTING BALLONS
shasai_DVD181.jpg

 最後はこれ。ゲーム選択画面の「BLLONS」も誤字だけど、このタイトル画面のつづりも誤字だよね。風船は英語で「BALLOONS」じゃないのか。しかもSHOOTINGとBALLOONSで「OO」つながりやん。メガネ2個つくれるやん。年が明けて浮かれまくってる外人ゴッコできるやん!

 ↓スタート↓

shasai_DVD182.jpg

 左右から斜め方向へ昇っていく風船を登り切る前に鉄砲で撃ちおとすゲーム。4番目に紹介した『HITTING MICES』同様、こちらも感覚としては「シューティング+タワーディフェンス」といったところだ。何なら降ってくるアイテムもまったく同じだった。姉妹ゲームかな。
 ただしゲーム性が微妙に違って、プレイヤーは「雷マーク」を取ってスピードアップすることで(2段階)、無茶な風船の数にも対応できるようになるのだが、時計を取る(撃つ)と風船の動きが止まるかわりにスピードアップが解除されてしまう。しかも時計(及び他のアイテム)は、風船に当たったらアイテム取得とはならず消えてしまうのだが、それでもなぜかプレイヤーの足の速さだけは解除されてしまう。これが良いアクセントになっていて、なかなかの良ゲーとなっている(あくまでこの中では)。評価:★★★


 以上。駆け足レビューでした!
 しまったぞ、こんなことをやってる場合じゃなかった。早く嫁さんの車にこのDVDプレイヤーを取り付けなければ、、、



◆そして事件は起こった◆

 電源を切ろうとした瞬間にそれは起こったという。
 Oさん(仮名)はこのときの様子をこう語っている――

ハイ、まさに一瞬でした。何かの拍子で、こう、ボタンに指が触れてしまったんでしょうね。カーソルが一番下の状態で。そうです。さらにボタンを押しちゃったんですよ。えっ、フリーズしたのかって? やっぱりあなた達は何もワカッていない、、、
(※プライバシー保護のため音声を変えています)

 どうなったかと言うと、なんとそこには「次のページ」が表示されていたのだった。しかも事態はそれだけで収まらない。カーソルを下へ進ませる度に更なる「次のページ」が、我々を嘲笑うかのように現れ続けたのである!

 ↓結果↓

shasai_DVD311.jpg

 全部で64本も入ってたんか~い!
 もうええわ。寝る。



orotima-ku1.png結局、取り付けてねえし、、、




関連記事
[ 2018/12/11 20:29 ] ゲームネタ(全般) | コメント(3)
 ブログパーツ

伝説のヤスゲー『ポートピア連続殺人事件』に続編の可能性!!


 先日、九州産業大学で行なわれた堀井雄二さんの基調講演で興味深い発言が飛び出した。


『ドラゴンクエスト』シリーズを生んだ堀井雄二氏のシナリオ執筆方法と歴代作品ごとの制作テーマが明らかに!(1/2) - ファミ通.com
『ドラゴンクエスト』シリーズを生んだ堀井雄二氏のシナリオ執筆方法と歴代作品ごとの制作テーマが明らかに!(2/2) - ファミ通.com



 それは共演したレベルファイブの日野さんが「DQシリーズ以外で作品をつくるとしたら?」と質問したときのこと。堀井氏は以下のように答えたという。

 その質問への回答は、かつて堀井氏が手掛けた『ポートピア連続殺人事件』の続編を作ってみたいというもの!「ヤスシやヤスヒロとか、名前に“ヤス”が付いた登場人物のなかから、どのヤスが真犯人か探す、とかおもしろいですね(笑)」(堀井氏)。“犯人はヤス”という余りにも有名なフレーズを生んだ『ポートピア』の続編……本当に遊べる日が来るかはミステリーだが、ここでも堀井氏の意表をついて驚かせたいという思いがあふれ出していた。


 おそらく日本一ネタバレしてる推理ADVですからね。それを逆手に取るとはさすが堀井さん。



orotima-ku1.png是非、ファミコンで出してください

関連記事
[ 2018/12/09 10:48 ] ファミコンニュース | コメント(1)
 ブログパーツ
【←Prev】 【↑PageTop】 【Next→】
はじめに




管理人:オロチ


情報提供窓口

月別アーカイブ
過去の記事
(ランダム表示)
Powered by 複眼RSS
お知らせ
オロチの小説
カクヨムにて公開中!
スポンサー
お売りください。駿河屋です。